« 劇団唐ゼミ★第9回公演「お化け煙突物語」開幕! | トップページ | 波瀾万丈!「お化け煙突物語」東京公演 »

2006.05.01

「秘密の花園」千秋楽と唐ゼミ★東京公演場所

 30日。28日(金)に大学公演を終えテントをバラし、積み込み、移動を終えた唐ゼミ★の東京公演の場所に。押上駅と業平橋駅の間の空き地を訪れる。距離的には業平橋駅が少し近いが、電車の本数も少なく、地下鉄や東武、京成などが使える押上駅の方が何かと便利。運河沿いに歩くとこんな場所がある(唐ゼミ★のゼミログから借用)。0430_1この辺りに2011年になると600メートルという途方もない高さの新東京タワーができるらしい。うーん、これってどんなものなのだろうか。こちらは業平橋ホームからの眺め。Img045
 中央奥に作業用テントが見える。取り壊された建物の土台が沢山残ってはいるが、広々した感じでバックには線路も見えるし、なかなかの場所かもしれない。3日の初日が楽しみだ。
 そのまま、この日千秋楽を迎えるシアター1010の「秘密の花園」へ。昨夜神戸公演を終えたばかりの唐十郎、堀切直人さん、四谷シモンさん、安保由夫さん、佐野史郎さんなどが顔を出している。プロデュースの高橋康夫さん、菅野重郎さん、演出の三枝健起さんら、みんな無事に最後まで走り抜けた充実した表情をしている。この日はカーテンコールから金守珍さん、十貫寺梅軒さんあたりが場を仕切り、打ち上げでも旧状況劇場組が怪気炎を上げていたという感じ。6:00前からの宴会なので9:30過ぎのお開きの頃にはかなり出来上がってしまった。それぞれが二次会に分かれていったが家も遠いしギブアップして帰宅。高橋さんと三田さんは唐さんが台本を書き、安保さんが曲をつけた渥美清と三田さんが出演したNHKのドラマで知り合い結婚した。その高橋さんと一緒に唐さんのドラマを作り始めた三枝健起さん、旧状況劇場の面々と人生のいろいろな時間が交差する場所が作り出されているのが感慨深く、面白い。

« 劇団唐ゼミ★第9回公演「お化け煙突物語」開幕! | トップページ | 波瀾万丈!「お化け煙突物語」東京公演 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/9841531

この記事へのトラックバック一覧です: 「秘密の花園」千秋楽と唐ゼミ★東京公演場所:

« 劇団唐ゼミ★第9回公演「お化け煙突物語」開幕! | トップページ | 波瀾万丈!「お化け煙突物語」東京公演 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30