« いくつか告知 | トップページ | 日記を統合 »

2006.11.27

韓国遠征

 劇団唐ゼミ★と一緒に韓国に行って、今日帰ってきました。

 今年の一月に全州大学演劇科公演「春風の妻」のお世話をさせてもらったそのお返しということで、予算も時間も足りなかったために本公演ではありませんが仮舞台と仮照明で唐ゼミ★の「ユニコン物語」の短縮版を見てもらうことになったのです。

 22日昼に羽田を出発して、ソウル金浦空港へ。メンバーの中にはこれが初海外旅行という者も沢山居ました。金浦からは全州大学から迎えに来てくれたバスに乗って4時間かけて全州へ。朴炳棹教授はじめなつかしい顔が沢山揃って、ぼくたちを迎えてくれました。その日は歓迎パーティ。学内の宿舎は新しくきれいで何よりも部屋が広い。独り部屋のぼくの部屋が二次会ルームということになって、結局滞在中この部屋で毎日1時、2時まで宴会ということになりました。食事も学生たちが用意してくれ、酒も豊富。とにかく外国からのお客さんを手厚くもてなそうという心で、過剰な程に面倒を見てもらいました。全州名物のビビンパや韓定食、もやしスープなど、食事はどれも驚く程のおいしさで、食べきれない程の量を提供してくれました。日本で僕たちがしたことの10倍は返してもらった気がします。

 23日は舞台や照明の仕込みをしながら、夕方は全州大学の卒業公演、ゴーリキーの「どん底」を見て、全州の町に繰り出してまた飲み会。24日は朝からテクリハ、午後はゲネプロと本番。本番が終わった後はシンポジウムとお客さんを交えた飲み会。大半のメンバーは全州大学の学生たちと朝4:00のバス出発の時間まで飲み会。あんなに学生ノリで飲み食いして楽しそうに酔っている連中は初めて見た。

 公演は段ボールのパネルと裸電球にアルミホイールを巻いた照明という原始的なものでしたが、好評でした。大学の総長や学部長も来てくれて喜んでくれたし、全州の演劇関係者も招待してくれて、知的な反応が沢山返って来て良かったと思います。また、通訳でついてきた留学生の朴淵成(パク・ヨンソン)が素晴らしい働きをしてくれて、もともと日本の観客より反応のいい韓国人のお客さんたちは笑ったり、泣いたり、全く退屈することなく舞台を見てくれてとても良かった。韓国側の学生たちも外国人のお客さんをもてなそうという心がとても深くて、うちのメンバーたちはとても楽しい思いをしたことだろうと思う。
Dsc07163
 もちろん、裏ではもっと色々と複雑なことがありました。ぼくと朴炳棹さん、中野敦之は毎晩かなりディープでホットな議論をしていました。時には意見が食い違って論争になることも度々あった。文化の違いや演劇観の違いはけっして小さな壁ではないという部分もあります。それでも彼らの心とぼくたちの志とが基本的には通じ合うことができたのではないかと思う。今後この関係がどう育っていくかということは今回訪問したメンバーたちと話し合ってみないことにはまだ分からない。じっくり時間をかけて整理しなくてはならないことが沢山あります。

 みんなが帰った後は、ヨンソンと中野、椎野と僕だけが残って、25日は全州観光。いろいろな珍しい場所に連れて行ってもらい、また全州名物のもやしクッパをはじめ珍しい食べ物をごちそうしてもらいました。また、夜にはパンソリを用いた伝統ミュージカル公演にも連れて行ってもらいました。26日には朴炳棹さんたちに見送られて高速バスでソウルへ。孫振策さんがやっている体育館を円形劇場に改造したマダン劇を鑑賞。あらかじめ紹介してもらっていたためとても親切に話をしてくれました。西堂行人さんの「韓国演劇への旅」などで勉強はしたものの、改めて韓国の「伝統演劇」の特異性にびっくり。まさしく「イタリア喜劇」(コメッディア・デラルテ)と一緒で、主要なキャラクターは「春風の妻」を含めて、ぼくたちが見た三本は全部同じなのです。また、前日に全州で見た作品とソウルで見た作品は、ストーリーというか話の構造そのものも全く同一だった。それが演出や音楽や役者によって全く違ってくるということがとてもよく分かりました。「春風の妻」の時には分からなかった韓国の現代伝統演劇の特殊な形がよく分かってきた。とても不思議な演劇ジャンルだと思います。

 その日はヨンソンに鐘路に連れて行ってもらい、焼肉を食べた後マッコリを相当飲んだ後、さらにホテルで椎野たちと朝三時まで語り合い、明日の朝まで残る彼らとは違って僕にとっての最終日だった今日は、二日酔いと寝不足で頭がガンガンする中、新村にある劇場に洪元基(ホン・ウォンギ)さんに会いに行った。稽古中の中とても親切に3時間近くつきあってもらい、韓国の状況についていろいろ伺うことができたが、驚いたのは稽古場の下にあるカフェ「スッカラ」は、バッタの本を出してもらった郭充良さんのアートンが経営する店だったこと。まるで青山か西麻布のようなおしゃれな町を案内してもらった。まだまだ一部しか見えてこないが、韓国の演劇人たちと実際に話すことができ、また彼らの公演に触れることができて、僕もいろいろ勉強になったし、中野、椎野、ヨンソンそれぞれ毎日大きな刺激を受けたことだと思う。これが彼らの今後の活動にどうつながっていくのか、それはとても楽しみではあります。
Dsc07210
 韓国を見ることは、ある意味で日本を見直すことでもある。ローカルな文化とグローバルな状況の関わりや、歴史的で偶然的な状況と普遍的で共通な問題との関わりなど、いろいろと考えさせられることの多い旅だった。

« いくつか告知 | トップページ | 日記を統合 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/12850605

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国遠征:

« いくつか告知 | トップページ | 日記を統合 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31