« プラハから | トップページ | ワルシャワから »

2006.08.19

クラコフから

(写真は「マイフォト」のAugustInEuropeにいくつかuploadされています。)

その1

クラコフについた。プラハから、長距離列車の旅。またしても遅れで乗換に手間取る。
今回予約したホテルはちょっと失敗で、中心部から4kmもはなれている。ただし、とても安くて豪華。プールやサウナまである。

宣伝では各部屋でPCでインターネット使い放題とあったが、やっぱり英語とポーランド語のみ。日本語表示できず。まあそれでも旅情報の検索はできるけどね。

今日はレセプションで出会った、日本人夫とポーランド人妻のカップルに車で送ってもらいカフェで会話を楽しむ。中西さんという夫婦だが、アメリカでであい、西東京にすんで、英語で会話しているという。

クラコフは安全な街で、旧市街にこじんまりとすべてがおさまっている。町中のネットカフェも雰囲気がとてもいい。

それにしても、奥さんのシルヴィアが言っていたように、日本人観光客の姿はほとんど見かけない。

夕方には昨日電話した、K.インガルデンさんと会う予定。

ここでしばらくのんびりしてから、ワルシャワに月曜に移動する。

クラコフ2
夕べは、クシシュトフ インガルデンさんと飲んだ。哲学者のロマン インガルデンの孫で、お父さんも大学の物理の先生で、育ちの良さがにじみ出ている。年はぼくよりも三つ下だが、身なりも小奇麗で、若々しい。

東京のポーランド大使館や、去年の愛知万博のポーランド館をはじめ、クラコフでもたくさんの建物を手がけている。売れっ子である。

日本とのかかわりは古く、大学1年生の時に北海道から九州まで旅したり、礒崎新の事務所で働いたりしていたり、日本人の建築家にもくわしい。

中央市場広場の近くで、食事をして、再開発されて地元民に人気のユダヤ地区で、ウオツカを飲んだ。

今日は、"マンガ"美術館と王宮に。この"マンガ"は、漫画のことではなく、コレクターのニックネームで、中身は浮世絵や陶磁器、刀剣類のコレクションである。建物は礒崎新。外務大臣や国際交流基金の感謝場がたくさん張られているが、個人コレクションなのでこじんまりした感じ。

« プラハから | トップページ | ワルシャワから »

「旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/13007687

この記事へのトラックバック一覧です: クラコフから:

« プラハから | トップページ | ワルシャワから »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30