« 卒論・修論提出日 | トップページ | 再会の日 »

2004.02.01

シネマ・アートン

 31日(土)はシネマ下北沢での「夜を賭けて」再上映初日記念のトークショー。狭い館内は超満員。スペシャル・サービスの紙コップの中身がマッコリですっかりいい気分になってしまった。
 監督の金守珍氏、原作者の梁石日氏、そして唐さんのトーク。シネマ下北沢は今日から出版社アートンの経営となり改装してシネマ・アートン下北沢となる。終わった後は出演者、新宿梁山泊、アートンなど関係者とレディ・ジェーンで飲み会。金さんに次回公演、次回監督作品の話を聞き、アートン代表の郭充良さんと京都時代のことなど話して楽しく飲み、終電で帰る。下北沢は時々芝居関係のイベントで足を向ける程度で余りよく知らない町だ。早めについて西口の方を歩いてみるとやたらに人が多くてマニアックな古着屋や骨董屋がたくさんあって面白かった。

« 卒論・修論提出日 | トップページ | 再会の日 »

「Non Section」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/155256

この記事へのトラックバック一覧です: シネマ・アートン:

« 卒論・修論提出日 | トップページ | 再会の日 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31