« 「鉛の兵隊」千秋楽 | トップページ | いろいろ »

2005.06.27

唐ゼミ★の「煉夢術」

 唐ゼミの特別新人公演「煉夢術」が、今週末の7/1,2と来週の8,9,10に上演されます。26日には初めて唐十郎を迎えてテントでの通し稽古。ぼくも初めて観ました。主力の役者も出ていないし、戯曲はモノローグの連続で、カタルシスもなく、果たして大丈夫かなあと心配だったのですが、これが相当に面白い。中野敦之の演出が冴えまくり、テントでのエンディングも稀にみる完成度で、これはイケます。テントがイケる。二日間しか入れなかったのが残念になるくらい。
唐十郎23歳の時の若書きの作品で、まだスタイルを確立する前のものですが、それでも随所に唐でなければ書けない言葉が散乱していて、中野の演出はそれをていねいに拾い上げながら屹立させていく。ある意味で、同じ年頃の青年たちがまともに向かい合っているのは、この作品の本来のあり方なのかもしれないし、時代を超えた普遍性を感じさせます。
 確かに、役は少ないし、プロの劇団がこの作品を上演することは今後ないだろうと思われますし、「唐ゼミ」の「新人公演」という形はなかなか良かったのではないかという気がします。
 というわけで、これはなかなかイケます。それもできればテントで観てほしいところ。
 三ヶ月ぶりに大学に来た唐さんを「おかえりなさい」とみんなで迎え、唐研での宴会。「鉛の兵隊」の公演を終え、近畿大学の講義や劇団のお疲れさま会と飲み会が続いて相当体調が良くなさそうな唐さんでしたが、とても喜んでくれたので良かった。

« 「鉛の兵隊」千秋楽 | トップページ | いろいろ »

「唐ゼミ」カテゴリの記事

コメント

室井先生:

 こんにちは。私は上海からの留学生、叶と申します。今国費留学生として神戸大学で日本語・日本文化を勉強しております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 実は今年の9月に帰国して、大学を卒業する見込みですが、現在大学院に進学するために指導の先生を探しているところです。一言にいえば、私は情報メディア文化を勉強するつまりで、室井先生の下で勉強したいです。

 詳しいことはメール、または手紙で説明させていただきたいですが、先生のブログでメッセジーをお書きして、お許しください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/4727863

この記事へのトラックバック一覧です: 唐ゼミ★の「煉夢術」:

« 「鉛の兵隊」千秋楽 | トップページ | いろいろ »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30