« 渋谷と下北 | トップページ | 上映会終了 »

2007.02.24

学生映画上映会、面白いかも!?

 27日(火曜日)の午前11:00から13:00くらいの間、シネマアートン下北沢でショートムービーの上映会をやります。もちろん入場は無料です。


横浜国立大学教育人間科学部
三枝健起監督担当授業「舞台芸術論C」
ショームービー上映会

2月27日(火)午前11:00−13:20

10分間の休憩を挟んで、前半3本、後半2本上映(各編約20分)。ラストに監督のトーク有。

シネマアートン下北沢(すずなり横丁)

 これは映像作家の三枝健起さんにお願いしている「舞台芸術論C」という授業の課題制作で、五組が同じシナリオをベースに約20分間のショートムービーを制作したものなのですが、とにかくこれをただの授業での課題制作にはしたくなかった。

 唐さんの後任人事が凍結されているので、通年の「舞台芸術論A/B」を唐組の久保井研君に、そしてもう一コマ分の「舞台芸術論C」を三枝健起さんにお願いしているわけで、せっかく大学人ではなく現場の人に来てもらっているので、単なる「実技」の授業ではなく、学生たちが自分たちの限界を超え出せるようなものにしたいと毎年色々頭を悩ませている(元々うちの学科は実技授業はやらないカリキュラムなので、スペシャルなプログラムだとして位置づけたいのだ)。

 前に書いたように久保井君のところは、去年は「少女都市からの呼び声」の一幕だけを旧唐研究室の小舞台でやった。唐さんも見に来るというぴりぴりした緊張感の中で、ほとんど演じるのが初めての学生たちが自分たちで練習を重ねて若々しいチームワークを見せてくれてそこそこ良かった。三枝さんは毎週来てくれて、二本のショートムービーを学生たちに撮らせて学内で上映会をやった。それなりに良かったが、まだ普通の実技授業の課題制作の域を超え出ることはなかった。

 良くないのは、それなりに演劇や映画に関心をもっていて、自分たちなりに既にそれらに手をつけている学生たちが集まって来てしまうことである。彼らの中にはそれらの表現についての先入観というか、枠組みが既に出来上がってしまっており、それだけに「こんなもんでいいんだ」「この位できれば充分だ」というような思い込みがある。その思い込みを捨てさせなければ限界を超えることなどはできっこないのだが、その辺りがなかなか難しい。

 久保井授業では三日月座という学内演劇サークルから半数以上が参加したため、発表会自体も彼らのレベルに合わせたものになってしまった。「愛の乞食」の2/3ほどの試演会をしたのだが、上演台本を作っておきながら戯曲の最後まで読んでいない参加者が余りにも多いのに驚いた。集客さえも中途半端な課題発表で全力を出し切れていない彼らに、もう一度自分たちで最後までやりきって、四月に新入生たちに見せるつもりはないかと挑発したのだが、4月や5月にはサークルの予定があるのでと軽く断られてしまった。こんな傑作を上演できる機会なんてもうないかもしれないのに、何てやる気と根性の無い奴らだと腹を立てていたところ、就活に疲れた三年生の一人が自分だけでも絶対にやりたいと言ってきて、新たにメンバーを募り始めた。いま、四月に唐ゼミ☆のテントを借りてやる方向で動いている。こういうのには全力をあげて協力していきたいと思うし、どうせなら関わった者が一生忘れられないような「事件」にしてみたいと思う。

 一方の三枝さんの方は、昨年度は慣れない授業でお互いに不本意だったということで、今年は集中講義にしてみた。学生たちに共通のシナリオを作らせ、カット割り、絵コンテ作りの作業をさせながら、二月頭の集中講義に臨んだ。初日は絵コンテのプレゼンを行い、二日目は各チームの撮影現場を三枝さんが回って助言をするという形で二日間を過ごし、それから三週間の製作期間を取って、今回は学外の会場で上映会を開くということにしてみたのだ。

 三十人程が、既に自主映画を撮っている者を中心にして集まり、五本の作品をもちよった。だが、集中講義の時点でさまざまな問題が生じていた。まず、絵コンテを作る意味がよく分かっていない。学生映画は現場合わせで絵作りをすることも多く、あらかじめ全体構造を作っておくことに慣れていない。また、せっかく作ってもそれがスタッフには行き渡っていないことも多く、結局撮影現場でも監督とカメラマンだけが動いていることになってしまう。せっかく集団で制作するのに、スタッフがただ言いつけられたことをやるお手伝いだけの存在になってしまうのだ。

 いまや性能のいいデジタル・ビデオカメラを使えば、照明なんてなくてもそれなりの映像は簡単に撮れるし、パソコンで編集をするので人数や時間もいらない。映画なんて誰でもそれなりに撮れるのだ。必然的に監督担当の学生の個人的スタイルばかりが突出して、普通の学生映画と何も変わらなくなってしまう。

 そのことに気づいてから、僕の介入が始まり、まずシネマアートンでやるからには、これまでとは違うんだと、チラシ作りから宣伝までやらせるようにした。またメールではなく対面でのスタッフミーティングをやって、全員の士気を高めるように指示した。上映会ギリギリまでに完成すればいいんだと思い込んでいた彼らに19日にスタッフ全員向けのラッシュ上映を命じ、自分の映画の試写会等で多忙の三枝さんにまで来てもらって、作りかけの作品に全員の手厳しい批評を向けさせた。この試写会で学生全員が他のチームの作品がどういうものかを理解し、また三枝さんから手厳しい批判をもらいショックを受ける監督担当の学生が出たりして、その後の彼らはなかなか面白かった。試写会の前から寝る間もなく仕事してきた彼らはまた徹夜の夜を何度も過ごした。出来上がったものを見ても、絵コンテと関係なく現場で変更したり、カット割りの少ない長回しを多用したりと、授業の趣旨が全く学生たちに浸透していなかったことはよく分かったので、僕たちも反省した。

 映画館では映写技師さんが上映をするので前もってテープを渡して欲しいと言われていたので、22日の木曜日が作品提出締切。23日に直接劇場と三枝さんに手渡しで持って行くことになっていた。結局2チームが23日の早朝まで提出が遅れ、担当の学生は大学で夜を明かした。ほとんどのチームが19日からの3日間で大幅な手直しをしていた。編集はもちろん、新たなシーンを撮影したり、見たことのない役者役が5,6人も新たに付け加えられた作品もあった。元々あったシナリオを原型を留めないまで崩してしまったものもあり、これは最初からなのだがほとんど「翻案」と言っていい程、全く違う話にしてしまったチームもある。

 いろいろな反省点もあったが、それなりの手応えも感じることができた。また「愛の乞食」の件や、別に学生たちが進めているフリーペーパーの企画の件もあるし、いい方向に結びついて行けばいいと思っている。学生がやっていることだからと言って、彼らの勝手にはさせない。大人がうまく介入することによって、それが面白くなれるのなら大人たちはどんどん口を出すべきだし、大人だけでも学生だけでもできないことができるようになるはずだと僕は未だに思っている。

 このプロセスを多少なりとも知っている者には、この五本はかなり面白い作品になっていると思う。また、全く知らない人にも少なくとも後半の二本は相当インパクトがあるはずだ。納品用のビデオを見て、僕自身が相当面白かったので、実は迷ったのだが、こうして上映会前にblogに書いている。

 うちの学生をはじめ、これまでのプロセスを多少とも知っている者は、是非27日に下北沢に来て下さい。ただの学生映画上映会とは一味違っているはずです。

« 渋谷と下北 | トップページ | 上映会終了 »

「大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/14031434

この記事へのトラックバック一覧です: 学生映画上映会、面白いかも!?:

« 渋谷と下北 | トップページ | 上映会終了 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30