« 台風の中の紅テント | トップページ | どうしちゃったんだろう。 »

2004.10.20

夜のピクニック

 ぼくが卒業した水戸第一高等学校という高校には修学旅行がなく、その代わりに「歩く会」という不思議な行事があった。山梨の甲府一高とか元旧制中学だったところでは似たような行事をやっているところもあるらしい。
 水戸一高の「歩く会」は早朝から次の日の早朝までかけて、100Kmの道のりを全校生徒が歩くというだけの単純な行事である。クラスごとに幟を立てて、整然と歩く。夜になると小学校などを借りた休憩所で食事休憩を取り、深夜に一時間ほど仮眠休憩を取った後、最後の25Kmは「自由歩行」と呼ばれていて、みんなが勝手に走ったり歩いたりしていいことになっている。上位三十人には賞状が出る。たいていはぷらぷらしゃべりながら歩いてしまい百位にも入ったことがないのだが、なぜか二年生の時だけは異常に張り切って25位になったこともある。あの時必死に走っていた時の風景は今でもくっきりと瞼の裏に蘇ってくる。1200人以上が水戸周辺の田舎道を延々と歩き、そして走る。秋の体育の授業はそれに向けてすべてマラソンだった。高校のそばにある那珂川の川岸をひたすら何度も走らされたものだ。
 こんなことを急に書き出したのは、最近水戸に行った時に、恩田陸という小説家がこの「歩く会」をネタにした「夜のピクニック」(新潮社)という本を書いているという話を耳にして、読んでみたからだ。ぼくたちより10年若いこの女流作家の作品は、内容はたいしたことはなく、要するに青春小説というかジュブナイルみたいなものではあるが、さすが卒業生だけあって細部の描写が細かい。たちまち高校時代のいろいろな光景が脳裏に浮かび上がってきた。ぼくたちの時との大きな違いは、距離も80kmと短くなっているし、明らかに昔よりも楽な行程になっていること。ぼくたちの時代の100km歩行というあのめちゃくちゃさは何だったのか。しかも毎年違うルートだった。それから、ぼくたちの時には男女比が10:1くらいだったのに女の子の数が増えたせいか、普通に共学校で、誰と誰ができてるというような雰囲気になっていること。ぼくたちの時には、かならず酒とタバコが持ち込まれていて、春歌が大声で歌われたりしていて、その上ただでさえしんどいのにギターを担いでくるやつがいたりして、要するにまだバンカラな感じが濃厚に漂っていたのだ。学園祭の時などは、担当の教員が一升瓶をもって夜差し入れに来るような変な雰囲気があった。それでも、脱落者を出したりしながら延々と星の降る夜の田舎道を歩いている時の描写や、最後の坂道の光景などは体験者ならではのもので、個人的には結構楽しめた。
 何だか十代や二十代前半のことを思い出すと深夜に起きたことで印象的な出来事が多い。いろいろな人と一夜を一緒に過ごしたり、夜中にみんなでどこかに行ったりした時のことは、たいてい強い印象が残っている。ぼくの勤めている大学はまだ大丈夫だが、美大や芸大ではかなり以前から、夜8時や9時に学生が追い出されたり、夏休み中は学内に入れないところも多いらしい。多摩美などは学内でアルコール持ち込みがきびしくチェックされているらしい。管理上の理由やセキュリティばかりが幅を利かせて、どんどん世の中がつまらなくなっているような気がする。幸いなことに母校では現在でもまだ(距離は短くなり、システム化は進んでいるようではあるが)この伝統行事が続いているらしい。夜、誰かと一緒に歩くって−−それだけですごい体験だよね。

« 台風の中の紅テント | トップページ | どうしちゃったんだろう。 »

「Non Section」カテゴリの記事

コメント

「100Kmの道のり」は記憶違いでしょう。1967~1969に歩いた私の記憶では、80km前後でした。1968年、創立90周年を記念して、90kmのコースを組もうとしましたが、交通事情の関係で組めませんでした(関係筋による)。代わりに組んだのが東海コースで、原作もこのコースに沿って描かれています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/1724875

この記事へのトラックバック一覧です: 夜のピクニック:

» 小夜子のピクニック [屋上者の島へ]
旅に出たときや、カフェで休憩しているときなどに絵葉書を書いて投函してくれる友人が何人かいる。ときおり郵便受けに届く、知らない土地の匂いや、知らない時間の匂いがとても好きだ。 いただいたそんな絵葉書の1枚に、恩田陸の本のことが書かれていた。差出人は、私と同じ町で高校生活を送ったことのある人。 「恩田陸の『夜のピクニック』を読んで、サマンサさんの高校みたいな話だと思ったら、本当にそうだったんですね」 先日、本屋さんでふとその言葉を思い出して恩田陸の本を探してみた。ところが、肝心のタイト... [続きを読む]

« 台風の中の紅テント | トップページ | どうしちゃったんだろう。 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30