« 美学会@札幌、他 | トップページ | 研究室に戻る »

2007.10.23

唐ゼミ☆京都公演終わる

 19日から3日間の公演につきあって、毎晩夜遅くまでつきあい、月曜の早朝新幹線で文部科学省の会議に何とか間に合うというきつい日程だったが、行けて良かった。東京から来て頂いた方や、神戸、大阪は勿論、遠く福井、金沢、長野、名古屋などからも沢山の観客に見に来て頂いた。感激したのは、初日に嶋本昭三さんが見にきてくれたことだ。冷たい雨と京都の底冷えにさすがに途中で退席されてしまったが、80歳の巨匠がわざわざ芦屋から足を運んでくれたのがうれしい。開演前に久々に近況を伺うことができた。その他、京大吉岡研究室の面々にはとてもお世話になったし、京都精華大学の島本浣さんや佐藤守弘君、名古屋大の秋庭史典君、神戸大の前川修君ら札幌美学会で出会った友人が沢山の若い仲間を連れて来てくれた。ほかにも沢山‥‥。

 これだけ来てもらえて、中野敦之とずっと議論してきた新しいエンディングを見て頂くことができて良かった。実は「鐵假面」には二つのテキストがある。72年の公演前に文芸誌『海』に掲載されたバージョンと、単行本、そして「全作品集」に掲載されたバージョンであり、この二つは全く違ったエンディングを持っている。具体的には、前者ではタタミ屋はスイ子を突き刺し、後者では味代を刺す。台詞も多少違っている。これまでは作者の最終校定版を尊重してきたが、京都では「海」版を試みてみたのである。というのも、ジブリの森でエンディングの型が一通りの完成を迎えたと判断したからだ。初日に、完全な「海」版をやってみた後、またまた議論して二日目、三日目にはやや説明的すぎると思われた台詞だけを元に戻したハイブリッド版をやってみたが、これが思っていた以上に素晴らしい出来だった。見てもらった人たちにも大きな衝撃を与えることができたと思っている。

 ほんと、事件的演劇ではなくて、演劇的事件というような意味では、これ以上に面白い演劇なんて滅多にお目にかかれないんじゃないかと思う。

 それにしても、「鐵假面」のこの最後の数分間は、数ある唐作品の中でも高密度の驚くべきラストなのではないかと思う。20回近くやった公演の中で時には日替りで変えながらも全く飽きることがなかった。

 てなことを書いている間に、中野から無事横浜に到着したという電話があった。この半年間、唐ゼミ☆という集団にもいろいろな変化があったが、その多くが大きな成長を果たしたと思う。

 京都ではちょうど同時に公演中だったパレスチナ・キャラバンから大久保鷹さんが一晩合流してきてぼくたちの宿舎に泊まっていったりした。あちらは別な意味で大変そうである。大久保さんを迎えに行く時に、おそらく30年近くぶりに西部講堂の中に入った。色々な意味で複雑な気持ちになる。071021164946

« 美学会@札幌、他 | トップページ | 研究室に戻る »

「唐ゼミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/16850518

この記事へのトラックバック一覧です: 唐ゼミ☆京都公演終わる:

« 美学会@札幌、他 | トップページ | 研究室に戻る »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30