« もう少しで「黒いチューリップ」初日です。 | トップページ | 山崎哲+新転位21の「齧る女」と崔洋一の「血と骨」を »

2004.11.20

大変だったらしい

 11月12,13日、唐ゼミの「黒いチューリップ」国大公演が始まり、初日は西堂行人さんと近畿大学の学生たち、ぼくが集中講義に行った松本の信州大学から三人、いつも見に来てくれる高校の同級生の富岡君、「唐ファン」の主宰者藤澤さんなどが来てくれた。また二日目も朝日新聞社の近藤さんや山本さんなどの常連が駆けつけてくれた。比較的暖かな気候ではあったが、やはり冷え込む。使い捨てカイロをサービスしているがとてもそんなものでは追いつかない。今週の18,19は戸塚高校の定時制の貸し切り公演。中野が演劇祭の講師を勤めたという縁で。ぼくは行くのを遠慮したがずっと冬の雨にたたられて大変だったらしい。校庭を掘ってはいけないということで、初日は客席と楽屋に大量浸水。水たまり状態になって復旧している間に半分くらい観客が帰ってしまったそうだ。それでも半分は残って最後まで水たまりの中で観劇していったのだからすごい。二日目の今日も雨がしとしと降っている。何人かの体調も良くないらしい。大きな試練だよね。次の26、27の沢渡公演にいらっしゃる人は是非防寒対策をお勧めします。28日から12月4日まで池袋でやっている梁山泊の「風又」もやっぱり寒いことでしょう。
 その間、ぼくは山のように積まれたいろいろな雑用をこなしながら生きています。

 12月4日には東京芸大で開催される「ispa JAPAN」(国際版画シンポジウム)に呼ばれて、基調講演をします。一年以上前から京都芸大の木村秀樹さんに頼まれていた会議です。12月13日は日本大学芸術学部で特別講義。 18、19が新宿梁山泊アトリエ「満天星」での唐ゼミ東京公演です。これで2004年も終わっていく。

 こないだ多摩美と横国の講義で「電車男」と「冬ソナ」の話をしていて面白かったのだが、出版社発表で40万部近く売れたこの本と、今年最も話題になった韓国ドラマを少なくともぼくの授業に出ている大学生はほとんど知らないし、読んだり見たりもしていないことが分かって興味深かった。この「電車男」というのは2chの掲示板から生まれて、ネット上でほとんど全文そのままで読めるのだが、本のヒットはそれを知らない人たちの好奇心と「電車男」というタイトルと新潮社というブランドによるものだろうと思う。一方の「冬ソナ」に至っては母親と「冬ソナ」ツアーに行った女の子も含めて(このツアーでは添乗員以外はすべて女性らしい)、実際に見ていたり、登場人物の名前を知っている学生は皆無だった。つまり、ある特定のユーザー層をターゲットにした商品が数十万から百万超売れるとそれは「ブーム」になるらしい。だが、その一方で数十万人の客を常に集めているコミケや、グレイとかラルク・アン・シエルとかが「ブーム」にならないのはなぜなのだろう。そして、どちらにしてもそのターゲットとなる消費者グループ以外はさっぱり関心を抱かないのはなぜだろう? もう既に文化全体について批判的に展望するような欲望自体がどこにも存在していないのだろうか。無関心と思考停止がすべてを覆い尽くしているのだろうか。それともやっぱり「文学」と「恋愛」は強いのだろうか? この辺りがよくわからない。

 ブッシュ再選の話題についてなぜ書かないのかと何人かから言われましたが、ぼく自身はブッシュ再選は確実だと最初から思っていました。「反ブッシュ」でケリーのようなろくでもないタマしか送り出せない、マイケル・ムーアの「華氏911」程度で話題作りするしかない低レベルの「運動」が勝てるわけがない。負けた側が何を言っても、これは「接戦」などではなくブッシュ陣営の文句なしの「大勝利」です。世界は当分の間、どん底に向かって進行していきます。ベトナム戦争の時だってそうだったし、コソボの時だってそうだった。反ブッシュは唱えられても、反米は唱えられない、さまざまな利権や既得権まみれの連中がいかにも正義派面しても信用できない。国内の小泉派も反小泉派も似たようなものです。問題は、「アメリカ」という「帝国」(しかも僕たちの内部に内面化されている)からいかに自由になるか、いかにそれに対抗していくかということなのです。これは、単純で一面的な政治的行動や運動に還元することはできない。そうではなく、この「違和感」に徹底的にこだわり、その違和感をどんどん拡大していくことによってしか乗り越えられないのではないかと思っています。

« もう少しで「黒いチューリップ」初日です。 | トップページ | 山崎哲+新転位21の「齧る女」と崔洋一の「血と骨」を »

「Non Section」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/2010508

この記事へのトラックバック一覧です: 大変だったらしい:

« もう少しで「黒いチューリップ」初日です。 | トップページ | 山崎哲+新転位21の「齧る女」と崔洋一の「血と骨」を »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30