« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009.12.14

故・大里俊晴さん追悼イベントのご案内

 去る2009年11月17日未明、長い闘病生活の末、音楽学者・大里俊晴氏は惜しまれながら51年の短い生涯を終えました。
 横浜国立大学に1997年10月に着任して以来、12年間にわたって、大里氏は音楽研究はもちろんのこと、学生たちの指導と教育に真摯に取り組んできました。その含羞に満ちた人柄と、驚くほど真剣に授業に取り組んできた氏の生き方は、大学の同僚、学生たちにも大きな影響を与え、11月の葬儀には数百人の大学関係者が詰めかけ哀悼の意を表しました。
 本イベントは、北仲スクール(横浜文化創造都市スクール)の開校に当初から大きな期待を寄せ、そこで授業をすることを楽しみにしていた彼のために、北仲スクールが主催するメモリアル・イベントです。彼は、もはや自力では歩けないほどの病状にもかかわらず、車椅子でたった一度だけ北仲スクールで授業を行っています。彼の魂はきっとこの馬車道の地に降り立つことと確信しております。
 20代の頃のロック・バンド時代はもとより、大学に来てからも、大里氏は演奏活動に真摯に取り組んできました。その代表的な演奏の記録である、2008年7月に新潟で行われたライブの貴重な映像記録と、晩年の彼が撮り続けた膨大な写真の一部を皆様にご紹介するとともに、30年に及ぶ長い交友関係をもつ音楽学者の細川周平氏をゲストに迎え、また彼とともに歩んできたメディア研究講座のメンバーたちにも故人の思い出を語ってもらい、ともに故人の魂の平安を祈りたいと思います。また、第二部には、くつろいだ雰囲気で故人の思い出を語っていただける「オーサト・ナイト」が企画されております。年初のご多忙な時期とは存じますが、どうぞ皆様、ご参集いただき、故大里俊晴氏の魂の平安を一緒に祈って頂きたいと存じ、ここにご案内申し上げます。
 尚、この記事は転送自由です。大里さんを知る多くの方々に是非お知らせ下さい。

北仲スクール代表・横浜国立大学メディア研究講座代表  
室井 尚


2010年1月9日(土)

第一部:17:00-19:30 YCC(横浜クリエイティブシティ・センター)1Fホール(入場無料・予約不要)

内容:追悼トーク(室井尚/梅本洋一/榑沼範久、ほか)
ゲスト:細川周平(国際日本文化研究センター)
ビデオ・コンサート(2008年7月新潟でのライブ演奏記録)
故大里俊晴氏の写真作品紹介  
     
第二部:21:00-23:30 北仲スクール2F, 3F(会費制)
オーサト・ナイト


♢ 北仲スクール (横浜文化創造都市スクール)♢

横浜国立大学(代表校)・横浜市立大学・東京芸術大学・神奈川大学・関東学院大学・東海大学・京都精華大学の7大学によるサテライトスクール。「横浜文化創造都市スクールを核とした都市デザイン/都市文化の担い手事業」(文部科学省「平成21年度大学教育のための戦略的大学連携支援プログラム」採択)。「北仲ブリック」(1926年竣工の旧帝蚕倉庫本社ビル)内に設置(馬車道駅2番出口すぐ、横浜市中区北仲通5丁目57-2)。2010年4月から正規授業開始。

★なお北仲スクールでは、イベントやワークショップ、授業の最新情報をご案内するメールニュースの配信を2009年12月上旬からはじめます。またWebサイト(http://www.kitanaka-school.net)を12月15日に開設いたします。メールニュースをご希望の方は、info@kitanaka-school.netまでお名前と所属をご明記の上お申し込みください。

<本件についての問い合わせは下記宛にお願いいたします。>
北仲スクール(横浜文化創成都市スクール)事務局
電話 : 045-263-9075 FAX:045-263-9076
E-mail : info@kitanaka-school.net

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30