« 唐ゼミ★の「煉夢術」 | トップページ | 教室を路地に! »

2005.07.02

いろいろ

 月曜日は、アートンで「バッタ本」の打ち合わせ。先週ゲラが出て、いろいろな人に意見を聞いている段階で、スケジュールと表紙デザインや装丁の打ち合わせをした。ゲラを送った人からの評判はとてもいいので楽しみにしていて下さい。八月末頃公刊される予定です。そこから、六本木ヒルズのそばにある「三丁目カフェ」の内覧会+オープニング・バーティに。「バッタ本」の企画段階でお世話になったアートンの堀さやかさんが店長になる「韓国伝統茶」中心のおしゃれなカフェだ。別会場で開かれたパーティには百人以上が押し寄せてきており、郭充良さん、金守珍さん、近藤弐吉さんらと顔を合わせる。梁山泊の韓国公演の話が面白く、ぼくもソウル公演に行きたくなる。
 水曜日には、東海大学の水島久光さん、学生の五十嵐靖也と一緒に汐留の日本テレビ本社に行く。現在企画中の「叢書セミオトポス」(慶応大学出版会)の第二巻「モバイル・フューチャー/ケータイの記号論」(仮題)のためだが、先週のMSコードの提唱者、北川高嗣氏(筑波大学大学院教授/メディアスティック株式会社取締役)に続いて、来年放送開始になる携帯電話用のテレビ、1セグ放送の中心人物である佐野徹氏(日本テレビ放送網メディア戦略局メディア戦略部)にインタヴューするためだ。何だかテレビ局という感じがしない、フロア面積が狭い高層ビルの景色のいい会議室で二時間近く話を聞けた。
 木曜日は舞台芸術論で非常勤講師にきてもらっているNHKエンタプライズ21の三枝健起さんの、ロケ実習。講義棟のトイレでの撮影だった。そのまま唐ゼミ「煉夢術」のゲネプロ。
 そして、金曜日が唐ゼミの初日。その前に、岩波書店の樋口良澄さんがやってきて、唐さんとぼくの対談をやる。岩波で唐さんの大学での経験と唐ゼミを中心とした本を企画してもらっているのだが、これがけっこう面白くなりそうだ。本番の方は雨が降ったりやんだりというコンディションだったが、全員集中力を切らすことのないいい初日となった。土岐泰章が稽古では見せたことのない熱演。本番中に土岐はさらに化けていきそうだ。今日、テントの最終日。来週は新宿二丁目に戦場を移す。

« 唐ゼミ★の「煉夢術」 | トップページ | 教室を路地に! »

「Non Section」カテゴリの記事

コメント

うーむ、困ったな
Musical Baton(これって正しい英語なのか?)とか、麺類Batonとか○○Batonとかさまざまなチェーンが流行っていて、ここにも二つもついてしまった。いろいろなところを見ると、これが流行ということで結構知識人系の人たちも若い世代の人たちは何の抵抗もなくバトンをリレーしていっているらしいが‥‥正直言ってぼくにはかなり抵抗あるなあ。
そもそもチェーンメールで思い出すのが、とても有名な「幸福の手紙」(もしくは「不幸の手紙」)。これはいろいろなバリエーションがあるが、たいてい「この手紙はカナダの○○さんが始めたもので、世界中の人々を幸福の輪でつなぐものです。‥‥受け取ってから一週間以内にこれと同じ文面の手紙をあなたの知り合いに五通送って下さい。世界中に幸福の輪が広がります。もし、そうしないとあなた自身に不幸が訪れます。スイスの○○さんは出さなかったために交通事故で死にました」みたいな文章が書かれている。この手紙(やハガキ)を受け取ったこと自体がとてつもない「不幸」なのであって、しかも何の脈絡もなく五通出さなければあなたは不幸になると脅迫されるのである。自分のところで止める勇気がない者は(あるいは、もっと素朴に、本当に世界中の人々に幸福を分け与えていると信じる者)はつい出してしまう。文字を書き写すために、どんどん文面は伝言ゲーム式に変わっていき、だんだんオーバーになっていく。「リング」の呪いのビデオテープなどの発想のもとになっているのもこの「不幸の手紙」だろう。
この「○○バトン」の場合に、別に「不幸」を押し付ける訳じゃないし、ただの遊びなんだからいいだろうと思うかもしれないが、そうなんだろうか? 友達や知り合いならいいけれど、それは「友達の友達」「知り合いの知り合い」といういわば全くぼくと関わりのない「他人」から手渡されてくるわけだ。そんな「他人」がどこに付託されるのか分からない「質問」に答えるということは、かなり不気味である。これがどこかの調査会社が考えだした新種のアンケートの方法だとしたら、とてもよくできたプランだと思うが、そうでないとしたら、この連鎖はとても不気味でそんなものの中に自分が入りたいとは思わない。むしろ、なぜみんなそう思わないんだろう? と逆に聞いてみたいくらいだ。
この遊びにはルールがあって、blogをつけている人五名にバトンを手渡すのだが、誰に回したかを公開しなくてはならないらしい。ぼくに回してくれたのは二人とも女の子だし、「書いてくれたらうれしいです」と言われるのはやはりうれしいし、答えてあげないと可哀想かなと思わなくもないが、「うー、いや待てよ」と思ってしまう。ぼくが「どんな音楽が好きか」これらの人たちに直接聞かれるのなら何の問題もないが、こんなどんな意図から作り出されたか分からない質問の連鎖の中に入るのは、絶対嫌だ。ぼくが責任をとれるのは直接の知り合いや友人たちだけであって、知り合いの知り合いの知り合いや、友人の友人には責任取れないからね。ごめんね。

こんばんは、おじゃまします。
ゼミ生の藤原です。唐ゼミは新宿公演を見に行こうと思ってます。

ケータイ研究、最近再び休みがちですがちゃんと続けていこうと思ってるので、忘れ去らないようにお願いします!
そしてブログも興味深いという室井先生。今、ブログでMusical Batonというのが回ってるのですよ。私のブログ(ゼミのじゃない方ですが…。http://blog.moreliving.biz/)にも回ってきたので、チャレンジ的に先生にパスを飛ばします!

以下の項目を書いて誰かにパスすればいいんだそうです。

①パソコンに入っている音楽ファイルやらの容量
②今聞いている音楽
③最後に買ったCD
④よく聞く、または思い入れのある曲5曲
⑤回す人

面倒だったら無視していただいてOKです。ただ先生のこういうの、読みたいと思う人、けっこう多いのでは。ぜひこれで書いてみてほしいです。よろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/4795618

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ:

» Musical baton! ミュージカルバトン! [.:: the electreal by むぎばやしひろこ ::.]
ミュージカルバトンが高木完ちゃんからまわってきました。何かというと「バトンが回っ [続きを読む]

» 文体のこと [Sammy's blog]
6/21夜、記号学会叢書セミオトポス第二巻「ケータイの記号論」の取材で、広尾へ。僕は、この本のなかで、メディアの融合環境の中で「ケータイはいったい何になるのか」という特集(取材2本と書き下ろし論文一本で構成)を担当します。あくまで記号学会の本なので、ビジネ...... [続きを読む]

« 唐ゼミ★の「煉夢術」 | トップページ | 教室を路地に! »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31