« いよいよ最終日 | トップページ | ローマ »

2006.07.26

さらばウルビノ

 最終日は結局、エミリオやアルイーザたちとウルビノへ。パイプオルガンのコンサートに行った。

 その前に全員で記念写真を撮ったりして、さんざん別れを惜しんだが、結局その大半はこのコンサートやその後の飲み会で再会することになった。

 パイオーニ教授は来年は呼ぶからねと言ってくれたが、どうなるか。来年は六月にフィンランドで国際記号学会があり、八月にトルコで国際美学会がある。その上に七月にイタリアとはなかなか難しいだろう。第一、ここも予算がなかなか維持できなくなっているらしくいつまで続けられるかわからないらしい。まあ、パイオーニの目の黒いうちは大丈夫だろうけど。ダーミッシュ夫妻はそのままウンベルト・エーコの山荘に向かったようだ。「ナガイと奥さんによろしく」と言っていた。

 さて、コンサートはちょうど、水戸芸術館にあるのと同じくらいのオルガンで、ルネサンス音楽を演奏する。ドイツの荘厳なオルガン演奏とは違って、軽やかでイタリアの青空が広がっていくような演奏だった。

 終わった後隣のオープンカフェでビールを飲んでいると、どんどん参加者が集まってくる。結局は打ち上げ飲み会。

 翌日は朝10:00のバスでウルビノへ。ペサロへ向かうエミリオたちを見送った後、再びドゥカーレ宮殿とかいろいろ時間をつぶし、15:00発のローマ行き長距離バスへ。直通と聞いていたのに、めちゃくちゃ色々なところに止まって時間がかかった。

 途中アッシジの横を通ったので撮影。

 7:40頃ローマに到着。ホテルを見つけるのに手間取り一時間近くかかってしまった。途中で遭遇した雷雨がローマにまで追っかけてきて、そのままバーでビールを飲んで就寝。残り物のメキシカン・チップス、チーズと唐ゼミ★の禿ちゃんからもらった佃煮を食べた。おいしかったよ。

 このホテルだが、インターネットができるはずで予約したのに、部屋では不可。結局は電話回線でアクセスしている。したがって、写真とかはまた後日。ネットでホテルを探しているのだが、どうも当てにならない。ここだって、部屋でASDL回線が使えるとはっきり書いてあるのにね。183953034_146
183953034_180

« いよいよ最終日 | トップページ | ローマ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/13007365

この記事へのトラックバック一覧です: さらばウルビノ:

« いよいよ最終日 | トップページ | ローマ »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31