« 追悼:大里俊晴君のこと | トップページ | 故・大里俊晴さん追悼イベントのご案内 »

2009.11.27

冷たい雨(追悼・大里俊晴君-2)

 19日に北仲スクールのブレオープン・イベントがあった。その準備でばたばたしている頃、大里君の通夜の準備も同時進行で進めてきた。

 19日のお通夜には300人もの人々が溢れ、雨の中外には長い行列ができたらしい。その多くは大学関係者と卒業生・在学生たちだったと聞いて、大里君が大学でやってきたことがこんなに沢山の人々の心をつないだのだとうれしかった。そこから遠く離れた関内の地で、通夜が終わった報告を受けて、うれしくて涙ぐんだ。こちらのブレオープン・イベントもまずまずの盛況。お披露目も無事に完了した。

 翌20日は告別式。いてもたってもおられず早くから上落合の最勝寺会館へ。夕方にはまた雨が降り始めたが日中は天気もよく、平日の昼間なのに200名近い多くの参列者がいた。とりわけ、マルチの卒業生たちで仕事を休んで遠方から来てくれた人たちも多い。一期生などもう30台だから、ちょっと見ただけでは誰だか分からない人も多かった。お通夜では一部の人しか大里君の顔を見ることができなかったというのを、献花のルートを変えて全員がお別れの対面をできるようにとしたのだが、さすがに皆こみあげてくるものがあったようで、しめやかなお葬式だった。言うまでもなく何度か涙が止まらなくなって困った。
 そのまま北仲に戻って、後片付け。空腹だったので、椎野と一緒に近くのファミレスに昼ご飯を食べにでたのだが、食べ物を前にすると突然気分が悪くなり、すぐに全部吐いてしまった。全く自覚していなかったのだが、張りつめていた神経のせいか胃が食べ物を受け付けなくなっており、それは三日間以上も続いた。大里君のせいでダイエットできたなんて不思議だ。

 この週は予定がいっぱいだったのだが、大里君の葬儀のせいにしてそれらをキャンセルしたくはなかった。ちゃんとやるべきことを全部やり遂げることが、大里君への供養にもなると思って、食べたり飲んだりするのを控えめにしながら、全部予定通り乗り切ることができた。Y150でお世話になった人たちの慰労会も、水曜日行けなかった新宿梁山泊の芝居に顔を出すことも、近畿大学の唐十郎演劇塾の公演もとにかく全部予定通りに行った。まだまだいろいろ続くがとりあえずは一段落したことでほっとしている。

 大里君はタコやガセネタの話をするのを嫌がっていた。『ガセネタの荒野』についてもいっさい触れたがらなかった。80年代のバンド活動をこの本で葬送して、新しい自分の居場所を大学に作り上げようとしていた。めったに演奏をしない彼だったが、大学の授業で講演会を担当するようになってから、何人かの音楽家とのセッションをしていた。大友義英、ジム・オルーク、中原昌也、吉増剛造氏らとのセッションに立ち会ったが、驚くべき演奏だった。照れ屋で聴衆に丸めた背中を向けて後ろ向きで演奏するという独特のスタイルだったが、共演者を圧倒していた。彼の演奏には彼の実存とでも言うか、ソウルが充満してて、後ろ向きの背中からは新潟の海鳴りが聞こえてくるようだった。もちろん、実務能力が皆無で、かといって人に頼むこともしたがらない大里君が、ライブを定期的に行ったり、もっと広い範囲の聴衆の前で演奏する機会を作ることは難しかったのかもしれないが、一度そういうことを言ったら「じゃ、室井さんがぼくのプロデュースして下さいよ」と半分本気の顔で言われたことがある。その時は「俺はそんなに暇じゃないよ」とかわしたが、今から考えると、少なくとも一二回くらいは本当にそうしてあげれば良かったと悔やまれてならない。

 授業以外の仕事をあまりしなかった大里君であるが、未公開の演奏の音源と映像を中心として1月の9-10日頃に追悼イベントを考えているほか、雑誌原稿などを集めて何とか出版物として何かを残せないかと考えている。彼の人生の痕跡をモノの形で何とか残したいので、周囲の人にも相談している。

 元同僚だった木下長宏さんが、blogで大里君のことを書いている。ぼくたちにとって1998年から始まったマルチメディア文化課程とその頃のメディア研究講座というのはきわめて重要な組織だった。それから10年が過ぎ、木下さんをはじめいろいろな人が去り、こうして大里君が去って行った。「あの頃は面白かったね」と言い合える仲間がこうして消えてしまうのはとてもさびしい。だけど、そうした仲間たちのためにも、新しい道に踏み入っていかなくてはとも思う。そのために、バリバリとこれから働こうと考えている。

« 追悼:大里俊晴君のこと | トップページ | 故・大里俊晴さん追悼イベントのご案内 »

「大学」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。マルチ以前の総芸卒業生の菅原明子です。
ご無沙汰してます。
お通夜には参列したのですが告別式には行けず、
室井先生にお会いできませんでした。
訃報を聞き、何があったのかと調べているうち、
こちらのブログにたどり着きました。

大里先生には卒業した後も仕事などでお世話になっていました。今回のことは本当に残念です。

追悼イベントや雑誌原稿などの出版など何か詳細決まったら
教えてください。
何人か、同期にも声をかけたいと思っています。

またブログのぞきに来ます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/46870444

この記事へのトラックバック一覧です: 冷たい雨(追悼・大里俊晴君-2):

« 追悼:大里俊晴君のこと | トップページ | 故・大里俊晴さん追悼イベントのご案内 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31