« 韓国では「春風の妻」日本公演が大きな話題に | トップページ | 嵐の後 »

2006.01.28

「春風の妻」公演終了

 25日横浜テアトル・フォンテ公演、27日東京豊島区民ホール公演の二公演、無事に終了しました。全州の学生たちは本日半日グループに分かれて自由行動、夕方と夜にはお別れパーティが始まり、明日午前中に羽田空港に出発。深夜に帰郷するという日程になっています。
 23日に来日してから、受け入れチームは彼らの輸送、宿泊、食事、入浴、宴会、公演の制作、撤収と忙しく働いてきました。朝の7時前から朝食の準備をし、8時前後には劇場に5台のワゴン車と軽トラックやレンタカーの2tトラックで移動。劇場組は仕込みや撤収の手伝い、その間に居残り組は宿舎の清掃、整理や夜の食事/宴会の買い出しと調理。劇場組は銭湯に行って戻って来て夜食を取りながら談笑する。だいたい帰りが11:30から12:00ですから終了はいつも1:00か2:00になる‥‥この繰り返しで、ほとんど寝る暇のない忙しさでした。ぼくの車も動員されたために運転手役を務めざるを得ず、久しぶりに立つとくらくらするほどの眠気に襲われる毎日でした。
 宿舎は本来は泊まりがけで集中講義などに来る人向けのキャンパス内の「宿泊所」。ここに32人が寝泊まりし、歩いてすぐの研究棟では朝食や宴会の準備がなされていました。宴会や夜食は40-50人分、3000円で買って来た中古のガス台もフル稼働。料理組は連日へとへとになるまで何個もの小型電気炊飯器で飯を炊いたり、野菜の皮むきに終始していました。
 今回、大学には本当にお世話になりました。事務の人たちの協力や何人かの同僚、とりわけ須川英徳さん、山本泰生さんの協力がありがたかったです。本番にも副学長、事務局長、学部長をはじめ何人も来ていただいて、伝わるものがあったことがうれしかったです。
 予算もない中で受け入れ側がこれだけ力を尽くした公演ですが、全州チームはそれに負けない程の素晴らしい情熱で二公演を盛り上げてくれました。広い舞台サイズをもち最新設備の整った横浜のテアトル・フォンテと、少しくたびれた公会堂のような区民ホールでは全く違った印象の公演になりましたが、前者はぜいたくなスペクタクル性で、後者は客席と近い濃密で溶け込むような空間性で、いずれも観客の心にぐいぐいと入り込んで行くものでした。終わった後のアンケートを読んでも、正直言って劇団唐ゼミ★の公演の時よりも熱心に書いて下さる方が多く、やはり見たことのない異文化への違和感が次第に共感へと変わって行く過程を伺うことができました。また、横浜、池袋ともこれまで唐ゼミ★を応援していただいた方々や、韓国との文化交流にかかわっている方々に大勢来ていただけてうれしかったです。さまざまな意味で「出会い」が結実した幸せな瞬間を体験することができたと言えるでしょう。またそれはこの「春風の妻」というテキストの素晴らしさによるものでもあり、単に民俗文化や伝統性ばかりではなく、世界中の人間に通底するデュオニソス的な祝祭劇になっていることから、文化や言語を超えた感動が生まれて来たのではないかとも思います。いずれにしても、学生たちの歌や踊り、練り上げられた身体表現に身体ごとぶつかっていくパワー全開の演技も素晴らしかったと思います。
池袋終演後は銭湯から大学内宿舎に到着したのが深夜0時過ぎ。それから全員で宿舎の狭いダイニングで、コンビニのおにぎりとカップの辛ラーメンで乾杯。延々と飲み会や今日のフリータイムの過ごし方についての日韓両方の学生たちによる打ち合わせが続きました。というわけで3:00近くに帰宅。ぼくは今日の午前中は休ませてもらい夕方から再び合流します。明日はやはり羽田空港まで運転して見送りに行きます。
finale
sujeong

« 韓国では「春風の妻」日本公演が大きな話題に | トップページ | 嵐の後 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

エスロビンさんありがとうございます。横浜の方は大きくて設備の整った劇場でしたし、横浜版の秋月もすごく素晴らしかったです。韓国人の芸能に関するセンスと才能には舌を巻いてしまう程、主役級の俳優はすばらしかったですね。メインの三人の他にも父子の子供役のランホーや花鳥役のソンヒョーは素晴らしかった。
どうぞ今後とも唐ゼミ★の応援よろしくお願いいたします。

室井先生、お疲れ様でした、おかげさまでとても素晴らしい舞台を拝見できました。情熱溢れる感動的な舞台でした。そしてこちらも情熱的なトークショー、誘った方達からも、物凄く感謝されました。僕は不勉強なので、ただ見て訳も分らないのに感動してただけなのに、同席した29歳の女性から頂いた感想を読み驚愕、それをここに掲載します(無断ですが・・)
舞台はすべて初めて尽くし、といった感じでした。韓国の伝統的な演劇に現代的なアレンジがされてるのかな?とにかく打楽器の音がとても素敵でできたら生で聴きたかったし、登場人物の設定や伏線関係なく話が進む所、最後の何が有っても大団円!な設定は歌舞伎を彷佛とさせて私好みでした。秋月ってつまり傾城だよねー、詐欺師の親子が坊主のふりして金銭がぐるぐる巡ったり、異形のモノと人間が兄弟の契りを交わす所なんか特に歌舞伎を思い出します。秋月のチマを妻が代わりに被るシーンは身替座禅っぽいし。笑いの部分はちょっとひと昔前のイメージだったけど好色な亭主、肝っ玉妻、したたかな愛人の三角関係と呪詛的なシーンがこれでもか!とあって何度も生と死を行き来するのがとっても気に入りました。春風の妻の役者さん、いいなぁ。一番印象に残ったのは「亭主を生んでしまった」所です。何か深い意味が有るのだろうけど、私にはきっと難し過ぎてわからないけど、秋月が毎月子供を産む、という台詞もなんだか神話の世界のようで気になりました。所々日本語の台詞が入っていたけど、私は全部韓国語で良いと思いました。韓国語の響きを楽しめば良い訳だし。初めと終わりの儀式的な幕?を使ったシーンはもっともっと大きな舞台で観てみたかったです。学生の発表会なので入場料は無料でしたが、これ、お金とっても良かったんでは???

劇団唐ゼミの中野氏には再三、丁寧なご配慮を頂き助かりました。今後の活動を影ながら応援させて頂きます。




コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/8377462

この記事へのトラックバック一覧です: 「春風の妻」公演終了:

« 韓国では「春風の妻」日本公演が大きな話題に | トップページ | 嵐の後 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31