« 歳末 | トップページ | 新年 »

2006.12.26

歳末2

 韓国行きで美味しいもの攻めにあって、すっかり治ったと思っていた風邪がまたぶりかえしてきて、体調最悪な一週間だった。
 19日(火)には「バッタ本」を出してもらった出版社アートンの忘年会パーティへ。渋谷道玄坂のEスペースタワーの15F。賑やかで派手なパーティだったが、たまたまいらしていた李麗仙さんと言葉を交わす。アートンからやはり本を出しているのだ。まさしく思っていた通りの方で、一緒にいた椎野裕美子と共に圧倒される。こんなことでもなかったら話を交わすことはなかったろうが、これも一種のめぐりあわせだ。
 水曜は教授会。大里俊晴君の教授昇任が決まり講座メンバー全員でシャンペンを開けてお祝い。まだ、ぼくの時よりは一回少ないけど‥‥それでも、良かった。
 木曜は授業の最終日。本部に韓国の報告に行ったり、ゼミ面接で大量に二年生がおしかけてきて疲れる。
 唐さんと行き違いになるのでどうしようかと思った近畿大学の実習公演「少女都市からの呼び声」。歳末のミナミの賑わいも見てみたいと思って、地下鉄日本橋駅そばの近畿大学会館にいったが、風邪で苦しかった。西堂行人さん、松本修さんと久々に顔を合わす。
 金曜の晩に見た「わた雪組」は、若さが先走りややバランスの悪い出来だったが、土曜昼の「ぼたん雪組」は、とりわけ雪子、フランケ、田口役の気迫が漲り、端役まで神経の行き届いたなかなかの舞台だった。20歳前後の若い役者はまだ個性が開花するまでにはいかないものの、必死の気迫でこの一幕物を全力疾走で演じきり、満員の客席を引き込んでいた。前日に松本修さんと二人で深夜まで話し込み、土曜日も昼から駆けつけた唐ゼミ★の中野を交えて話したが、まだ目鼻立ちもはっきりしていないような白面の若者たちが唐十郎の戯曲と台詞に引き込まれて、血が沸き立つような姿を見られるのは楽しい。「授業」の枠をいかにはみ出してそのパワーを解放して行けるのか。大学でしか出来ないことは必ずあるはずだ、という思いを新たにした。
 もちろん、これに魅力的な役者の個性的な演技や置き換えのきかない佇まいのようなものが加わってくれば、さらに言うことはないのだが、演出を乗り越えて戯曲と若者の身体がシンクロするようなこういうドライブ感にはめったに出会えない。
 体調が戻らないまま、今日は唐組の忘年会。天気も悪いし、余り遅くならないようにしよう。

« 歳末 | トップページ | 新年 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/13206028

この記事へのトラックバック一覧です: 歳末2:

« 歳末 | トップページ | 新年 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31