« 2010年4月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年5月

2010.05.15

第30回日本記号学会「判定の記号論」と光州事件30周年記念展「The Flower of May」(2)

 二日目になると、聴衆がほとんど居なくなった。展覧会に作品を出すアーティストはしょうがないにしても、韓国人の聴衆がほとんど顔を出さない。そもそも最初から普通の聴衆は誰もいないのだ。会議の参加者だけのような感じで続ける。こういうところが、韓国で開かれる文化イベントのどうしようもないところだ。国内政治ばかり考えており、韓国の普通の聴衆や観客のことは全く念頭にない。一応進行役で残っていたイ・ヨンウも頭の中はどこか他のことばかり考えているようで落ち着きがなかった。それでも、ここにいるのは欧米の重要な美術機関に関わっている人たちなので愛想だけはとてもいい。

 ぼくの発表はかなりの反響があった。一日目の段階では謎の日本人という感じだったのだろうが、ライナーや何人かのアーティストは興奮して話しかけて来てくれたし、ジャールやノーブル、そしてアイ・ウェイウェイも面白かったと話しかけてくれた。メリッサをはじめとするキュレータたちはニュートラルな反応だったが、パリのル・コンソーシウム・センターのフランク・ゴスローなどは激高して論争にもなった。コレクションなんてやめて、アートを「口実」として社会にどんどん介入していった方がいいというような話なので、インサイダーたちにとっては耳障りな話だったろうとは思う。しかし、そういうことを言う人が誰もいない以上、必要なことなのだ。イ・ヨンウも黙っていた。彼はビエンナーレのすべてを支配している。オクスフォードで学び、ニューヨーク大学で10年間美術史を教えていたという彼だけが、世界のアートワールドとつながっており、それ以外の韓国人たちは誰も現代美術についての知識も関心ももってはいない。まあ、多分もう呼んでもらえないのでどうでもいいことだが。

 午後はほとんど参加者だけでディスカッション。ぼくの話には触れずに、片岡さんの日本やアジアの美術状況についての発表を問題にする人が多かったが、ライナーの挑発でぼくもちょっと過激な議論をもちかけた。全体的にはフランクを始めとするキュレータたちの現状分析の話に終始した。ジャールやアイ・ウェイウェイはほとんど発言をしなかった。後から彼らは、ぼくの話が面白かったと言ってくれた。
20100511003

20100512
 そこから美術館で開かれる展覧会「The Flower of May」の会場へ。ビエンナーレのために作られた郊外の巨大な公園の中に美術館がある。ロビーでオープニング・セレモニー。次から次へ関係者のスピーチが続き、果てしなくセレモニーが続いてうんざりする。ナム・ジュン・パイクのように来ていない人も含めると30人程のアーティスト。他にキュレータやパネリスト、パフォーマーを合わせると50人規模の外国からの招待者がいる。内覧会ではセシリア・トリップと、Cai Yuan & Jian Jun Xiという二人の中国人アーティストによるパフォーマンス。Cai Yuanは移動中バスの中で話をしたが、とてもいい人で、ロンドンで二十数年過ごしたが今年北京に帰ると言う。本当は絵を描きたいのだが、パフォーマンスばかり人気があってそれしかできないと言っていた。彼らはトマト・ケチャップと醤油を使ったパフォーマンスを各地でやっている。たとえば、こんな感じ。

 光州版では場所に合わせて、ケチャップと醤油を掛け合って戦うパフォーマンス。血みどろになった市民を表現しているそうだ。セシリアのは単に韓国の亀を沢山置いて、韓国の僧侶が亀を連れて散歩するというパフォーマンス。何だかよくわからない。アルフレッド・ジャールは巨大な展示室に生きている花を並べて巨大な墓地を作った。正面には光州事件のモノクロの写真が投影されており、巨大な送風装置が墓に植えられた花を揺らしている。それなりによくできた展示ではあるが、ジャールに聞くと彼はこの作品の設置に全く立ち会っていないという。そういえば、彼はぼくたちと同じ日に韓国に来て、ずっと一緒に会議に参加していた。図面とメールによる確認だけで、作品の設置は韓国人の業者が最初から最後までやった。適切な指示はちゃんと送ってあるから大丈夫と言っていたが、何となく割り切れない。彼を含めて大半のアーティストは次の日の便で帰国したのだから、結局彼らは韓国の普通の観客にはまったく出会っていないということになる。それに、少なくともぼくの見ている限りではメディアにも全く接していない。どうやら、国際的な文化ハブ都市における国際交流というのはこういうことらしい。基本的にはイ・ヨンウとその取り巻きがすべてを統制しており、そこには公衆というものがいない。プサン、インチョン、ソウルでも似たような国際展が開かれているが、それらもこういう感じなのだとすれば、そこにはあまり未来はない。アート・マーケットに開かれたアート・フェアの方がまだしもではないかという気もしてくる。

 その後、光州市内の中心部にある別会場へ。コンテナを積み上げて作られた「クンストハーレ」と呼ばれる施設と、地下室に展示されたレーザー光線の作品を見る。クンストハーレもまたこの日がオープニングで、シャンペンが振る舞われた。なかなかよくできた施設ではあるのだが、何億ドルもある予算をもつビエンナーレ事務局がなぜこんな「アルターナティブ・スペース」を作らなくてはならないのか。よくわからない。要するに「アルターナティブ・スペース」というものも欲しかったから作ったということなのだろう。ライナーのものの含めていくつかの展示があったが、空間をまるで無視した展示だった。誰がキュレーションしても結局同じことだろう。

 そして、50人近くの大人数で日本料理レストラン「佳梅」へ。日本語で何と発音していいか分からない店で、前に全州で連れて行かれた日本レストラン「東京」と同じく、刺身らしきもの、天麩羅らしきもの、寿司らしきものなどが出てくる全くおいしくない店だった。巨漢のアイ・ウェイウェイは座るのがとても難しかったが、それでも自分からぼくの隣に座ってくれていろいろいと話した。あまり接点がなかったノーブルも正面に座っていろいろと話した。ウェイウェイは展覧会場ではうんざりしていたらしく、早々に抜け出していた。「あなたは本当はアートなんて好きじゃないんじゃないか」と聞くと、「自分で自分のことをアーティストと思ったことは一度もない」と言う。彼はぼくよりも1-2歳年下だが、文革で批判された有名な詩人の息子であり、80年代にはニューヨークに留学するなど恵まれた環境にいたが、ほとんど誰ともつきあわず、無為に過ごしていた。93年に中国に戻ってからもほとんど活動をせず、2005年に中国で初めてオークションが開催されるまで、作品が売れたことは一度もないと言っている。北京オリンピックのメイン・スタジアム「鳥の巣」を作ったことで有名になったが、オリンピックには批判的な発言を続け、当局からは今でも監視されている。

 最近は四川大震災をモチーフにした作品を作っているが、今回の展示もとてもスマートなものだった。当局側は彼に一番広い展示室を用意したが、彼は敢えて何の指示もあたえず空っぽなままにさせておいた。そして、昨日の深夜彼は北京のスタッフたちと共同作業で、つい最近中国政府が発表した四川大震災の死者たち数万人の名前をラップトップコンピュータの画面の中で順番にスクロールするだけの作品を作り上げ、それを展示したのだ。だから、巨大な空の展示室の中に小さなテーブルが置かれ、そこにラップトップと小さなスピーカーが置かれて音楽とともに漢字の名前がスクロールしているというだけの作品である。

 ビエンナーレ事務局側の意図も考え合わせてみると、これほどスマートで皮肉な展示のやり方はないのではないだろうか。他のアーティストたちとは明らかに一線を画している。彼は2007年のドクメンタ12で、1001人の中国人をカッセルに連れて行くというイベントを行っている。インターネットで中国全土から集められた中国人1001人が国際美術展に出現するというのは凄い戦略的な発想だ(うち2人は行方不明になったそうである)。この日はだいぶ彼と打ち解けて話ができ、8月に中国に行くといったら是非スタジオに遊びにきてくれと誘われた。

 まだホテルで仕事があるというアイ・ウェイウェイや何人かを別にして、ほとんど全員がホテル最上階のバーに集まり二次会が始まった。ぼくは1:00過ぎに退去したが、ロシアのミンスクから来たというピアニストと歌手がビートルズナンバーを歌うというかなりヘンテコなバーラウンジだった。

 次の日、空港に行くまでの時間を利用して近くの巨大なロッテ・スーパーマーケットで買い物。博物館とかに連れて行かれるのは嫌だと言ってついてきたライナー・ガナールと二人で近所を歩き回った。ここはどうやら新都心地区らしく高層ビルや官公庁・銀行などのビルが並んでいる。だが、都市計画がずさんでかなり醜い町並みになっている。何よりも建物のデザインが悪趣味である。自動車会社「現代」がある町で、高層の団地の棟が無数に並んでいるが、無機質で暖かさのない町だ。そんな中で裏町を歩き回りながら最後に入った人気のあるクッパの店が唯一の救いだった。今回一番美味しかったのはここのクッパである。

 空港で何人かと再び顔を合わせる。帰りは便の接続もよく、金浦空港から羽田に直行。飛行機に乗ってからは4時間ほどで到着した。

 何はともあれ、結構特別な経験をすることができたと思う。普通にビエンナーレに行くだけでは知ることのできない内幕や内部事情も知ることができた。また、アイ・ウェイウェイやアルフレード・ジャールを含めていろいろな人と知り合えた成果も大きい。来週20日の午後5:00から北仲スクールで開くぼくの授業「アーバンアート論A」(学内名・情報文化論B)でその話をしたいと思いますので、関心のある方は是非参加して下さい。どなたでも、またこの回だけでも参加できます。Img_9567alredohisashiai

第30回日本記号学会「判定の記号論」と光州事件30周年記念展「The Flower of May」(1)

 5月8日と9日は、神戸大学で日本記号学会大会。新会長・吉岡洋、事務局長・小池隆太、編集委員長・前川修という新執行部による初めての大会が開かれた。

 神戸は、80年代に長田にある神戸学院女子短期大学というところに非常勤で通っていた。三宮で何度か飲んだこともあるが、それ以降訪れる機会はなく、甲南大学でやはり記号学会が開かれた時にも三宮まで足を向けることはなかった。だから、95年の震災以降の神戸を知らない。といっても時間もないので、新神戸から六甲に行く途中に通り過ぎたのと、二日目の朝ご飯を食べにでたくらいだが、三宮辺りの印象は昔とあまり変わらないように思われた。初日は「裁判員制度」をめぐるセッション。瀧川記念学術交流会館という超絶眺めのいい場所で開かれた。終わった後は会場で懇親会、そのあとはJR六甲道付近の居酒屋で二次会。結構遅くまで楽しく談笑した。

 次の日は午前中に研究発表、午後には岡田温司+檜垣立哉、吉岡洋+稲垣正浩各氏によるセッションがあり、盛りだくさんな会だった。神戸大学の学生たちの発表もよく頑張っていたし、何よりも30-40代の若手の参加が多かったのが心強い。20周年の時には記念出版『記号論の逆襲』を出したが、まあ考えてみたらよく30年も続いたという思いもあるが、何しろ日本では珍しい自由で何でもできる学会なので、何とか頑張って続けて行きたいものだ。来年も、若手が刺激的な大会を企画してくれそうで楽しみだ。

 深夜に帰宅し、そそくさと荷造りをして、翌10日は韓国・光州に出かける。羽田からソウルの金浦空港までは2時間。ビジネスクラスなのでラクチンだ。ただ、そこから光州までの乗り換え時間が長くて少し待ちくたびれた。7:30頃ようやく光州空港へ。ビエンナーレ事務局から女の子が迎えに来てくれ、一緒に参加する森美術館学芸員の片岡真実さんと共に市内にあるラマダ・インターナショナル・ホテルへ。最近建ったばかりらしく、周辺には高層ビルと建設予定地の空き地がひしめいている。繁華街なのでコンビニや飲み屋も沢山ある地区だ。とりあえず近所を散歩してビールを飲んで寝る。

 次の日、ホテルに迎えのバスが来て、大量の欧米人、アジア人と一緒に会場となっている全南大学へと向かう。広大な敷地に14もの学部があるマンモス国立大学だ。その中にある会議場でシンポジウムが開かれるようだ。今回の企画は、光州事件30周年を記念する大規模展覧会「The Flower of May」の一環としてシンポジウムとスペシャル・パフォーマンスが開かれるというものである。展覧会やパフォーマンスに参加するアーティストたちも一緒にこのシンポジウムのオープニングに参加するらしい。というわけで、オープニングは賑やかだった。背広を着た地位のありそうな韓国人の参加者もかなりいて、会議は英語・韓国語の同時通訳で行われる。

 光州ビエンナーレ副事務局長(但し、事務局長は光州市長なので実質的にはこの人がボス)のイ・ヨンウ(Yongwoo Lee)氏による開会宣言から始まり、韓国の詩人と「アジアの文化ハブ都市事務局長」によるセッション。どうやら光州はビエンナーレをさらに発展させて、デザイン・ビエンナーレ、アート・フェア、機関誌「Noon」の公刊などを軸にアジアの「文化センター」になろうとしているらしい。このセッションが終わった後、会場に居たテグ出身の大学教授が「文化予算の分配が不公平で、アーティストたちの未来は暗い」というような発言をして、いきなり大論争になる。イ・ヨンウが激高して「そんなことはない。ビエンナーレの予算は5億ドルから7億ドルになり、来年は10億ドルになる」というような発言をして、正直その金額の多さにビビる。建物や施設も含めての予算なのだろうが、それにしても凄い。今回だけでも40-50人の外国人を招待しているが、それくらいは何でもないのだろう。横浜トリエンナーレなど国内の国際展の予算は数億円だろうから、金額的には二桁違うということになる。なぜ、韓国政府はそんなにも現代美術に文化予算を拠出するのだろうか。もちろんそこにはそれなりの計算が働いているはずだ。

 午前中は、ロンドン大学ゴールドスミス校で美術史を教えるRichard Noble氏の発表。現代美術におけるユートピア思想の重要性というような話だが退屈。ディスカッションに参加したのは、展覧会参加のアーティスト、Rainer Ganahl, Jung Kumhee, Caecilia Trippらだが、テンションがものすごく高くしゃべり続けるライナー・ガナールはトリックスター的で、ちょっとうるさいと思ったが、結局は仲良くなる。彼は日本語も結構しゃべれるし、柄谷行人さんがニューヨークに居た時に仲良かったらしい。

 お昼は大学の食堂で、韓国式バイキング。余談だが今回せっかくの韓国なのに食事がよくない。安くておいしそうな店は沢山あるのだが、接待なのでそうもいかない。ホテルの朝食も普通だし、ディナーも一日目はアジアン・ヌーベル・キュイジン、二日目は韓国流高級日本料理レストラン。結局一番おいしかったのは帰国する日のお昼にライナーと一緒に入ったクッパ専門店と、行き帰りの機内食だった。

 一日目の午後は、アーティストAlfredo Jarrと、ニューヨークのアジア・ソサエティのキュレータMelissa Chiuの発表がそれぞれ面白かった。
Jarrは去年横浜で開かれた「国際映像展CREAM」にも参加しているチリ出身のアーティストで、街の中に繰り出して行く「Public Intervension」タイプの作品が面白い。とりわけ、トロントで行った作品が面白かった。ヴォディチコとも近い関係にあるアーティストだが、発表は過激で面白かったものの、普段は口数が少なく、二日目も全くしゃべらない。暗い感じの人ではあるのだが、どうも相当居心地が悪そうだった。メリッサはやり手のアジア専門のキュレータでオーストラリア出身。現在の中国、韓国、日本の状況を幅広く捉えており、美術マーケットが加熱し、美術館や美術展が大きくなりすぎている現状に危機感を抱いている。ただ、あくまでもアートワールドのインサイダーであり、余り理論的なことには関心がないようだ。

 ほとんど議論をする時間もなく、6:00から始まるパフォーマンスのために会議は中断。みんなで外に出てArto Lindsayらによる特別パフォーマンスの開始を待つ。韓国人の学生たちを60-70人使っていて、建物全体を使ってのパフォーマンスによって始まるが、中身はただのバンドによるショー。サンバやボサノバ、ノイズ風なアレンジもあったが、ほとんどが3分程度の普通のポップスで、とても退屈。8:30くらいまで続いたが退屈してバスに戻ると、メリッサとライナーがいて、一緒に悪口を言いまくる。バスでレストランに移動。すると、そこには展覧会の全参加者が集まっていて一緒に食事。片岡さんと打ち合わせをしていたアイ・ウェイウェイ(芥未未)がここで合流。アイ・ウェイウェイは昨年六本木の森美術館で片岡さんと一緒に展覧会をやっているが、これが今年アメリカ各地を巡回するらしい。巨漢で、日本に来た時には「ラッシャー木村」と間違えられたりしたらしい。物静かだが、写真を撮るのが好きらしくデジカメを出してみ写真を撮りまくっている。とにかく、いま一番注目されている中国人アーティストなのでいろんな人が挨拶にやってくる(し、彼の正面に座ったぼくの隣のライナーがひっきりなしに話しかけるので)、この日はあまり話せなかったが、二日目にいろいろしゃべることができた。終わったのが11:00過ぎなので、この日もビールを飲んで寝る。
(続く)

2010.05.06

5月になれば...

 新緑が映える若葉の頃である。いろいろ盛りだくさんな月だ。

 新学期が始まりしゃにむに進んできたが、この連休で少し体力・気力を蓄えることができた。

 生田緑地にある「岡本太郎美術館」では、室井絵里キュレーションによる鴨居羊子展「前衛下着道」がオープン。4月18日には、劇団唐ゼミ☆によるパフォーマンス「チュニか・ショー」が始まっている。残すところ5月23日と30日の二日間になった。なかなか楽しいので見に行ってください。展覧会そのものもいろいろなものが盛りだくさんで楽しい。

 ここには書けないことで、大量の書類作りに忙殺されてもいた。その間、8月上旬に北京で開かれる国際美学会のエントリーとか、韓国・光州で開かれる国際シンポジウムの原稿作りなどもやっていた。あ、それからYCCのウェブマガジン「創造界隈」に「椿展」のことを書いた

 日本記号学会の第30回大会「判定の記号論」は、5月8-9日の両日、神戸大学で開催される。実行委員長は前川修君。神戸に行くのは本当に久しぶりだ。というよりも、震災後の三ノ宮に行くのが初めてだ。土日はずっと会場にいます。

 月曜から木曜までは韓国。光州ビエンナーレ事務局が開く国際シンポジウムに参加する。ここは去年、英語/韓国語の機関誌「Noon」に原稿を頼まれて書いたのだが、そこから招待を受けることになった。最初はアガンベンやハルトゥニアンが来るとか言っていたが、さすがにそれはなくなったらしい。だが、世界中から人が集まる大きなシンポジウムだ。イタリア人キュレータによるビエンナーレの本展は9月~10月だが、今回も関連展覧会もありアイ・ウェイウェイやナム・ジュン・パイクらもやってくるらしい。光州は、全羅南道の中にある特別市だから、全州と同じできっと食べ物はおいしいことだろう。久々の韓国で楽しみ。

 唐組の春公演も5月2日に新宿・花園神社で初日を迎えた。今年も赤いテントが翻っているだけで、なんだかワクワクする。今年の新作「百人町」は一時間半の短編だが、高層ビルに挟まれたドヤ街と八丈島の海のイメージが重なりあう詩的で美しい作品だ。昨年同様、ラストシーンに工夫が隠されていて、これまでになかった余韻をかきたてる。唐さんが70になっても新しい冒険を続けているのがよく分かる。記号学会がある今週末はと次週の水戸公演は行けないが、鬼子母神、花園とできるだけ通おうと思う。

 劇団唐ゼミ☆は次回テント公演の告知を出した。7月。作品はあの「蛇姫様」である。

こちらも楽しみ。

というわけで、5月が始まっている。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年7月 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30