« 帰国した。 | トップページ | 池袋西口公園での「鐵假面」終了 »

2007.06.28

劇団唐ゼミ☆『鐵假面』始まる

 『鐵假面』は72年秋、名作『二都物語』と『ベンガルの虎』、そして『盲導犬』に挟まる時期に、上野不忍池で初演されている。それから35年間、一度も再演されたことはない。

 『鐵假面』は新潮社から『二都物語/鐵假面』という一冊の本になっている。以前、唐ゼミ☆の中野敦之が「二都物語」をやってみたいと唐さんにお願いしたことがあった。長いこと待った末に「やっぱり、やれないよ。あれは李のものだから」というのが返事だった。そう言えば年末に李麗仙さんとお話しした時にも、「二都は特別だから、再演は許せない。やるなら私たちが死んでから50年くらいしてからにして欲しい」というようなことを言われた。どこかで無許可でやってしまった学生劇団もあるのかもしれないが、そういうわけで少なくとも唐ゼミ☆に関しては封印されてしまった「二都物語」の代わりに中野が目をつけたのが同じ本に入っている『鐵假面』だったのだ。とりわけ、姉妹が出てくることに惹かれた。椎野裕美子と禿恵という対照的な二人の看板女優を持つ唐ゼミ☆ではあるが、なかなかこの二人ともに魅力的な役のある戯曲となると難しい。初演では李さんと田口いく子さんがやったこの姉妹をやらせてみたいということ。そして、72年という唐十郎が最もエネルギッシュだった時期の荒々しくも豊穣な言語空間に触れてみたいというのが理由だった。

 ところが、これにもなかなかいい返事がもらえなかった。悪い思い出しかない、と言うのである。それと「怖すぎる」。何しろ、生首をボストンバッグに入れて逃亡する話だし、最後にはヒロインが残酷な殺され方をする。この時には、天幕だけ張った野外劇だったので、屋台崩しもないし、何しろ観客論をやるということで、一幕の途中までは本物の公衆便所でやった後、客がぞろぞろ舞台に移動するというような一種の異化効果を狙ったものだった。とにかく唐さんには失敗作というような悪いイメージしかないらしい。だが、実際に関わった人、例えば大久保鷹さんなどは『鐵假面』に強い思い入れを持っており、実際新宿梁山泊で再演したいという話もあった。また扇田昭彦さんも『鐵假面』を高く評価していて、その劇評が『唐十郎の劇世界』にも収録されている。

 そんなことがあったからだろうか、一月の山中湖で中野がもう一度『鐵假面』をやらせて下さいと頼んだら、唐さんはようやく許してくれた。そんな経緯があったのである。

 そこで川崎市民ミュージアム前広場で先週末上演された劇団唐ゼミ☆の『鐵假面』。

 場所柄を考えて普通より一時間早い6時開演としたため、一幕は照明が効かずやや散漫にはなるも、素晴らしい幕開けを迎えた。ゲネプロ、初日、二日目と中野と一緒に議論しながらもの凄い勢いで演出を変えて行ったが、二日目で何かが見えてきたように思われる。初日に来てくれ大絶賛してくれた唐さんの話からも沢山のものを頂いた。

 これは、唐ゼミ☆史上最高傑作になりそうな予感がする。

 絶対に見逃さないで下さい。おそらくは二度、三度、四度見ても飽きることの無い大傑作です。

 思った通り、椎野と禿の掛け合いのドライブ感が凄いし、初演で大久保鷹が演じた満州帰りの叔父をやっている杉山雄樹、彼もまた群を抜いていい。久々に椎野と組む土岐泰章の純粋なひたむきさも悪くない。他の役者たちもその後を追い上げており、これから池袋、関内とどんどん調子を上げて行くことだろう。また10月にはこのまま京都公演に突入していくことが予定されている。燃え上がる夏秋のテント公演の行方が楽しみだ。

 鐵假面とは「顔の無い民衆」のことだと扇田さんは書いている。それは民衆の「無名性」を指しているばかりではなく、仮面を外しても顔が無い、のっぺらぼうの大衆のことをも指している。乞食から兵隊や大会社の社員まで、民衆は時代と状況に流され、ころころと変質し、どんなことでもやってしまう信用のならない「群れ」である。その彼らの仮面の下には何があるのか? そこにはまた、いつももう一つの仮面があるにすぎない。大衆にはいつも「表層」しか存在しないのだ。キャバレーを渡り歩く「姉妹」もまたそういう民衆そのものである。だが、彼らは「犯罪」というパスポートによってそこを垂直に切り開く裂け目を作り出していく。切り取った首をボストンバッグにいれた旅がそれだ。それが地獄巡りとしての「森」のエピソードとして語られる。水平な大衆論では見えては来ない、大衆の根源的な生命力が、歴史とノスタルジーの闇と猥雑な現実を、まるで鋭いナイフのように切り裂いていく瞬間をどのように作り出すかというのが演出上の最も決定的な問題なのである。そして、中野敦之は川崎の二日間でその答えをどうやら発見したらしい。

 そんなわけで、リハーサル代わりの大学学内公演2日間を経て、唐ゼミ☆はこの作品を抱えて池袋ウェスト・ゲート・パークに進出し、そしてそのまま秋まで駆け抜けて行く。それはひとつの「事件」となることだろう。

« 帰国した。 | トップページ | 池袋西口公園での「鐵假面」終了 »

「唐ゼミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/15580210

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団唐ゼミ☆『鐵假面』始まる:

« 帰国した。 | トップページ | 池袋西口公園での「鐵假面」終了 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30