« 初日まであと4日 | トップページ | 唐ゼミ★新国立劇場公演開幕 »

2005.09.26

明日はいよいよ唐ゼミ★新国立公演の初日です。

 この四五日というもの、小劇場でのテクリハ、ゲネプロと続き戦争状態でした。その上、エントランスやロビーや客席をめぐって、新国立の役所的な論理との戦いが頻発して、もう少しぼくが楽をできると思っていたら、結局ずっとつきあわざるをえないような事態になりました。約束していた予定もキャンセルせざるをえなくなったりして大変でした。それでも、今日が最終ゲネプロで明日幕が開きます。今のところ、流れはいい感じに戻っています。
 チケットですが、今日から10月2日6:00の回(盲導犬、椎野バージョン)の追加公演の発売ですので、これは是非取り逃がさないようにして下さい。また当日券も少ないですが多少はあります。10時からチケットセンターで発売。また同じく10時から毎日Z席が発売されます。多少見にくい席ですがそれでも半額ですのでお得。
 27日の初日は「横浜トリエンナーレ2005」の内覧会で翌日がオープニングなのですが、とても顔を出す余裕がない。近いうちに会場には行ってみたいとは思っていますが。

 タバコのエントリーへの反響がぼつぼつ。メールでも来ます。まだ、返事をしたくなるものはひとつもありません。結局ほとんどは全くぼくの書いた文章が読めていないで感情的に反発しているだけなのです。ぼくが書いたのは「嫌煙キャンペーンの嘘」であって、「嫌煙の嘘」ではないし、けっして血管収縮で頭痛がするとか、気管支系が弱い人が喉が痛くなるということを否定などしていない。合理的な分煙にはむしろ賛成ですし、自己正当化をしようとも思っていない。多分、タバコを吸わない人には、このところの日本の環境が喫煙家たちにとっては、余りにも人権を無視したひどいものになっていることがよく分かっていないのだと思います。屋外ですら遠くで数少ない喫煙所まで行かないとならない、建物の中の喫煙所も物置のような換気の悪い場所に(多分そんなに多くはないだろうという勝手な決めつけのもとに)きわめて少ない灰皿が置いてあり座る場所もなく満員電車のような空間におしこめられて喫煙しなくてはならないことが余りにも多すぎるのです。多分長距離列車の喫煙車両も全廃されていくでしょう。ちゃんとニーズがあるのにです。
 そう言えばトラックバックしてくれた人が教えてくれたWikipediaの「喫煙」の「タバコと健康」という項目は悪くないですね。前半は冷静な文章です。後半は多分嫌煙運動家のものですね。バランスが取れていていい記事です。
それにしても、こういう文章を書くと勝手に自分たちのイメージする「身勝手でマナーの悪い喫煙者」が投影されて、必ず人格攻撃になってきますね。まあ、検索エンジンやアンテナ系でやってきて、文章を全く読めておらず言葉尻だけを引き合いに出して、それだけで人格否定されてもあまり傷つきませんが。

« 初日まであと4日 | トップページ | 唐ゼミ★新国立劇場公演開幕 »

「唐ゼミ」カテゴリの記事

コメント

根本的な問題として、「何故喫煙者が追いやられているのか?」というのが大事なのではないでしょうか?確かに喫煙所が遠い場所だったり迫害されているような印象を受けることもありますが、それ以前に喫煙者でマナーが悪い人があまりにも多いからそのような対応にせざるを得ないのではないでしょうか。
もしこれを責めるのであれば「嫌煙者」よりも「公共機関」であったり「ビルの管理人」なのではないでしょうか?
それとタバコのマナーについてはどう思われるのでしょうか。「教える立場」として「喫煙者」として。

そもそも、なぜ禁煙がキャンペーンとなるのかに対する考察が足りないように思います。


多分、タバコを吸う人たちは、このところの日本の環境が嫌煙家たちにとっては、余りにも人権を無視したひどいものになっていることがよく分かっていないのだと思います。

屋外ですら煙を吸わずに歩いたり、電車を待つことが出来ない。建物・飲食店の中の禁煙所も仕切りが無く、タバコの煙が流れてくることが余りにも多すぎるのです。

長距離列車の禁煙車両もいつも満員、
喫煙車両しか空いていない事が多いのです。

こういう文章を書くと勝手に自分たちのイメージする「ヒステリックな嫌煙家」が投影されて、必ず人格攻撃になってきますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/6124729

この記事へのトラックバック一覧です: 明日はいよいよ唐ゼミ★新国立公演の初日です。:

» 黒いチューリップ@新国ロフト [谷中オペラ日記]
 劇団唐ゼミ★が、とうとう新国立劇場に登場した。23日にマイスタージンガーを見に行った際には、およそ劇場と相容れない大根がガラス越し見えていて、ラジカルな印象を持ったが、今日行ってみると何か縮小された印象をもった。 入り口のところで室井尚さんに会い、挨拶....... [続きを読む]

« 初日まであと4日 | トップページ | 唐ゼミ★新国立劇場公演開幕 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30