« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009.03.28

別れの季節

 定年で職場を去る人たち、卒業していく学生たち−−この時期はいろいろな人との別れがある。毎年繰り返していても、それなりにいろいろな思いがわき起こりメランコリックな気持ちになる。

 今年の場合、それに加えて14年間一緒に暮らしてきた飼い猫の死に立ち会わなくてはならなかった。

 1994年に大学の美術棟の周辺をうろついていた黒いさび色の子猫。人懐っこく、ただし喉を鳴らすこともなく、ただボーッとしているような猫を、いろいろな経緯があって家で飼うようになったのが95年の1月。
 それからずっとこの猫は家に居た。二日以上家を空けるわけにいかず、大阪に長逗留するときとかはそのまま車に積んで連れていった。どんな環境も受け入れ、けっして騒がず、自分の関心の外のことにはほとんど無反応でいる猫で、空気のように家にとけ込んでいた。

 その猫の下あごにしこりができて、扁平上皮がんの診断を受け、末期で手の施しようがないと宣告されたのが去年の10月。がんが広がって食べ物が摂れなくなり、一二週間で死ぬでしょうと言われたのを、最初は新年を迎えるまで、その次は誕生日がよく分からないので仮の誕生日にしていた2月22日の「猫の日」まで、それを生き延びた時には3月24日のぼくの誕生日までと目標を定めて介護してきた。何度も死にかけていたのを、これまた何度も復活を遂げ、全体的には体力がどんどん落ちていき、ミイラのように痩せてしまったのだが、24日の晩に、誕生日ということで買ってきた鰻とまぐろをすり潰した餌を、注射器からではあるがおいしそうに食べた後、そのまま死んでいった。

 体温が極度に下がっていたので、ドライアーをかけて暖めようとしたら、急にカッと目を見開いて、四肢を意外なほどの強い力で動かし宙を掻き、何とも形容しがたいような鳴声を挙げてから、そのまますぐに途絶えた。「断末魔」というのは本当にあるのだなあということがわかった。その後は要するにコンセントを抜かれた機械のような脱け殻が残り、最初はぐったりとしているが、小一時間もすると硬直してきて、今度は剥製のように変わる。それを土の中に埋めると、今度は地中のバクテリアが分解して、きれいに土に還っていく。小さいながらに、生き物としてのサイクルを全うしてくれているような気がして、別れは悲しいが、いろいろなことを教えてくれた。

 さて、それから卒業式。もう来週は四月だ。これまた毎年のことではあるが、桜が咲き、新しい出会いが生まれる。桜の木には毎年同じ花が咲き、すぐに散っていく。それもサイクルなのであるが、同じ花であって、それでいて同じ花は二度と咲かない。この川を流れる水のような、差異と反復の繰り返しの中に、ぼくたちの生き物としての生があるのだ。

2009.03.10

今年の国際記号学会はコルーニャで開催されます

 フィンランドでの第九回国際記号学会があったのは、2007年。

 それから2年後の今年はスペイン。本当は3,4年置きだったはずなのに今年早くも開催される第十回の国際会議。

 公式websiteは、
http://www.semio2009.org

 副会長になったJose Maria Paz Gagoは、まるで「カルメン」に出てくるホセのような色男。俺は女好きだけど、それはスペイン人だから仕方ないんだ、というようなことを平気で言う軟派系学者なのだが、意外とてきぱきと仕事をしている。前回は彼がほとんど英語が話せないので、ぼくのかなりいい加減なフランス語で話をしていたのだが、国際学会の責任者になって英語を猛勉強したらしい。英語でメールが来た。

 それはいいのだが、一両日以内にラウンドテーブルの企画と参加者リストを作らなくてはならないことになった。というのは、彼に言わせると何度もメールをしたのに、ぼくからの返信がなかったからというのだ。英語ができない彼から直接メールが来るとは思っていなかったし、何しろ毎日数百通のスパムメールが届くので見落としていたのかもしれない。一応、前回頼まれて、この学会の学術委員というものになっているのだが、何も知らないうちに第一回目の登録締め切りが終了し、立派なウェプサイトとプログラムまでができあがっていたのには驚いた。しかも全部ネットで手続きができるようになっている。こんなに完璧な学会サイトを見るのは初めてだ。どうせスペインのことだからと少しなめていたのが間違いだった。登録の最終締め切りは四月二十日である。なんだか、日本よりもきちんとやっているではないか?

 ようやく連絡がついたのは、彼の秘書からポスターの送り先を尋ねてきたからだった。それに返事をして、Paz GAGOから何の連絡もないけどとこぼしたら、本人から返信が来て、二日以内にラウンドテーブルの企画と、お前の履歴を送れ。そしたら、ちゃんとプログラムに載せてやるという話。あわてていろんな人に相談した。

 そういえば、ここを読んでいる人にも宣伝しよう。国際記号学会は本当に世界中から変な人たちが集まってきて面白い学会だ。アメリカ人やイギリス人が少ないのもその特徴。しかも、今回はスペインの港町。整地サンチャゴ・デ・コンポステーラやポルトガルにも近い不思議な地方だ。これを逃す手はない。ということで、日本記号学会の会員じゃない人も誰でも参加できるので、来てみませんか? 発表締め切りは四月二十日だが、単に参加するだけならぎりぎりに決めても大丈夫。記号学会なので、文化に関することなら何でもOK。生命記号論や認知科学系のセッションもあり、哲学系のセッションもあり、芸術系・文学系のセッションもあり、何でもありです。公用語は英語・フランス語、スペイン語の三つ。

 かなり面白いし自由な学会なので、日本の学会発表に飽きた人は参加してみたらいかがでしょうか?
そう言えばまた10月にはメキシコであの「マスコミュニケーションと記号論学会」があるらしい。今回も招待状が来ている。なつかしいなあ。

定期更新?

 入試とかもあり、いろんな会議続きで忙しかったけど、一番面白かったのは2月28日にやった、劇団唐組・久保井研指導による「舞台芸術論B」の発表公演「少女都市からの呼び声」である。これは、2003年に唐ゼミが初めて学外公演を行った作品でもあり、近畿大学も二年前にやっている。今回も420教室を劇場に改装してヒロインだけを交代した二バージョンで行った。唐十郎は前日のゲネプロに来てくれて、「ギヤマン組」と「ビー玉組」と名前をつけてくれた。今年も去年に続いて、学生たちがなかなかがんばった。いい出来の公演だったと思う。それにうれしかったのは、近畿大学・唐十郎演劇塾からリーダー格の小林徳久君、中田有紀子さん、そして前回の「フランケ醜態」役をやった高坂君、前回の「少女仮面」の春日野八千代をやった久保田さんの四人が深夜バスで駆けつけてくれたことだ。

 彼らの「少女仮面」の素晴らしさは11月のエントリーに書いた通りであり3月28-29日にはフェスティバル・トーキョーの特別企画として池袋の東京芸術劇場で再演されることになっている。これは本当に素晴らしいので早めに予約してみんな行くべきだ。そう言えば、15日までは唐ゼミ☆の中野敦之がサーカス劇場の清末浩平と組んで上演している「カラス」もあるし、望月六郎とDogaDoga+が参加している「桜SAKURAサクラ」もある。ので、なかなか忙しい。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31