« パパ・タラフマラの「三人姉妹」 | トップページ | 新学期の始まり »

2006.03.25

唐ゼミ★の公演予定など

 22日にはインターコンチネンタルホテルで学部の退職教員を送る会。24日には卒業式と謝恩会。毎年の行事だが何だか知らないが毎回体調が悪くなってしまう。横浜駅東口で開かれた謝恩会には木下長宏さんも顔を出していて、終わった後、唐ゼミの中野と椎野を呼び出して中華街善隣門近くの「馬さんの店」で二次会をした。そこになぜか2年前に卒業したゼミ生が顔を出したりして、結局はタクシー帰りになった。
 ところで、唐ゼミ★は春にテントで「お化け煙突物語」を公演する。まだ仮の日程ではあるが、一部に既に仮チラシが出ているのでここでも宣伝をしておきたい。
 まずは、4月26日(水)、27日(木)、28日(金)の三日間は大学内でプレ公演。連休中の5月3日(水)、4日(木)、5日(金)は東京・東向島の「新東京タワー予定地」でのテント公演。浅草に近く、東武の業平橋駅や半蔵門線の押上駅から近い。一週間空いて、5月19日(金)、20日(土)、21日(日)には横浜・吉浜町公園。ここはJR石川町駅裏で駅からは徒歩2分。大学公演だけは、前売1000円、当日1500円、他は前売2000円、当日2500円となる。チケットの予約開始は4月5日の予定。新国立劇場公演の後ということで、相当気合いの入った作品になることが期待される。詳しくは劇団唐ゼミ★サイトへ。
 一方、唐組の春公演「紙芝居の絵の町で」は関西公演から戻る5月6日、7日の花園公演を皮切りに、5月19-21日の水戸公演を挟んで(ここが完全に唐ゼミ★とバッティングしている)、6月18日まで花園・雑司ケ谷鬼子母神で土日に公演があります。こちらには、このところ毎回恒例化している唐ゼミ★からの客演に、新堀航が参加しています。さらには、昨年関わることになった三枝健起さん演出、高橋康夫さんプロデュースでRUPも制作に入っている「秘密の花園」が、4月15日から30日まで北千住のシアター1010で行われます。98、99年に唐組も上演しているこの80年代最高傑作の戯曲に、唐十郎がさらに筆を入れ、三田佳子、大澄賢也、松田洋治らに加え、大久保鷹、金守珍、十貫寺梅軒といった旧状況劇場メンバー、さらには唐さんの愛娘大鶴美仁音まで出演するという最強の陣容で、これも現在稽古中。
 まだまだそれから先も唐十郎作品の上演が続いていくと思われますが、とりあえず春シーズンはこの3本。どれも楽しみです。そう、さらには岩波書店から『教室を路地に!』に加えて唐さんのエッセー集『劇的痙攣』、河出書房新社からはシリーズ「道の手帖」の一冊として『唐十郎 紅テント・ルネッサンス!』(仮題)が、右文書院からは新宿梁山泊の紹介も含めた戯曲『風のほこり』が、それぞれ公演に合わせて出版されます。河出本には唐ゼミ★の中野やぼくも文章を寄せています。そういえば今月号の『悲劇喜劇』(早川書房)にも文章を書きました。来月頭までは書店に置いてあると思います。

« パパ・タラフマラの「三人姉妹」 | トップページ | 新学期の始まり »

「唐ゼミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/9253221

この記事へのトラックバック一覧です: 唐ゼミ★の公演予定など:

« パパ・タラフマラの「三人姉妹」 | トップページ | 新学期の始まり »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30