« 同窓会好きとよく言われるが | トップページ | 新宿花園神社・唐組の「鉛の兵隊」開幕 »

2005.04.26

「汚れた天使」

 月曜日は、下北沢にあるシネマアートン下北沢で開かれた「楽音キネマvol2」という企画で安保由夫さんの演奏と「幻のテレビ映画」「追跡・汚れた天使」の上映会に顔を出す。この「汚れた天使」というのは1973年に関西テレビ制作で作られながら、「意味不明」「お茶の間にそぐわない」という理由で放映が中止された唐十郎監督の作品で、「木枯らし紋次郎」の後、 市川崑総監督、中村敦夫主演という社会派ドラマシリーズの一作である。放映中止に抗議した唐、中村、脚本の石堂淑郎らは、それを支持した製作会社からラッシュで使ったフィルムを勝手に持ち出して、全国七カ所で自主上映会を行ったという幻の作品だ。
 これが凄かった。全編、「盲導犬」「ベンガルの虎」「唐版・風の又三郎」といった傑作群を送り出していた時期の唐十郎の狂気と紙一重の天才で満たされている凄まじい作品だった。確かにこれはゴールデンアワーのテレビでは流せないだろう。李礼仙、大久保鷹、根津甚八といった状況劇場の俳優たちの圧倒的な存在感も見逃せない。ぼろぼろのフィルムでところどころ見にくいところも多かったが、大満足。32年ぶりに公開された傑作と言うのに客席は余り埋まっておらず勿体なかったと思う。唐ゼミの連中数人と出かけたが、こんなことならみんな連れてくるんだったと後悔した。会場に来ていた新宿梁山泊の金守珍さん、秋元けい子さん、演奏を終えた安保さんらと一緒に一時間程飲む。いろいろな情報交換を行った。
 実は、この映画を見ながら思い出したのは、この事件の時に京大西部講堂で上映された時にぼくもその場にいたという自分でも意外な事実だ。骨折して病院に入院している中村敦夫のところに常田富士男が訪ねてくる冒頭のシーンははっきり覚えている。あの時のぼくにはこの作品が理解できずに、どうやら「小百合荘」が出てくる辺りで見ることを放棄して立ち去ったような気がする。これまた勿体ないことだ。あの頃のぼくは年長の唐さんたちの演劇に反発しか感じていなかったし、理解することもできなかった。
 というわけで、いろいろなことが重なりながらも、今週末唐組の「鉛の兵隊」の初日が新宿花園神社で幕を開ける。初日には沢山の関係者が押し寄せ、宴会も大変なことになるだろう。それまで、体調を戻しておかなければ……。

« 同窓会好きとよく言われるが | トップページ | 新宿花園神社・唐組の「鉛の兵隊」開幕 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/3871200

この記事へのトラックバック一覧です: 「汚れた天使」:

« 同窓会好きとよく言われるが | トップページ | 新宿花園神社・唐組の「鉛の兵隊」開幕 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30