トップページ | 2004年2月 »

2004年1月

2004.01.30

卒論・修論提出日

 毎年やってくる。頑張って行けるところまで行き着くことができた者、全く前進することができなかった者、先が決まっている者も、行き場所がなく放り出される者もみんな一緒にやってくる。自分がそうだった時のことを考えてみると余り割り切ったり、突き放したりしてみることができない。それによく考えてみると自分だって今の年齢になっても同じ不安、あるいはもっと深くて暗い不安に取り憑かれているような気もする。みんな制度に支配されているが、制度にはまりきることもできない。はまりきることができずにもがいている人間を見るのは好きだ。はまっていないことに不安を覚えて、自分を制度の歯車のようにして何の恥も感じずに生きている人たちが組織には多すぎるからだ。

東京オペラシティ+NTT東日本

 NTT東日本で「元気の出る光ネットワーク」というトークをやった。元学生で現在C−Net Japan社長の御手洗大祐君を指名して二人で話をした。とりあえず待ち合わせはオペラシティの変な動くオブジェのある地下広場。
DSC02223.jpg
 その前にめったに初台には来られないのでICCでやっている展覧会「Future Cinema」を一時間くらいでさっと回る。カールスルーエのZKMから回ってきた巡回展だけど、特に新味はないもののゆったりとした空間をうまく使って展示されている。ここで開かれる展覧会としては悪くはない。
DSC02224.jpg
 研究会自体は盛り上がらず。というよりも面白い話だったのだが、聴衆は冷ややかというか、余り自分の意見を出せないような雰囲気に見えた。終わった後、仕切ってくれた情報通信総合研究所の永野さんと、携帯研究会と5月の記号学会の打ち合わせ。この話は、もう少ししたらお知らせしますが、面白いことになりそうです。

2004.01.27

今年の抱負とか

 ということも、いまさらないですが。
 とりあえず、5月15−16日には京都精華大学で日本記号学会の大会「ケータイの記号論−モバイル・フューチャー」をやります。これは、三年前に始まったNTTドコモの研究会から生まれた自発的な携帯文化研究会の成果の一部を出すもので、ケータイに関する展覧会やシンポジウムが企画されています。記号学会絡みでは、7月7-12日に4年に一回開催される国際記号学会がリヨンであります。こちらも顔を出します。本当は同じ7月にブラジルで開かれる国際美学会にも行きたかったんですがこちらは少し望み薄。
 今年は本を書きたいと思っていますが、とりあえずバッタのこととか、唐さんのこととかいろいろまとめてみたいですね。理論的なことよりも、最近は個別のことに関心が移っています。ある意味で理論はいつも現実の個別の事象の複雑さと比べると単純すぎるのです。ただ、その単純さが切実に必要なことってあるとは思うのですが、どうも「いま」という時代はそうでもないらしい。余りにも見え透いた構図ばかりが横行していて、あまりその中に自分が参入していこうという気が起こりません。
 唐ゼミは唐さんが定年を迎える来年3月までどこまで行けるか……とにかく前進します。そう言えばいまのマルチメディア文化課程というのを立ち上げた時にお呼びした唐さんや木下長宏さんも定年になるんですね。来年になればぼくも50代ということになります。ところで東京工業大学に居る細川周平が来年から京都に移るということで最終講義の案内が来ています。東京に居た細川さんと文通を始めたのは、ぼくがまだ銀閣寺に居た時期で、あれからもう二十年以上たったわけです。信じられない。

 とか何とか言いながらも、実は全然まだ年をとった感じがしないのも実感ですね。身体も元気ですが、何よりも頭の中がまだまだ青い……というよりも沸騰しています。というわけで、今年もばたばたやっていきますので、よろしく。

2004.01.25

モバイルからのテストです。

1月23日の夜は多摩美芸術学科の講師懇親会。建畠、海老塚さんらと2:00過ぎまで上野毛で飲酒。さすがに土曜は寝ていました。

MM21ロケハン

1月23日金曜日、唐ゼミのテント公演候補地を探して、横浜市の人たちに案内してもらい半日MM21地区をさまよう。既にイベント会場として改装中の「歴史的建造物」(旧第一勧銀、旧富士銀)も含めて、空き地や公園などをいろいろ見て歩く。まだまだ調査中の段階ですが、夏にはこの辺りのどこかにテントが立つでしょう。楽しみです。唐ゼミの春夏のスケジュールは二月頭までに決まる予定。
DSC02215

2004.01.22

写真投稿テストも兼ねて

 1月10日に大学で行った若松孝二+唐十郎の対談の時の写真です。この日は一般にも公開して唐さんが脚本を書き若松さんが監督した67年作の名作「犯された白衣」の上映後二人の対談を行いました。めったに実現しないとてもスリリングな顔合わせでした。終わった後はいつものように飲み会。唐さんが紀伊国屋演劇賞を受賞したので、その後19日にも大きな祝賀会が新宿で行われましたが、そこにも若松監督が顔を出していました。このところ唐さん絡みで飲み会続き。

DSC02184

Blogに移行

NiftyのCocologサービスを試してみます。
結局更新がされなければ空白が続くだけですが、やる気がでるかどうか。
まあ、とりあえず試しということで。

トップページ | 2004年2月 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31