« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

2005.01.26

文章はやっぱり面白い

 最近読んだもので面白かったものが二つある。
 一つはレポートだ。多摩美の女の子のもので、分裂症患者のテキストだ。正確には本当に分裂症のレッテルを貼られて過去家族から無理矢理病院に入れられたことのある学生が、ぼくの課題に合わせて(気合いを入れて)真剣に書いてきたテキストで、これが凄い。最近は精神科医はすぐに鬱病や躁鬱病のレッテルを貼りたがり、パキシルのような抗鬱剤を簡単に処方するが、自分の精神が安定しているか不安定かというようなことばかり気にしている何人も居るぼくの関わった学生たちの不幸な鬱病患者たちとは大違い。医者が処方するものが間違いないと思いたい気持ちは分かるが、それこそただの神経症なのだ。精神が不安定な方が当たり前なのに、それを薬で調整しなくてはならないという方が神経症なのである。副腎皮質ホルモンを飲まされたアトピー患者たちがどんなにひどい目にあったかを見るがいい。抗鬱剤は飲んではいけない。自分一人の力で生きられなくなる。自分が荒野に一人で取り残されていると思った方がずっといい。鬱は病気ではなく、一緒つきあっていかなくてはならないパートナーだと思わなくてはならない。善意の精神科医とカウンセラーと介護アドバイザーくらい始末に悪い物はないのだ。ところがこのレポートはある意味で本当に病気である人間が必死になって現実と渡り合おうとしている文章で感動した。言葉とはこれほどまでに物質的なものだったのだ。明らかに言葉が彼女のばらばらに走り始める脳細胞の接着剤として、現実と妄想との釣り合いを取るためのカスガイのような役割をしていて、ひとつひとつの言葉がこれ以上はない程に切実なのだ。というわけで、悩んでいるぼくの学生もそうだけど、抗鬱剤やめて言葉を薬にしなさい。ぼくは抗鬱剤治療は合法的な覚醒剤投与と同じだと思っている。60歳を過ぎて鬱症状に悩んで抗鬱剤に淫している人を沢山知っているだけにそう思うのだ。
 もう一つは、ぼくがまだ二十台の頃、初めて先生をしていた頃の元学生で映像作家の送ってきた文章だ。名前を出してもいいのだが、彼女はその頃若くして才能を認められ母校の先生になった。そこで芸術家たち特有の妬みやいじわるな攻撃に精神を病み、逃げるようにして結婚して東京に来たのだが、その自伝的過去を文章にしたものである。ある意味では妄想と執着の言葉の集積だ。最初に電話がかかってきて、これを出版したいと思うので編集者を紹介してくれと言われた時にはちょっと困ったなと思ったのだが、ワープロ打ちで200枚以上ある分厚い原稿を読み始めたらその強度に取り憑かれた。これは凄い。まるでセリーヌみたいだ。このままでは受け入れられないだろうが、こんなに凄いものなら是非出版に持ち込みたいと思った。元々、映像作家である彼女の映画にもそういうきらめきがあるのだが、文章にもこんな才能があるとは知らなかった。
 彼女もちょっとビョーキなのである。感受性が敏感すぎる被害妄想なのだが、それでもそれを相対化する力が彼女の文章にはある。こういうものを読まされると、自分の中の何かがうずうずとうごめき始める。
 じゃ、ぼくはどうなんだ。20代の頃、大学ノートに何冊も書き綴った膨大な文章のカケラ……。ぼくにはそんな力があるんだろうか。先生をやっているのは面白い。唐ゼミをやっていて複数の才能がある学生たちに会えて幸せだ。だけど、先生ではないぼく自身はもうこれで終わってしまうのだろうかと……こんなことを書いてしまうのは余りに情けないのかもしれないが……しかし、こういう凄い文章を見てしまうと素直にやはりそう思うのだ。いつまでもこういう本物の才能と触れ合っていきたいと思うし、これに負けてはいられないと思ってしまう。

2005.01.22

大学について、再び

 宗教学者の川瀬君のトラックバックから、以前記号学会にもゲストに来てもらった内田樹さんのブログへと飛んでいくことができた。あの頃の内田さんは武道の話など伝統回帰志向だったのだけれど、このところは現代思想のガイドブックみたいなものを出していますね。やっぱり身体性よりも知識や教養だと考えるようになったのだろうか? 
 首都大学東京や横浜市立大学などの公立大学の「効率」大学化は、確かに大学と言う文化の終末を予告しているようだ。ただ、これは石原とか橋爪とかいう個人を攻撃してみたところで始まらない。そういう個人の暴走を世論や政策がサポートしているような状況があるからこそ、ちょっと落ち着いて考えてみれば「とんでもない不条理」としか言いようがない大学の「リストラ」がいとも簡単に実現されてしまうのだ。坂口安吾は政治に革命などはなく、改良しかないのだと書いたが、その一方では「堕落論」で堕ちて堕ちて堕ちまくった底から必死にまた這い上がってくるしかないとも書いた。ぼくは21世紀に入ってからの地球はシステム的思考が個人の批判能力をブルドーザーのように根こそぎになぎ倒す文化の退廃期に入ったと思っているので、とことんすべてが駄目になり尽くすまで駄目になっていくしかないと思っている。それこそ津波の中でどうやってサバイバルしていくかという覚悟をするしかない。そういう時代もあると思ってとりあえずは雌伏するしかあるまい。それに夏目漱石の「坊ちゃん」の時代から学校や大学の組織の中では変な人たちが利権をめぐってうごめいていたのだから、とりわけこれで学校や大学が以前より悪くなったということにはなるまい。ただ、昔は学生たちはそんなことはちっとも気にせずに暴れたり遊んだりすることができたのだが、一番恐るべきことはそうした制度やシステムの抑圧が個人の中に内面化されてしまい、自らが自らを去勢してしまうような自己規律化がすべてを埋め尽くしてしまうことである。首都大学東京に着任しないで辞めていく人たちは本当に立派なのだろうか? 問題はすべての大学が私立大学も含めて首都大学東京や横浜市立大学と全く変わらないものに「内側から」なっていくことなのではないか? それにしても、ちょっと制度が変わっただけで時流に便乗して権力欲をむき出しにする人たちにも困ったもものだ。急に管理職権限とか業務命令とかを散らつかせるようになる。まあ、いずれにしても問題は、どんなことになっても、自分と自分の周りだけは押しつぶされないようにパワフルで面白い空間にしていくことだ。そして、それが本当にできなくなった時には辞めればいい。大学がさまざまな人々が集まり、出会いと別れが繰り返されるテンポラルな場所である限り、まだ絶望するのには早すぎると思っている。
 石原のメッセージでひとつだけ引っかかったのが、楽天やライブドアの社長の話を聞ける方が世の中のことを知らない大学教員の退屈な話を聞くよりもずっと役に立つというようなくだりである。あんな頭が悪い奴らよりも下だと言われる身にもなってほしい。まあ、いまや20万人もいると言われる大学教員のほとんどは確かにあいつらよりも下なのかもしれないし、知識よりも金を持っていることが尊敬される時代なのだから仕方ないのかもしれないが、それにしても少なくとも石原は自分だけはあいつらや大学教員よりも偉いと思っているのだろうな。
 マイクロソフトとNTTグループを筆頭としてITビジネス、あるいはその中でも「コンテンツ・ビジネス」がこれからの世界で重要だと言われるが、とんでもない話である。だいたい情報技術とか「内容/中身」とか言えばいいものを、ITとかコンテンツとかいうマジカルワードを使って意味ありげなポーズを取っている連中はことごとく犯罪者、もしくは詐欺師の類いだと思った方がいい。あの人たちがやっていることはけっして「まっとうな商売」ではないのだ。東大や一橋の教授たちがほとんどインサイダー的な振る舞いで株で何千万も稼いでいるのも同じ。「合法」だからと言って道義的に正しいことであるとは限らない。「時流に便乗して金儲けに奔走する奴らは卑しい」という真っ当な常識が失われていき「ITベンチャー」とか「ITビジネス」とかいうマジカルワードに振り回されているだけではないか。時々TVに嬉々として登場するこれらの「成功者」たちの顔の卑しさを見ていると憂鬱になる。労働量と利益のバランスが、情報テクノロジーによって根本的に崩れて来ているのである。自動車の生産量を増やすことと、ソフトウェアのCDを増産したり、ダウンロード用のサーバーを増強することとでは根本的に違うのだ。
 そもそもレコードやCDの価格と比較して「着メロサービス」や音楽配信サービスが一曲100円だから安いということにはならない。WindowsのCDを量産することと、自動車や飛行機を量産することとは比較できない。いまや携帯の待ち受けキャラや着メロなどのコンテンツ・ビジネスが年間一千億円を超えたというが、そもそも8000万台を超えた携帯市場でたとえば百円ずつお金を徴収するという商売のやり方はこれまでのモノの経済と比較できない。はっきり言って彼らは「不当に」儲けすぎているだけの話である。もっと不当に儲けているのは言うまでもなく彼らにライセンスを与えている携帯キャリアであるのは言うまでもなく、docomoなどは無駄に全国各地にタワービルをおったてている。こうして不当に集められた巨額の金が金融市場に投資され、富の不均衡を拡大させている。
 コンテンツ・ビジネスというのは、たとえば日本では1979年にフリーになっているはずのディズニー・キャラクターのライセンスを独占していつまでも大もうけをするというような話である。アメリカの著作権法の改定だけで、他の国を黙らしてきた。その影響でヨーロッパやオーストラリアの著作権法も保護期間の延長をさせられており、日本でも今年70年に延長される見通しである(そして、たとえそうだとしてもミッキーマウスの日本での著作権はとっくに切れていることを忘れてはならない)。これで、たとえば東宝は「ゴジラ」の使用料でまだ稼いでいくことができるし、黒沢や小津の映画のDVD化権で儲けることができるというわけだ。全く何も生み出していないし、全く何の新しい情報の創出もそこには存在しない。こんなものが富を生み出すという事自体が恥ずべきことだという自覚がないのだ。まあ、ようやくここ数年「法律学者」L.レッシグなどが「コモンズ」というようなことを言い出して、過度な著作権保護が文化を破壊するということに気づく人が増えてきたし、フリーウェア運動の重要性にも関心が集まってきているが、根本的に「コンテンツ・ビジネス」なるものが卑しいのだというくらいまで意識を高めなくてはならない。ソドムとゴモラではないけれど、このままでは日本列島「総・ナニワ金融道」みたいになってしまって、未来はなくなっていくだろう。

2005.01.13

あれこれ

 1月8日は山中湖にある唐組・乞食城へ。凍えるような寒い空気の中で富士山がきれいに青空にそびえたち、湖面に見事な「逆さ富士」を映し出していた。9日に帰り10日は渋谷で日本記号学会の理事会。数ヶ月ぶりだったが、ここのところ体を壊していた山口昌男さんが随分と元気を回復していたのがうれしかった。1月29日の唐さんの最終講義にも駆けつけたいと言ってくれた。11日は多摩美で新年会。結局ジャージは返ってこなかった。下の写真は是非blogに載せてくださいと言った永澤君とのツーショット。

nagasawa

 まあ、そんなわけでほぼ毎日飲み会だった。大学も始まって会議や雑用で忙しくなってきたが、どうも大学の内側では相変わらず面白くないことばかりが起こっていてたちまち憂鬱になる。記号学会では毎年5月に大会をやっているが、今年は高田馬場にある東京富士大学で5/21-22に「<大学>はどこに行くのか?」という統一テーマでやることにした。誰でも自由に参加できる開かれた学会なのでどんどんいろいろな人に聞きにきてほしいと思っている。
 国立大学の独立法人化は全く報道されないところでとんでもない混乱や事件を数々引き起こしているのだが、その根幹にある流れはほとんど誰もきちんと論じてはいない。私大にしたところで状況は同じである。「大学の自治」の破壊に反対し、「産学共同」を嘆く旧「進歩的知識人」たちと、「国際競争力」の獲得のために競争原理を導入しなければならないとする推進派との議論とは全く違った視点からほとんど崩壊しつつある現在の「大学」を論じたい。
 ネオ・コンという言葉はずいぶん知られるようになったが、ネオ・リベラリズムという一見それに対抗するような立場も本質的にはネオ・コンと同一なのだ。それはアメリカの共和党と民主党や、日本の自民党と民主党の政策がほとんど交換可能なほどに酷似しているのと同じである。要するにそれは冷戦終焉以降の「グローバル・スーパーマーケット」の中でいかに競争に勝ち残るかという唯一の「課題」を共有しているのだ。だから保守とリベラルの立場は容易に逆転する。なんだかんだ言ったってこのグローバル・マーケットで生き残れる者だけが勝ちなのだ。それがそれ以外のすべての問題に優先する。だから、これは日本の対北朝鮮政策や対イラク政策と同じ論理で動いているのである。
 有馬朗人文部大臣の時に現在の大学改革のデザインのほとんどが作られている。だいたい十年前である。その時の国会の文教委員会の議事録を見ていると、現在の大学改革を動かしている底流にあるものが見え隠れしていて面白い。たとえばある委員によれば、戦後教育の最大の不幸は、大学に住み着いてきた自称「進歩的知識人」である。彼らはソ連や北朝鮮を理想国家のように宣伝して、戦後日本社会を常にミスリードし続けてきた。大学をまともにするためにはこうした「進歩的知識人」を一掃し、社会に役立つ人材を作り出すような改革を行わなくてはならないと主張する。つまり、「知識人」と「社会や産業界ともっと密接に結びつかなくてはならない大学」とを分断しなくてはならないというのが、確実に一つの根拠だったのである。もう一つは大学の「国際競争力」である。数値化された格付けによってすべてが順位づけられる世界で、日本の大学はこのままでは生き残れないだろうというような議論である。当時自民党の議員だった栗本慎一郎さんもこのような立脚点に立っている。橋爪大三郎とか上野千鶴子と言ったような少し先の見える元「進歩的知識人」たちもまた、こうした「国際競争力」の論点に立っているように思われる。
 ぼくは大学はそれとは全く別の「隙間」の空間でなくてはならないと思っている。つまり、時代の歩みと完全にシンクロしてはならない25時間目の場所こそが大学に残されなくてはならないと考えているのだ。それはぼくが「アート」や「文学」に託しておきたいと考える「空き地」の場所なのだ。システムがすべてを窒息させ、スーパーマーケットの売り場面積を獲得しなければ生き残れないと考える神経症的な世界から距離を取って物事を考えられる場所こそが大学なのだと思いたい。
 いずれにしても様々な立場から、これまで誰も語らなかった現代の大学論をやってみたいと考えている。

2005.01.08

年も明けました

 今年も頑張りますのでよろしくお願いします。
 のんびり年越しの時間を過ごした後はまた怒濤の飲み会ラッシュで体調はかなり良くない。
インドネシア沖の津波の被害の途方も無い大きさが徐々に伝わってきて驚かされる。死者、行方不明者の数はもはや原水爆クラスまで達している。イラクは相変わらずの大混乱だし、今年もいろいろな悲惨なことが起こりそうだ。ただ、異常気象だとか地球が悲鳴を上げているだとかいうヒステリックな叫び声にもうんざりする。気象なんて100年ちょっとくらいしかデータを取っていないのに、本当にそれが「異常」気象なのかどうなのか分かりようがないではないか。実際にはいつだって自然は我々の想像力や予測をはみ出しているにすぎないのだ。
 2日は日帰りで水戸まで行って五年ぶりの中学校の同窓会。卒業以来初めて会う人も多くて楽しかった。
 街に出ると、どこでもかしこでも、「おめでとう2005」というような言葉が氾濫している。どこにも「平成17年」という元号表示を目にすることができない。国立大学の書類では元号がまだ支配的なんだけど、もうそろそろ無くしてしまってもいいんじゃないだろうか。家族中から見放された観のある今の皇太子たちが天皇になった時の元号はもっと影が薄くなっているんだろうなあ。
 そういえば、今年は「昭和80年」に当たる。明治から138年、大正からは94年。こう書くと何となく時の流れを実感できる。平成17年でも2005年でも何だか身体性に響いてこない単なる数字に感じられてしまう。湾岸戦争があったのが、最後の昭和の年である昭和64年、ベルリンの壁崩壊が昭和66年、阪神淡路大震災やオウム・サリン事件が昭和70年。「9.11」事件が昭和76年。あと、2,3年すると平成生まれの連中が大学に入学してくるわけだ。
 大学も休みが終わり、1月29日の唐さんの最終講義の準備に取りかかり始めた。いろいろと趣向を凝らしていますので是非沢山の人に見に来てほしい。

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31