« 岡本喜八の死去 | トップページ | 唐ゼミのこと(1) »

2005.02.22

ホリエモン騒動

 日テレの「今日の出来事」にライブドアの堀江社長が出ていて、アナウンサーと経済評論家の質問にいきりまくって答えている。週末から、メディアと政財界一斉砲火を受けて、この32歳の若者はやや苛ついているらしく、「そんなことは答えられません」とか「そんな意味の無い質問をするなら帰りますよ」と吠えている。
 確かに堀江の言う通りで、この企画を考えたテレビ局側の想像力の薄っぺらさが透けて見えるような実に下らない企画だ。彼が怒りだすのも無理はない。と言うよりも、寄ってたかってこの異質な余所者を追放しようというような、偏狭な身内びいきしか感じられない。きっと、この暴力的なまでの堀江叩きは、彼が敗北を認めるまで続けられるだろう。スケープゴートの典型的な事例だ。だが、もし本当に彼がビル・ゲイツのような強い意志があれば、それをはねのけることができるかもしれない。
 まあ、どちらにしてもつまらない話ではある。800億円という途方もない金額がそこに介在しているわけだが、それがゲームのようにしか語られていないし、また実際にゲームのように運用されているのが、今の市場経済の現実なのである。その金額が、たとえば発展途上国にとって持っている重さと比べて、ここで語られている物語は余りにも浮ついていて軽い。こんな世界経済を作り上げてしまった文明の方が異常なのだ。
 「公共性」を盾に、既得権益にあぐらをかいている既成メディアに対して、金の力に物を言わせて乗っ取りをかけている「インターネットの成功者」という物語の裏では、実はマスメディアが新しいコミュニケーション・メディアの台頭に過剰に怯えているだけなのだ。どっちが悪者かと言えば、それは既得権益にあぐらをかいているテレビ局や新聞社の方なのである。
 そう。放送サービスは結局は通信サービスに負けるだろう。それは確実なことだ。だがそれは、おそらく堀江のライブドアのような産業社会モデルに便乗した「インターネット・ビジネス」などではない。彼の言う、インターネットと既成メディアの融合がより「ユーザー・フレンドリーな」マスメディアを作り上げるだろうというような構想は何ら新鮮なものではなく、放送業界が通信業界の台頭に怯えながらも自力で模索しているし、中途半端にはいずれ実現されるであろう古くさい構想にすぎない。逆に言えば、堀江自身がマスメディアの優位性をまだ信じているからこそ(そして、マスプロダクション=産業社会とマネーゲームがすべてを貪欲に食い尽くすポスト資本主義社会の原理を信じているからこそ)、そのようなマスメディアとインターネットの「融合」というような主張にしかならないのだ。
但し、グローバリゼーションの趨勢を見ると、堀江側が短期的には勝利するであろうことも簡単に予測できる。それに抵抗する旧勢力側が声高に主張する概念が「メディアの公共性」だったことに小さな衝撃を受けた。もし、これが完全に「リーマン証券」のような外資系企業だったらどうなのだろうか。たとえばAOL−タイムズ−ワーナーのような会社だったらどうだったろう。その時には民族主義が飛び出して来るのだろうか。いずれにしても、こいつらは両方とも滅びればいい。両方とも己の存在を賭けた思想が全く欠落している。
 一緒に研究会をしている東大の船曳建夫さんによると、堀江は駒場のサーバーを創設した学生で、今でも時々サーバーの具合が悪いと気軽に直しに来てくれる気さくな男であるという。きっと、そうなのだろう。そして、そういう普通の気のいい男が、こうして突然怪物になれるところが、グローバルな市場経済の不気味なところである。一体誰が、そして何が怪物なのかを考えなくてはならない。今の下らない堀江叩きの裏にある見えない構造について考えて行かなくてはならないだろう。

« 岡本喜八の死去 | トップページ | 唐ゼミのこと(1) »

「Non Section」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/3028851

この記事へのトラックバック一覧です: ホリエモン騒動:

» 判官びいきかもしれないが、堀江さんを擁護してみたい。 [きつねのすみか]
ライブドアの堀江さん、その手法が、今までの概念にあわないから、 非難されてるよう [続きを読む]

» 選手交代! [Sammy's blog]
2/21例のほりえもん問題について毎日新聞から取材をうけました。 http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kigyou/... [続きを読む]

» 堀江社長とジャイアンツ [finite]
マネーゲームに参加してライブドア株を買っ... [続きを読む]

« 岡本喜八の死去 | トップページ | 唐ゼミのこと(1) »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30