« 「マルチナイト」終了 | トップページ | まだまだ打ち上げの日々 »

2005.07.16

打ち上げの日々

 昨日は唐さんの代役で「舞台芸術論」を担当してもらっているNHKエンタプライズ21の三枝健起さんの授業の打ち上げ。四チームが同じシナリオで短編映画を撮るということになり、短い日程でみんなそれを実現できたのでうれしそうだった。今日は授業をした後、環境情報の大学院にいるイタリア人留学生チンツィア・コデンの修士論文中間発表。「唐十郎の詩学」というタイトルで発表をした。さらに榑沼範久君がやっている「Re:Design」展での原研哉氏とのトークに顔を出してから、一年生の基礎演習最終回。一昨日のクラブイベント「マルチナイト」が成功ということでみんな高揚している。絶対打ち上げやりましょうということで、去年のせんべいチームと行ったのと同じ三沢上町の「熱烈カルビ」で焼き肉。相変わらずすぐに泥酔する奴や、人に説教をし始める奴続出で、いやあ一年生の飲み会は面白い。
 来週の火曜日も多摩美の最終で飲み会になる予定。大変だけどみんな声をかけてくれるので断れない。結局「マルチナイト」は朝五時まで三十人以上が残り、スタッフは最後に全員で記念撮影したらしい。みんなから「面白かった」と言われて満足気だったが、是非これを次につなげてほしい。みんなが集まるだけで相互交流が起こり、刺激が伝わることで全体の雰囲気が高まって行く。単純なことだが、コミュニケーションの活性化が人間の潜在的なものを引き出して行くということがこんなに如実に伝わるのは大学という空間ならではではないかと改めて思う。
 ところで、「バッタ本」の正式タイトルが「巨大バッタの奇蹟」に決まったようだ。「奇蹟」というのは書いた本人にはつけられないタイトルなのだが、まあそれでもいいだろう。というわけで、アートン刊の「巨大バッタの奇蹟」は八月末に、岩波書店刊の「教室を路地に!−−横浜国大vs.唐十郎、2738日」は九月末に出版されます。
 来週始めは、大久保鷹が出演している映画「埋もれ木」をシネマ・ライズに観に行き、新宿梁山泊の韓国出発前の舞台稽古を見せてもらいにいく。後は会議やら試験準備やらいろいろ。木曜日で授業は閉めますが、夏休み中も結構大学に出ているので、学生諸君は是非顔を出して欲しい。

« 「マルチナイト」終了 | トップページ | まだまだ打ち上げの日々 »

「大学」カテゴリの記事

コメント

最近室井先生のblogよく読ませて頂いています。室井先生のblogから最近の国大生の面白い活動がいろいろと伝わってきて、久々に大学にお邪魔したくなりました。

年初から五十嵐君に頼んで「行きたい」旨をいろいろとお伝えしていますが、夏休み中にもいらっしゃるようであれば、今夏必ず伺えるようスケジューリングしますので、よろしくお願いします。

#仕事で横浜に向かう機会も実は結構ありますので、その折にでも。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/4987270

この記事へのトラックバック一覧です: 打ち上げの日々:

« 「マルチナイト」終了 | トップページ | まだまだ打ち上げの日々 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31