« Krzysztof Wodiczkoのこと、そして横浜トリエンナーレ(2) | トップページ | 一年が経過した »

2010.09.20

Krzysztof Wodiczkoのこと、そして横浜トリエンナーレ(3)

 どうして、こういうことをやりたいのかというと、いまやマーケットやそれを利用しようとする行政や企業の論理に埋没してしまっているように見える文化商品としての「アート」、あるいは引き籠ってまるでインティメットな巣穴のような「私の空間」を作ろうとしかしない気弱で優しげな「アート」とは違ったものをどこかに見出していきたいと思うからだ。この二人は、現実から逃げようとはせず、誰にも頼らず、自分自身の想像力と思想だけを武器に「現代」と対峙している。これは、ただ単に政治的な姿勢を保持しているとか、反体制的であるとかいうこととは全く別なことではないかと思う。そして、それは芸術的アヴァンギャルドの最良の部分を「ラジカルな想像力」として引き継いでいくことではないのだろうか?

 もはや、アーティストとは「モノを作る」人々のことではない。むしろ自律的で完結した「作品=モノ」を作る人々からはもっとも遠いところに行こうとしている人こそが、ぼくたちが守らなくてはならないアーティストであり、アートの可能性なのだ。そこではぼくたちの意識や文明の諸制度の虚構を暴き、新しい世界の見え方を提案する活動性が開かれている。

 いや、けっして確信をもってそう言えるわけではない。むろん、もはや西欧近代が生み出した文化制度としての「アート」の可能性はほぼ汲み尽くされていると言えなくもない。もはやとっくの昔にアートは死んだのであり、いま残っているのはアートのゾンビにすぎないのかもしれない。だが、そのことは哲学や思想についても全く同じことなのだ。人文的思考がこの2-30年間、いったい何をしてきたと言えるのだろうか? リオタールが「知のステイタスの変容」を指摘して以来、「現代思想」はマイノリティの人権を訴え、マジョリティを糾弾する政治的な武器であるか、そうでなければ脆弱で刹那的なオタク・カルチャーを擁護するソフィスティケートされたツールとしてしか生き残れなくなってきている。思想や哲学の言葉もまたハイデガーの言う道具的連関の中に飲み込まれてしまっているのだ。もはや、思想やアートを保持してきた「近代」という足場が崩れてしまった以上、その「外」へと踏み出すためには、ひとりひとりが空中に自分だけの足場や階段を組み上げていくしかないのではないだろうか?

 ぼくが関わっている北仲スクールでは「アートとコミュニティ」、「アートと都市」、さらには「クリエイティヴ・シティ」というような問題圏の中で活動している。美術マーケットや業界の中で仕事を続けている「売れっ子」の人たちや、逆に自分と周辺だけに閉ざされた社会の中で「モノ」を作っているだけの人たちと比べれば、社会や都市の中に飛び出し、コミュニティと積極的に関わろうとしている人たちもまた何かを求めているのかもしれない。だが、壊れかけているコミュニティや衰退した都市や地域をアートの力で再活性化させようというような問題設定には、アート自身がとっくの昔に壊れてしまっているという真摯な自己認識が徹底的に欠落している。社会の論理からは異質なものとしてのアーティストが社会の中に暴力的に介入し、コミュニティの存立そのものの虚構性を暴くのではなく、逆に地域おこしや街作りに生ぬるい形で奉仕しようとしている。あるいは、貸し画廊を借りる手間が省けて自分の作品を展示することができるというような相互依存から、何か新しいものが生まれてくるとはとても思えない。〇〇芸術祭や〇〇トリエンナーレの乱立は一時的なもので、すぐに衰退していくことだろう。なぜなら「アート」という一般名詞は何も内実をもってはおらず、重要なのはいつも少数の特権的なアーティストの生き方だからだ。アートと観光産業の結託は、ヨーロッパの美術館を見れば当たり前のことではあるのだが、だからと言ってそれが地域経済の永続的な活性化に直接結びつくとは思えない。アートとコミュニティという問題設定の中で一生懸命に活動している人達を支援していくこととは別に、そうした活動に未来が存在しえないということも冷徹に見通していかなくてはならない。そのためにはそこにはないもの、そこからは生まれてはこないものを守り、育てていくという全く別の活動性が必要になってくるのではないかと思っている。

 はっきりしているのは、このような問題圏で活動している人たちとは全く違って、ぼくたちはアートそのもの、そして哲学や思想そのものの成立可能性、存続可能性について考えていきたいということだ。そして、それはぼく自身にとってもひと事ではない切実な問題なのである。ヴォディチコは、アーティストと哲学者・社会学者・心理学者等々との連携がどうしても必要だと言っている。そして、いまぼくたちはヘレニズム期に活動した犬儒派の哲学者(アレクサンダー大王と論争をして勝利したディオゲネスのような)のような生き方を学ばなくてはならないと、彼は言う。ディオゲネスとは大樽を住処とし、犬のような生活とをしていたいわば「ポリスカー」に乗ったホームレスのような存在である。もちろん、実際にそうなることが問題なのではなく、そうした視点を持ち続けることが何よりも重要だということなのだろう。

 横浜トリエンナーレ2011は、横浜美術館とBankArt-NYKを拠点とする「世界の現代美術の集約的な紹介」と、黄金町や街中を舞台とするコミュニティアートのパート、単発的なイベントなどによって構成されるはずである。そして、それは単純に集客数だけで成功か、失敗かが判定される。その中でぼくたちは何か別のことを仕掛けていきたいと考えている。いくつかの計画があるが、その一つが、まだ単なる計画にすぎないが、ヴォディチコ(もし可能ならアイ・ウェイウェイも)を中心とした企画だ。そして、この計画に関しては、北仲スクールの後期ワークショップ「展覧会を作る」で、参加者とともに練りあげていきたいと考えているので、我こそと思う人は是非手伝ってほしいと思っている。

« Krzysztof Wodiczkoのこと、そして横浜トリエンナーレ(2) | トップページ | 一年が経過した »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/49503655

この記事へのトラックバック一覧です: Krzysztof Wodiczkoのこと、そして横浜トリエンナーレ(3):

« Krzysztof Wodiczkoのこと、そして横浜トリエンナーレ(2) | トップページ | 一年が経過した »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31