« 極寒の山中湖行軍 | トップページ | 韓国では「春風の妻」日本公演が大きな話題に »

2006.01.15

全州大学演劇科公演、来日まで一週間

 いろいろと準備が大変。東京公演は予約状況が悪くないが、横浜公演は場所のせいもあって余り延びていない。月曜日は「いずみ中央」にあるテアトル・フォンテに技術的打ち合わせ。とても立派な劇場なので、逆に客の入りが気になる。台本や挨拶文の翻訳、プログラムの素材作り、事務的手続きなどなかなか忙しい。朴炳棹さんとのメールのやりとりも頻繁になり、新宿梁山泊との仕事の分担の打ち合わせも多くなる。彼らは23日に来日し、大学内の宿舎に滞在し、25日(横浜)と27日(東京)と二回の公演を行い29日に帰国する。それまでの間ずっとぼくたちが彼らの面倒をみることになっている。木曜日に唐ゼミ★の会議とついでに劇団の新年会。唐ゼミ★の連中も、昨年の新国立劇場公演を終えて揺れているメンバーが多く、既に何人かがやめている。そのほか、火曜には多摩美の最終授業。終わった後橋本で卒業生たちと4,5人で飲む。土曜日にも日本記号学会の理事会があったのでなんだかんだと一日おきに飲んでいる。
 大学の方は連日の会議や教授会。本当に徒労感ばかり多く、くだらないことが沢山ある。来週末にはその中でももっともくだらない業務であるセンター入試が控えている。

« 極寒の山中湖行軍 | トップページ | 韓国では「春風の妻」日本公演が大きな話題に »

「Non Section」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/8168771

この記事へのトラックバック一覧です: 全州大学演劇科公演、来日まで一週間:

« 極寒の山中湖行軍 | トップページ | 韓国では「春風の妻」日本公演が大きな話題に »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31