« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010.04.08

シーバス焼き

もう一つ告知。

 明日9日から11日までの3日間、横浜駅東口にある横浜ベイクオーター内「シーバス乗り場」付近で、北仲スクール主催の「シーバス活性化プロジェクト」のキャンペーンが繰り広げられます。

 12:15と15:15の山下公園行シーバス(水上バス)のチケットを買ってくれた人に無料でパンフレットとシーバス焼き(練り餡と塩カスタードクリーム味のオリジナルたい焼き)を各100個限定でお配りします。参加したのは北仲スクールに集まった横浜国大、お茶の水女子大、東京学芸大、関東学院大の大学生と大学院生。約半年間をかけて準備してきたプロジェクトでものすごく気合が入っています。

ちなみにシーバスとは横浜港内を運行する高速遊覧船で、横浜駅東口、みなとみらい、赤レンガ倉庫、山下公園を400円から700円という手軽な価格で楽しめる乗り物です。ぼくは2001年トリエンナーレの時に初めて乗って、その快適さと広がる景色のすばらしさに感動しました。観光客にはある程度知られていますが、なぜか横浜市民や横浜の大学生は乗ったことがない人がとても多い。その魅力をみんなに伝えようということで始まった企画で、学生にしか作れない斬新なデザインなパンフレットと、名前がとても印象的な「シーバス焼き」が誕生しました。ちなみに、シーバス焼きは「スズキ」の形をしています。最初にちょっと驚いことですが「シーバス」は実は「Sea bus」ではなくて「Sea Bass」だったのです。こちらは、シーバスを運行するポートサービスのホームページ。また、今回全面的に応援していただいた横浜ベイクオーターのホームーページです。

http://www.yokohama-cruising.jp/ship/seabass.html

http://www.yokohama-bayquarter.com/

 とにかく明日からの週末3日間12:00、15:00にはシーバス乗り場へ。絶対に楽しめます。

北仲スクール授業開始(誰でも受講可)

 最後には大きな盛り上がりを見せた椿展終了後、日の出サティアンでの唐ゼミ☆秘密公演「愛の乞食」、京都国立近代美術館での河本信治の最後の(?)展覧会「My Favorite」のレセプション日帰り旅行、卒業式などなど、あっという間に3月が終わり、4月に入った。

 ここから北仲スクールの授業が本格的に始まる。授業は大きく分けて「都市文化系」(映像文化論、アーバンアート論、アーバンポップ論)と「都市デザイン(建築)」系(インナーシティ論、ランドスケープ論、都市デザイン論、横浜建築都市学)の講義科目と、ワークショップ科目に分かれる。七大学連携のスクールではあるが、一般市民・他大学の学生、つまりは誰にでも無料で開かれている。その他にも、横浜国大が開講している通常科目のいくつかも北仲スクールで開講しており、これも誰でも聴講できるようになっている。

初めてのことなので一体どうなることか分からない。10日土曜日3:00から全体ガイダンスが開かれることになっているが(こちらも誰でも参加可能、予約不要)、これも一体どれくらいの人が来るのか全く分からない。

 水曜日に音楽評論家の平井玄さんが担当する横浜国大の通常授業「現代思想を読む」が午後1:00から北仲スクールで始まったが、5,6人しか来なかった。同じように火曜午後1:00からは大谷能生さんの授業「メディアと芸術」が開かれるのだが、このままだとこちらもおぼつかない。

https://risyu.jmk.ynu.ac.jp/gakumu/Public/Syllabus/DetailMain.aspx?lct_year=2010&lct_cd=5331708&je_cd=1

https://risyu.jmk.ynu.ac.jp/gakumu/Public/Syllabus/DetailMain.aspx?lct_year=2010&lct_cd=5231702&je_cd=1

ついでに、梅本洋一担当の「映像文化論A」(横国での名前は「映像論C」)は、4月13日から隔週火曜日5,6限。

https://risyu.jmk.ynu.ac.jp/gakumu/Public/Syllabus/DetailMain.aspx?lct_year=2010&lct_cd=5251703&je_cd=1

ササキバラ・ゴウ担当の「アーバンポップ論(芸術環境論C)」は9日から毎週5限

https://risyu.jmk.ynu.ac.jp/gakumu/Public/Syllabus/DetailMain.aspx?lct_year=2010&lct_cd=5551723&je_cd=1

最後に今日が一回目だったぼくの「アーバンアート論」のシラバスがこれ

https://risyu.jmk.ynu.ac.jp/gakumu/Public/Syllabus/DetailMain.aspx?lct_year=2010&lct_cd=5451716&je_cd=1

ちょっと抽象的ですが、これまでになかった試みとしていろいろな新し試みをやります。

こんな面白く刺激的なラインナップを用意したのに、どうやら横浜国大の学生たちは丘の上から都心に降りてきたくはないらしい。ぼくの第一回目にも社会人や、卒業生は来たが現役の大学生の数は少なく、しかも横国以外の学生は誰も来ない。うすうすは感じていたが、彼らは真に面白い知識を得ることよりも、田舎のキャンパスに閉じ込もって退屈なありきたりの講義で居眠りをしながら単位をかき集めることの方が好きらしい。

それが分かったのでこれからはどんどん社会人と他大学生に受講募集を行いたいと思う。偽学生大歓迎。いや、偽ではなくて北仲スクールは「誰にでも、無料で」開校されているのだから立派な正規学生である。横浜・馬車道近隣に住むすべての知識難民はここに集って欲しい。みなとみらい線馬車道駅直通ですから、東京からのアクセスもとてもいい。これからは学生集めもその方針で行こうと思う。

言っとくけど、こんな面白いことはそう何年も続かないので今しかないよ。

まもなくこのスクールの目玉となるワークショップ科目の情報も発表されます。

都市デザイン系を含めた詳しい授業開講情報はこちら。

http://kitanaka-school.net/news/2010/04/-news-9-20100408.html

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30