« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月

2004.11.29

唐ゼミ・沢渡公演と梁山泊「唐版・風又」東京版

 唐ゼミの「黒いチューリップ」の横浜沢渡公園での公演が26日、27日の二日間行われた。2004年最後の青テント公演となる。唐さんが顔を出した26日は、寒さこそなかったものの公演前から物凄い突風。テントが揺れるほどの強風で全員かなり肉体的、心理的に追い込まれたが、その緊張感もあって舞台はこれまで最高の出来。風対策に追われ深夜遅くまでの作業が続いたこともあって、翌日の最終日には声をつぶした者がかなり出た。この日は150人近くが入りほぼ満員になる。映画評論家の松田政男さんをはじめとする多くの招待客からも手応えのある高い評価を得ることができた。大学での公演の時と比べて飛躍的に成長した者も多い。この「変われる」「変わっていくことができる」ということが一番大切なことだと思う。久々に彼らのもつ潜在的パワーに感動した。残すは東京・東中野にある新宿梁山泊アトリエ「満天星」での12/18,19日の最終公演のみとなった。
 彼らがバラしの作業に専念している翌日28日、こちらは前日に幕を開けた新宿梁山泊の「唐版・風の又三郎2004」の東京池袋公演に向かう。やや分かりにくい場所の地図はこちら。View image
 11月9日の大阪初日を観ているだけに、だいたい様子は分かっているつもりでいたら、いきなり一幕で驚かされた。大幅に変わっているのだ。大阪で演出の金守珍さんに話したことのいくつかも改善されている。全体では数十カ所も演出が変わっていて、前回の五倍は素晴らしくなっている。エリカと織部、高田三曹といった主人公たちを前景化することによって、構造を分かりやすくすると共に、それ以外の登場人物たちをもくっきりと浮かび上がらせている。大阪の二日目から毎日変えていって大変だったらしい。最後に挨拶をした金さんの顔に表れている疲労がどれほど大変な日々だったかを物語っている。これにも感動した。「変われる」のは何も若さの特権ではないのだ。短く切られてしまったことはもう仕方ないとしても、それでも集団がうねりをもって毎日生まれ変わっていくこの作品が観られるのはうれしい。十分に楽しめるパワフルな舞台に生まれ変わっていた。
 というわけで、本気でお勧めできるので是非12月4日までに見に行ってみてください。

2004.11.21

山崎哲+新転位21の「齧る女」と崔洋一の「血と骨」を

 観てきました。山崎哲さんの作品や演出作品は何本か観たことがあるのですが、新転位21の公演を見に行くのは初めて。久しぶりの中野の光座で当日券を買おうとしていたら山崎さんが現れその場で招待扱いにしていただいておおいに恐縮しました。
 「齧る女」は、97年に話題になった「東電OL事件」を題材にした作品。恵まれた家庭に育ち、慶応大学を出て父親も勤めていた東京電力に就職したOLが六年間の長きにわたって毎日退勤後、渋谷円山町で売春をしていてついに誰かに殺されてしまったという事件。犯人として客だったネパール人が逮捕されたが冤罪の疑いも残る謎の多い事件である。
 山崎さんはこのOLにいまの日本人の状況を重ね合わせる。食べる物もあり、住むところもあり、お金もあるのに満たされない日本人。自分が何者であるか、何のために生きているかが実感できないで、いつも満たされない心の飢えに襲われている日本人。それが、出稼ぎに来ていて故郷に自分の戻るべき場所のあるネパール人たちの人間らしさと対比されている。このOLは米を食べずいつもおでんの汁とするめを齧っている。舞台には時々現れて石を齧っている女と、自分が誰かを忘れてUFOを探し求めている女が登場するが、最後にはこの二人もこのOLと同一の存在になってしまう。つまり、東電OLはあなた自身だし、いまの日本人だというわけだ。舞台上の格子の向こうに隠れているバーがあって、そこでは別の物語が語られる。心の病をもつ母親に近親相姦され、ついには母親を殺して自分も自殺してしまう息子とその内面の声の物語。これらの深い心の病を抱えた日本人たち−−私とあなた−−は最後に全員が円山町の頂上に現れる巨大なUFO目指して向かっていく。こんな話だ。
 役者たちは全力で叫んで、全身で演技しており、千秋楽も近い今日は最初からすっかりがらがら声になっているが、それでも訴えようとする迫力は伝わってくる。終始イライラしていて怒ってばかりいる主役のOLが、ネパール人たちの喧嘩によって心を開かれ、ダンスを踊り始めるシーンはなかなかいいし、表と裏で進む二つの物語が最後に収斂していく作劇術も鮮やかだ。だが、三つほど問題が残る。一つは日本人はみんなそんな深刻な「心の病」を抱えているのかということ。確かにそうした人たちは沢山居るし、鬱病に逃げ込む人も増えてはいるが、むしろ社会の病理はそんなことを考えない思考停止状態の多幸症にあるのではないだろうか。終わった後若い女性客二人が「すごい迫力なんだけど、何が言いたいのか分からないのよねえ」というような会話を交わしていたが、何が言いたいのかは明確なのだ。ただ、「あなたも東電OLと同じなのです」というメッセージが伝わらなかっただけのことにすぎない。だから、社会の病を敏感に内面化している人々にとってはこの作品は魅力的で衝撃的なのかもしれない。だが、そうだとして、もう一つの問題はこの作品での解決はオウム真理教と同じなのだ。光り輝くUFOに向けてなだれこんでいくというこの「救済」の物語はどうなのだろうか? ちょっとジャンルは違うが、しりあがり寿の「真夜中の弥次さん喜多さん」にも共通しているこの「安易」で「思考停止的」な「リアルの喪失」はどうなのだろうか? 最後にこのエンディングにも関係があるが、ネパール人たちだけを「本当の人間らしさ」を失っていない存在として描いていることにも違和感がある。昔ヨーロッパで出会った能天気なネパールの芸術家たちのことも思い出すし、グローバリゼーション状況下の世界でそんな特権的な場所があるのだろうかという疑問も残る。最大の違和感は、やはり無頓着で思考停止した多幸症こそが一番大きな問題だという視点が欠けていること。単に鬱病と幼児のトラウマから逃れられないことは問題ではないのではないかと思う。やや表層的にすぎないか。「みんな不幸なんだ」というやわな共通感覚に淫してはいないかという疑問だ。
  「血と骨」−−原作者の梁石日さんと、この映画に出演している寺島進さんとこの映画の話をしたのが2月頃。ビートたけしと鈴木京香、オダギリジョーという人気俳優を配した松竹の大作「血と骨」だったが、残念ながら駄作と言わざるを得ない。これと比べると、二年前に公開された金守珍監督の「夜を賭けて」の素晴らしさが際立つ。すべてにおいて「夜を賭けて」に及ばない。金をかけたセットや豪華なスターたちの演技も物足りないし、何よりも人の持つ暗闇に踏み込んでいく力に欠けている。昭和20年代、30年代を再現した細部が多少面白かったにすぎない。原作のうち、前半を省いた構成にも問題があるかもしれないし、まるでマンハッタン島に近づくアメリカ移民のように主人公を描くところに崔洋一の政治センスが多少は感じられるものの、原作のもつわけのわからないエネルギーにも接近できていないし、すべてが中途半端なのだ。役者の迫力も「夜を賭けて」に全く及ばない。ビートたけし、鈴木京香、オダギリジョー……すべて力を引き出しきれていない。脳梗塞になる主人公の愛人役を演じた新人だけはちょっとよかったけど。新宿コマ劇場広場の映画館で観たが土曜の夜最終上映にもかかわらず客席の三分の一にも満たなかった。この出来映えでは当然だと思う。

2004.11.20

大変だったらしい

 11月12,13日、唐ゼミの「黒いチューリップ」国大公演が始まり、初日は西堂行人さんと近畿大学の学生たち、ぼくが集中講義に行った松本の信州大学から三人、いつも見に来てくれる高校の同級生の富岡君、「唐ファン」の主宰者藤澤さんなどが来てくれた。また二日目も朝日新聞社の近藤さんや山本さんなどの常連が駆けつけてくれた。比較的暖かな気候ではあったが、やはり冷え込む。使い捨てカイロをサービスしているがとてもそんなものでは追いつかない。今週の18,19は戸塚高校の定時制の貸し切り公演。中野が演劇祭の講師を勤めたという縁で。ぼくは行くのを遠慮したがずっと冬の雨にたたられて大変だったらしい。校庭を掘ってはいけないということで、初日は客席と楽屋に大量浸水。水たまり状態になって復旧している間に半分くらい観客が帰ってしまったそうだ。それでも半分は残って最後まで水たまりの中で観劇していったのだからすごい。二日目の今日も雨がしとしと降っている。何人かの体調も良くないらしい。大きな試練だよね。次の26、27の沢渡公演にいらっしゃる人は是非防寒対策をお勧めします。28日から12月4日まで池袋でやっている梁山泊の「風又」もやっぱり寒いことでしょう。
 その間、ぼくは山のように積まれたいろいろな雑用をこなしながら生きています。

 12月4日には東京芸大で開催される「ispa JAPAN」(国際版画シンポジウム)に呼ばれて、基調講演をします。一年以上前から京都芸大の木村秀樹さんに頼まれていた会議です。12月13日は日本大学芸術学部で特別講義。 18、19が新宿梁山泊アトリエ「満天星」での唐ゼミ東京公演です。これで2004年も終わっていく。

 こないだ多摩美と横国の講義で「電車男」と「冬ソナ」の話をしていて面白かったのだが、出版社発表で40万部近く売れたこの本と、今年最も話題になった韓国ドラマを少なくともぼくの授業に出ている大学生はほとんど知らないし、読んだり見たりもしていないことが分かって興味深かった。この「電車男」というのは2chの掲示板から生まれて、ネット上でほとんど全文そのままで読めるのだが、本のヒットはそれを知らない人たちの好奇心と「電車男」というタイトルと新潮社というブランドによるものだろうと思う。一方の「冬ソナ」に至っては母親と「冬ソナ」ツアーに行った女の子も含めて(このツアーでは添乗員以外はすべて女性らしい)、実際に見ていたり、登場人物の名前を知っている学生は皆無だった。つまり、ある特定のユーザー層をターゲットにした商品が数十万から百万超売れるとそれは「ブーム」になるらしい。だが、その一方で数十万人の客を常に集めているコミケや、グレイとかラルク・アン・シエルとかが「ブーム」にならないのはなぜなのだろう。そして、どちらにしてもそのターゲットとなる消費者グループ以外はさっぱり関心を抱かないのはなぜだろう? もう既に文化全体について批判的に展望するような欲望自体がどこにも存在していないのだろうか。無関心と思考停止がすべてを覆い尽くしているのだろうか。それともやっぱり「文学」と「恋愛」は強いのだろうか? この辺りがよくわからない。

 ブッシュ再選の話題についてなぜ書かないのかと何人かから言われましたが、ぼく自身はブッシュ再選は確実だと最初から思っていました。「反ブッシュ」でケリーのようなろくでもないタマしか送り出せない、マイケル・ムーアの「華氏911」程度で話題作りするしかない低レベルの「運動」が勝てるわけがない。負けた側が何を言っても、これは「接戦」などではなくブッシュ陣営の文句なしの「大勝利」です。世界は当分の間、どん底に向かって進行していきます。ベトナム戦争の時だってそうだったし、コソボの時だってそうだった。反ブッシュは唱えられても、反米は唱えられない、さまざまな利権や既得権まみれの連中がいかにも正義派面しても信用できない。国内の小泉派も反小泉派も似たようなものです。問題は、「アメリカ」という「帝国」(しかも僕たちの内部に内面化されている)からいかに自由になるか、いかにそれに対抗していくかということなのです。これは、単純で一面的な政治的行動や運動に還元することはできない。そうではなく、この「違和感」に徹底的にこだわり、その違和感をどんどん拡大していくことによってしか乗り越えられないのではないかと思っています。

2004.11.11

もう少しで「黒いチューリップ」初日です。

 11月6日、予定外のことだったのだが急に思い立って、唐ゼミの中野敦之と車で大阪に向かう。新宿梁山泊の「唐版・風の又三郎」の初日を見るためだ。中野は免許は持ってはいるが高速を走るのがほとんど初めての運転初心者。大津までのほとんどを彼に運転させた。16号バイパスに出るまで大渋滞だった上に、大阪で道に迷ったため大阪城公園についたのは五時半を過ぎていた。
 昼間は暖かかったが夜になると少し冷え込む。冬のテント公演用に購入したという石油ファンヒーターがうなっているが、それでも風が吹き込むと内部は寒い。大久保鷹さんが珍しく風邪をひいていた。客席には南河内万歳一座の人たちや近大の学生たち。帝塚山のOGの細谷さんや吉崎さんとも偶然会えてうれしかった。金曜日ということで客席は七、八割という入りか。
 去年の公演は素晴らしいもので何日も通った。今回の再演で一番大きな違いは、時間が短縮されたことだ。四時間近くかかっていたものが三時間になっている。言うまでもなくそうなるためには相当戯曲を削らなくてはならない。いろいろな見方があるだろうが、ぼくは去年でも全く時間の長さを感じなかったので、短くされたこと自体に対する不満がある。とりわけ、大学生と老婆という重要な役を削ってしまったために、残りの部分も必然的に省略箇所が多くなる。不安が的中する形でだいぶ大味で薄められたできになっていた。役者は悪くない。唐組から客演している丸山も初日にしてはとてもいい味を出している。終わった後金さんにも伝えたが、エンディングの変更にも不満が残る。ただ、梁山泊は公演をしながら、結局は役者が一番輝くような形に手直しをしていく劇団なので、月末の東京公演の頃にはそうした不満もかなり解消されているに違いない。それを期待するしかない。
 その日の朝方家にたどり着いて、夜には再びペーター・ゲスナーの主宰する「うずめ劇場」による「夜壷」に。唐さん+中野と一緒。3日の初日に行ったときにはちぐはぐな感じがしたのだが、この日の千秋楽は見違えるような素晴らしい出来映え。唐組の初演の時の印象が鮮やかに蘇ってきた。生で演奏される音楽が、バイオリンも入って格段の素晴らしさ。それが役者の演技にも反映していて、素晴らしかった。終わった後、彼らの宿舎で打ち上げの飲み会。
 さらに次の日の日曜日、アートンがプロデュースしている宇野亜喜良氏による「ダンス・エレマン」の「上海異人娼館」公演。鴬谷の潰れたグランド・キャバレーを改装した「東京シネマクラブ」という奇妙な場所でのダンス・パフォーマンス。バイオリニストの川井郁子と女優の緒川たまきが客演しているのだが、ダンスも趣向も中途半端。想像力がすみずみまで行き渡っていない舞台だったが、招待してくれたアートンの配慮でとてもいい席だったこと、場所がもっているアウラのせいもあって、それなりに満足した。川井郁子のバイオリンも良かったし、緒川たまきは可愛かった。社長の郭さんも顔を出していて「バッタ本」の話を少しする。
 月曜からは唐ゼミ「黒いチューリップ」の通し稽古につきあう。金曜日が初日だが、なかなかいい感じに仕上がっています。
 そんなところで、今回話の中身があんまりないですが、近況といったところです。

 それにしても、アラファトの容態とファルージャの戦闘の様子が気になる。どれほど悲惨なことがこの世界で起こっているか、なぜメディアはもっと徹底的に伝えようとしないのだろう。新潟で奇跡的に助かった男の子の話題もいいが、その裏では何十倍もの子供たちが殺されているというのに。

2004.11.03

どうしちゃったんだろう。

 ここのところ、カウンターの伸びがとても早くて、一体どこでどんな人が読んでくれているのだろうと思いつつ、それでもなかなか時間がなくて更新することができませんでした。
 台風や地震と、天候にはいま一つ恵まれなかった唐組の「眠りオルゴール」も終わり、次は唐ゼミ「黒いチューリップ」と新宿梁山泊「唐版・風の又三郎2004」と続きます。金守珍さんと会ったら、映画「ガラスの使徒」も編集作業が一区切りしたとのこと。暮れまでいろいろ唐さん関係が忙しいですが、そうした中、今週末には堀切直人さん編集の唐本 『唐十郎がいる唐組がある二十一世紀』(青弓社)が出版されます。舞台写真や公演資料のほか、ぼくが雑誌やチラシに書いた文章も再録されていますので、是非読んでください。唐ゼミの公演でも八掛けで販売します。この唐ゼミという期間限定の企画もいよいよ転換期に入ってきて、今後の方向を見定めなくてはならない時期に入っています。その意味でも「黒いチューリップ」は注目すべき作品になると確信しています。

----------------------------------------------
坪内祐三/堀切直人/永原孝道/室井尚/浦野興治
『唐十郎がいる唐組がある二十一世紀』
11月中旬刊 四六判 2000円+税

時代の闇が芝居の推進力になった60年代から70年代の「暗黒」「アングラ」を突き抜けて、ますます鋭い光を放つ唐十郎の演劇。その時代その時代の意識を映しながら挑発を続ける唐十郎と、唐組の演劇世界と役者の魅力を気鋭が縦横に論じる。唐十郎と唐組人気役者のインタビューも収め、舞台写真も多数ちりばめた決定版!
--------------------------------------------

 唐さんと関わってきた中で、一度演劇についてまとめて本を書いてみたいと思っています。だが、じっくり考えてみるならば、それは結局のところ現在という時代における芸術や表現一般の可能性についての本にならざるをえない。演劇をやっている人たちは、演劇と言う文脈、ジャンル、流れの中でしか表現の在り方について考えようとはしない。確かに観客の視線や視点が多様な演劇では評価軸もきわめて多様だ。かつてのように、それを美的な質の高さや歴史観や世界観の新しさなどの軸に合わせて測っても、演出家や俳優の技量によって測っても、要するにそれだけのことで余りわくわくすることはない。歌舞伎やオペラを新演出や配役ということだけで楽しめる人は仕合せだと思う。もう少し作り手の視点が固定されている映画、美術、音楽、文学に関しても同じことだ。近代が終わってしまった後に、表現に対してどのような評価軸があり、どのような評価の在り方が可能なのか、進歩主義的な芸術観、もっとはっきりと言えば、芸術史、文化史というイデオロギーが消えてしまってから、何がいいものなのかを誰も確信をもって語れなくなってしまっている。すべてが多様化され、相対化された価値の評価軸の中では、サブカルチャーと文学が同じ物になり、米粒に絵を描く職人とピカソが横並びにされてしまう。まあ、要するに演劇好き、美術好き、文学好き等々ってだけのことになるわけだよね。でも、それじゃあやっぱりつまんないじゃないかという話を書きたい。

 今年の世界文化賞にブルース・ナウマンが選ばれたようだ。ブルース・ナウマン、かなり好きです。アムステルダムのステーデリック美術館にある、死んだロバの回転木馬も好きだし、ロンドンのナショナル・ギャラリーでみた展覧会もかなり衝撃を受けた。

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31