« クラコフから | トップページ | ベルリンから »

2006.08.24

ワルシャワから

クラコフからワルシャワへ
ワルシャワについた。高速列車で2時間45分。

しかし駅前がだだっ広いだけでさびしい。車や人は多いんだけど、まだまだ濃厚に社会主義のにおいを残している。クラコフが旧市街はしっとりしていただけにギャップが大きい。

ホテルは駅前にある31階建てのNOVOTEL。本来はとても高いのだろうけど、ネットで安くとれた。部屋は30階でキングサイズのベッド。ひさびさにバスタブもある。

しかしこまったことに無線LANのあるところで使っていたWZEROー3の中身が壊れて接続できなくなった。ネットカフェに頼るしかない。幸いここでもものすごく安いネットカフェがすぐ見つかったのでこうしてつないでいるけど。

ここでぷらぷらしてから、 ベルリン、ミュンヘンを回りそれからリンツのメディアアートの祭典アルスエレクトリカだ。そこでは一週間以上のんびりする予定。日本人も多いだろうしね。

クラコフで泊まった郊外もそうだが、なんとなく日本の70年代初頭の新興住宅地のようなにおいがする。資本主義が急速になだれ込みさまざまな社会的なきしみがそこここに見られる。


コメント コメントを書く

2006年08月22日
09:03

SVP222
WZERO-3の中身が壊れてしまったということは具体的にはどういうことでしょうか?
ぼくもWindowsmobile5をつかっています。
2006年08月22日
21:27

ash
何度か再起動したら、中身のファイルがいくつか壊れてしまったんだよね。
この場合重要なのはInternetExplorerが使えなくなったことだ。有料の無線LANサービスの場合ウェブのパスワードで使えるようになるのだが、Operaではこの認証ができないのだ。

直すチャンスとしては完全無料のWifiの時にExpxorer戻すしかないのでは?
昔のbackupファイルもしっかり壊れているしね。
2006年08月23日
16:15

ash
ネットカフェでいろいろ調べて初期化したら使えるようになった。いくつかファイルは消えたけど。
というわけでうまく行きました。
Wzero-3は本当いいマシンだよね。またこの不完全なところがいい。

ワルシャワの印象
駅前の文化科学宮殿は50年代にスターリンのプレゼントということで、建てられたそうだ。ちかくには社会主義時代の無愛想な高層住宅が何棟かと、最近建てられた高層のホテルやビルが景観を無視して立てられている。

要するにソヴィエトとアメリカの両方がしたい放題した結果が、この駅前なのだ。

僕の泊まっているNovotelもそうとう変な建物である。30階の僕の部屋の正面に文化科学宮殿が立ってる。なんだか、上の方は新宿南口タイムズスクエアの時計に似ているなあ。

ワルシャワは何しろほとんど焼けてしまっているので、訪れた旧市街や城壁はすべて再現されたもので、規模も小さい。要するにハウステンボスとあまり変わらない。なんとなくばらばらな印象がする街だが、東京や横浜に似ていなくもない。

加須屋さんご推薦の現代美術館ザヘンタギャラリーを見学。写真と映像の展覧会をやっていた。どこでも一緒だ。

ほかに観光客らしくショパン博物館も。

それにしてもここは寒くて、部屋の中でも夜は暖房が欲しいくらいだ。セーター着ている。

ワルシャワ3
毎日30階の部屋から前に広がる広大な駅前と文化化学宮殿を見ながら暮らした。クラコフも入れるともう一週間以上もポーランドに居たことになる。正直そんなに見るべきものがあるわけでもない。ショパンにしてもそうだがヨーロッパの周縁で中央で認められるしかない。そして背後にはずっとロシアが控えている。

今日行った国立美術館の巨大な建物の半分は軍事博物館になっていて、庭には百台ほどの本物の戦車、戦闘機、ヘリコプター、高射砲などが並べられている。ここは警備も軍人がやっているからリアリティがある。

町全体が軍事仕様なのだ。とても300万人ちかくが住んでいる街とはおもえない。暗くなると駅前の人通りもすくなくなる。それでもなぜか24時間営業の店が多いし、繁華街では異常な数のチラシ撒きの若い人たちが群がり、ほかの東欧の街同様、子供を抱いた乞食や、タバコをねだってくる浮浪者が多い。

そうだ。タバコといえばドイツに行く前にまとめ買いしとかなくては。ここは日本よりちょい安いくらいか。ハンガリーはもっと安かった。ドイツやフランスでは約2−3倍になる。

ブランドショップはまだ少なく、商店の品ぞろえもまだ地味だ。結局プラハが一番資本主義が浸透していた感じだ。今後この地域はどうなっていくのだろうか。ここよりも遅れているルーマニアやウクライナから移民が流入しているようだし、さまざまな社会不安の要因に満ちている。

そういえば明日行くベルリンも91年に行ったときには壁が壊れた直後で東側は閑散としていたがどうなっているのだろうか? あそこも東京みたいな街なので、2泊で、まだ行ったことのなかったミュンヘンに焦点を絞ったが、東ベルリンの変貌が気になる。

« クラコフから | トップページ | ベルリンから »

「旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/13007756

この記事へのトラックバック一覧です: ワルシャワから:

« クラコフから | トップページ | ベルリンから »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30