« あれれ | トップページ | 「唐版・風の又三郎」ソウル公演 »

2005.08.10

なあるほど、こういう仕掛けだったのか

 昨日は何と5000アクセス超。何をかいわんやである。もちろんいろいろな人が言及してくれたからだが、一番の理由はいわゆる「アンテナ系」あるいは「クリッピング系」blogからのリンクで、しかもエントリーの中でちょこっとだけ触れた「ホワイトバンド」に反応しているものが多い。何だ、そんなことで集まるのか。確かに、うちのオープンキャンパスでの学生の企画がどうこうということに、そんなに関心が集まるわけないものね。
 キーワードやフレーズ検索から見知らぬ人が集まってきて、そこでさらにブックマークをつけてくれる人のフィルターを通して集まって来るわけだ。そうすると、またまた趣旨がねじまがって受け取られ、たとえば「専門家のどこが悪い」とか「専門学校生を馬鹿にするな」とかいう変な反応が広がっていく。こういうのは、ワード検索やフレーズ検索というものが引き起こす悪しき脱文脈化の効果である。一応、ぼくたちがやっている仕事は、「文脈を作り上げて行く」という作業なので、こういう反応を目にするとすごく疲れる。ちなみに補足しておけば、文脈とは、いつ、どこで、だれが、何について、誰に向けて、どのような状況で語っているかということである。それを抜きにして、単なる言い回しや言葉尻だけを捉えられても返答のしようがない。というわけで、やはり100人程度の、いつもここを読んでくれる人たちだけを相手に書いていきたいものだと思った。
 あのね、確かに「現実」の大学は専門学校と大差ないかもしれない。下手したら負けることもあるかもしれない。だけど、一応大学で働いている人間が専門学校よりもずっと高度なことをやっているのだと言えなくなってしまってどうする? 別に中卒でも高卒でも専門学校卒でも、個々の人間として劣っていると言っているのではないよ。そんなのは本人次第に決まっている。だけど、「大学」が「専門学校」よりも「上」なのだとはっきり言えなくなったら、そもそも大学の存在価値はなくなるではないか? じゃ、それは何なのかということを言いたいのだ。
 世の中には専門家であるとか、プロであるとかいうことに変なプライドと誇りをもっている人が多いが、じゃそんな「専門家」による文明(専門分化主義)がいつどこでどうして発生したのかを考えたことがあるのだろうか? マックス・ウェーバーを持ち出すまでもなく、たかだかこの二三百年のことにすぎない。パスカルだって、ライプニッツだって、ケプラーだって、空海だって(‥‥以下略)、専門家などではなかった。専門家とは、近代の生み出した社会システムに対する人間の部分的隷属形態(マルクスなら「疎外」と呼ぶような)にほかならない。要するに歯車とネジのことであり、人間がそうした「役割」や「機能」に限定されることだ。つまり、「専門家でしかない」という条件を引き受けざるをえないのが、近代以降に生きる我々の根源的な不幸なのである。専門家やプロでなければ世の中から認められない—これは、悲しいことなのであって、けっしてうれしそうに語ったり、自慢したりすべきことではないでしょう。ましてや、それに居直って「全然本は読まない」とか「直接自分が体験したことしか信じない」とか言っている人たちは、知的な欲望を中断し放棄していると言わざるをえない。専門家であるということは、だから社会的には尊敬されることであっても、生き物としての人間としては恥ずべきことなのだ。少なくともぼくは哲学や文化理論をやっているのだから(それらの「専門家」にすぎないと見なされる悲しい現実はあるが)、大工の親方や自動車修理工や経済効果の計算をしたり、アンケートの集計をしたりするだけの社会科学者のような「専門屋」ではありたくないと思っている。この人たちはみんなとても「便利」な人たちだけど、それ以上ではない。あるいは、それぞれの個人は必ず「それ以上」の存在であるはずなのに、そのことを自分たちが忘却しているのである。

 昨日は岩波書店の宣伝誌「図書」のための原稿を書いていた。9月には書店に置かれるので是非読んでいただきたい。今日は、唐ゼミ★が稽古場にしている西新宿の芸能花伝舎を覗いてから、アートンで「巨大バッタの奇蹟」の最終校と表紙デザイン会議をする。明日は大学に顔を出して、明後日からはソウルに出発である。こんな感じらしい。一方唐ゼミの方はこんな感じ

 そうそう、忘れていた。iMacG5が預けてから一週間で戻ってきた。やっぱり強いクレームをつけるとすぐに対応するんじゃないか? それでも三ヶ月近くかかっているけどね。とりあえず、これでようやく元の快適な環境に戻れる。

« あれれ | トップページ | 「唐版・風の又三郎」ソウル公演 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

レスありがとうございます。

お気に触ってしまったようで、申し訳ありません。
私も、普段巡回するサイトからのアンカーで見にきたクチなのですが、以前読んで印象に残っていた本の著者さんのようだったので何となく嬉しかったのと、

「この人自体、専門家が(社会や自身から)専門性に縛られるとは限らない例だよなぁ」

と疑問に思ったので書き込みました。
記事『やるせない』へのコメントが本題から外れているというのは確かにそうですね、重ねてお詫びします。

では、失礼しました。

あなたのコメントだけ、削除せずに残しました。あとは余りにもどうでもいい身勝手な書き込みが増えていてとても迷惑しています。世の中にはいろいろな人がいるものだと再認識させられました。
どうか、もう一度私がここに書いたことをちゃんと読んでもらえませんか? あるいは私のサイトにある私の論文をちゃんと読んでから言及しもらえませんか? blogとかwebsiteというのは、別に広く世の中に向けて発信しているわけではありません。単に玄関のドアを開けているだけです。何もそこに私のことを何も知らない人に土足で踏み込んでもらうことを期待してやっているわけでもありません。
私はれっきとした専門家ですよ。むしろ、世の中ではかなり上質な専門家だと思っています。あなたの専門家を認めて欲しいというこだわりはあなたの勝手で、私が専門家であることに全く満足できないでいるのは私の勝手です。専門家中心の社会というのが害悪を垂れ流していると私は考えています。しかも、私はそんなことを話題にしたいと思ってこれまで書いているのではありません。私は私が言いたいことを私の考え方に関心のある人たちに読んでもらうために書いているのであって、私にとってどうでもいいことを、ずかずか入り込んできた知らない人と議論するためにここをやっているわけではありません。
ということで、どうぞお引き取り下さい。あなたと論争する気持ちもなければあなたの疑問にお答えるつもりも全くありません。

あー、本文中にあるような反応をした一人ですが。

どうしても、プロや専門家は他を切り捨てた人だというようにしか読めないのですが…。あるいは、プロや専門家になるには他は捨てるしかない、なのか。どちらにしろネガすぎないかなぁと。

専門家=専門馬鹿、あるいは文中にあるような専門屋、と読みかえるとしっくりくるのですが(空海が専門家でないのならそういう意味で使われているのだと思うのですが)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/5390365

この記事へのトラックバック一覧です: なあるほど、こういう仕掛けだったのか:

« あれれ | トップページ | 「唐版・風の又三郎」ソウル公演 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30