« 高嶺格/小谷元彦/曽根裕展を見る | トップページ | 地震後の光景 »

2011.02.21

アイロニカルな半演劇/チェルフィッチュ「ゾウガメのソニックライフ」

 Twitterでちょっと書いただけでずらずらとフォロワーが増えたのは、やはりこのカンパニーに対する関心がいまとても高いからだろう。単につまらないと言っているだけではよく分からないだろうから、まだ地方巡回が残ってはいるが、横浜での公演が終わったところなので、本業の美学者に戻ってちょっとだけその根拠となる分析をしてみたいと思う。

 まず、このカンパニーの作品に関しては、NHK教育テレビで「三月の5日間」という、岸田戯曲賞を獲り、彼らを有名にした作品のビデオを途中で集中力を失いながらも最後まで見たことがあること、岡田利規氏の書いた上演台本を演劇雑誌か何かで何本か読んだことがあること。その結果その作風とか、作品構造とかに関してはある程度わかっていたので、実際に見に行く必要性をあまり感じていなかった。したがって、神奈川芸術劇場(KAAT)の大スタジオのこけら落としに彼らの公演があることは知っていても自分からは行く気にならなかったところ、たまたまこの劇場の館長の真野純氏と一緒にトークをしたご縁でご招待して頂いたので見に行ったのである。だから、元々そんなに期待していなかった。が、実際の舞台はその期待をさらに下回っていた。

 見終わった後、かなり苛々して、ツイッターに書き込んだのは下のような呟きだった。

 "思っていたよりも果てしなく退屈で見るべき価値のない演劇ごっこだ。「三月の5日間」以来進歩なくて頭を使っていない。これを面白いと騙されている人が多いらしいので、ちゃんとダメな所を分析してあげた方がいいのだろうか?いやまあ二度と観ない方がいいか。"

 なせ苛々したのかと言うと、基本的にはまるでダンスの舞台のように空間をいくつかのゾーンに分割して、それぞれの場所と俳優の仕草の役割を決めて、そこに日常のだらだらとした動きとどうでもいい内容の呟き(この作品の場合には、日常と旅行の対比を通して、満ち足りた人生って何だろうというような問を蜿蜒と呟き続ける)と、日常の仕草や身振りを振付化した意味のない動きの反復という単純な仕掛け(しかもユニットがひとつ追加されただけで、6年前の「三月の5日間」とほとんど変わらない新鮮さのない空間構成)だけで、まるで新しい実験や挑戦がそこで行われているかのような錯覚を観客に与えようとしているアイロニカルな姿勢にうんざりしたからである。コンテンポラリーダンスの舞台構造の上に、どうしようもなく自堕落でくだらない独り言を載せているだけの話だ。ダンスならもう少し真面目な身体的表現が見られるだろうが、岡田氏の場合は日常的なだらだらした動きを何度も適当に繰り返すだけ(しかも、出演者の一人が異常に身体が固いのは、本当に身体訓練ができていない俳優なのか、演出上の意図なのかわからないが、あのやる気のない動きを延々と見せられるのは耐えられない)。もはや新鮮ではない。

 何かここには観客には簡単に分からない深遠な仕掛けがあるかのように見せかけていて、実はなんにもない。何もないという徒労のような作業を観客に押し付けてくるのが気に障った。要するにこれに意味があると思った観客は、自分の「空虚な日常」を、目の前で行われるパフォーマンスに鏡のように重ね合わせているだけなのである。これは、「作品の意味は観客自身が作る」というのとは根本的に異なる。

 これと、ちょっと似ているものに平田オリザの「青年団」や宮城聰の「ク・ナウカ」のような「システムやメソッドを見せる演劇」がある。こういうジャンル系パフォーマンスの特徴は形式と内容が分離しているために、何でもできるけれども、何一つ本気でやっているものがないということである。しかし、たとえどんなにダメなものでも、やっている側が演劇という形式でどうしてもこれを伝えたいと本気で真摯にやっているものならこれほどまでに苛々することはない。ダンスのジャンルにしても同じことである。ところがチェルフィッチュの場合には中途半端なテキストと役者の動きを、あたかもそれが「現在」を反映している忠実な鏡であるかのような装いで意図的にぐだぐだしたものにしている(おそらくは役者の自然な反応すらも演出的に抑圧して)ので、「真面目になんかやっていないし、ストレートな真剣さなんて嘘っぽいし不誠実だ」と言わんばかりに力を抜いた演出になっている。それが一番耐えられなかった。人間をナメているとしか言いようがない。つまり、自分の暮らしている世界の「外部」に対する意識と想像力が皆無なのだ。

 これに間違って感動している人は、だらだらした舞台に自分自身のだらだらした日常を重ねあわせて、勝手に自分自身の回想や日頃やり過ごしているような自問自答を真似して、反復するのが「リアル」だとでも思っているのだろう。その意味で、動物園の管理のような生政治的支配を及ぼされているのかもしれない。健康な神経を持っている客なら即退屈して居眠りをするというのが正しい反応だと思う。休憩があったらそこで席を立つのが正しい。起きて見続ける価値はほとんどない(仕方ないから頑張って起きてたけど…アフタートークは耐えられないと思い退出した)。

 何か新しい演劇を作っているかのように勘違いして真面目な顔をして観て、あたかもそれが現実の正確な描写であるかのような間違った感想を語ったりしている観客たちにも腹がたった。これは演劇というシステムを全く信用していない人(たち)による、ニヒリスティックでアイロニカルな何も生み出すことのない遊戯にしかすぎない。

 何もこんなことを肩に力を入れて力説するまでのことはないのではないかとも思った。なぜなら、そもそも現代における大半の上演芸術、演劇やパフォーマンスはたいていはとてもつまらなく面白くないからである。もちろん、魅力的な役者や舞台美術や照明効果に出会えることはあるが、そうではなくその企画意図や構想や演劇史的に見た演出上の革新にはほとんど出会えないからである。それは、もちろんポストモダンという時代状況と大いに関係がある。一つには近代演劇とそのジャンルの「解体」の結果、前衛や実験演劇という構図が無効になってしまっていることが挙げられるだろう。演劇が社会や観客の意識を変えることができる「解放の窓」と思われていた時代はもうとっくに終わったし、オペラやコントから実験演劇にいたるまですべてが刹那的なエンターテイメントとしてしか考えられなくなって随分久しい。演劇やパフォーマンスに関わる人の数は減っていないが、いずれにしても劇団四季のように産業化するか、テレビタレントの掛け持ちをするか、文化行政の中で補助金で生きるか、企業とタイアップでもしない限り、チケット収入だけで利益を上げることができないジャンルなので、表現芸術としてそれが自立していくことはかなり難しい。かつての演劇人は演劇論や演劇学を勉強した。ピーター・ブルックやアルトーの本を読み、翻訳戯曲や演劇批評を読み、人類学や宗教学のテキストを勉強したが、今の演劇サークル上がりの演劇人は勉強しようとはしない。彼らは単に沢山舞台を見れば、あとはセンスの良さとハッタリだけで面白い舞台が作れると思っているようだ。こうして、中身の空っぽの商品リストだけが並べられていく。

 ゾウガメのソニックライフという一見なぞめいたタイトルの意味は、舞台の後半で解き明かされる。どんどん坂道を下っていく地下鉄に乗った主人公がクラブイベントで他人の踊りをただ観ている後に帰ってみたら、そこには折りたたみ椅子に仮託された250歳になってしまった年寄りがいて、目の前で15分後に死んでしまったという語りがあった。これは「浦島太郎」を竜宮城に乗せていった大きな「カメ」の話なのだということが示される。ウミガメではなくて、より動きが緩慢での部屋の中をのたのた歩くゾウガメが、くだらないおしゃべりが蜿蜒と海のように続く「ソニックライフ」を生きて、全く輝かしくない人生を過ごしていくという話なのだが、これもあまりにひどすぎるオチだと思う。こんなものを真面目な顔をして一生懸命意味を読み取ろうとしている観客を嬲っている作り手側の姿勢がひどすぎると思った。中身も志も真剣な思考も、すべてが欠落していることに腹が立ったのだ。

 だが、考えて見ればこれと似たような表現はコンテンポラリーダンスや演劇の一部で広がりつつあることも事実だ。そういえば、横浜美術館で見た高嶺格展のパレスチナをテーマにした映像作品にも似た感想を持った。一緒に見てすっかり呆れていた劇団唐ゼミ☆の椎野裕美子も「仕方ないですよ。世間はこっちに流れているんですから」と言っていたが、そんなことはない。どんなに数が少なくともちゃんとやっている人たちは確実にいるのだ。ぼくはそっち側にずっとついていたいと思うので、もう「これ系」のものにはたとえ招待されても付き合わないことにしようと思う。

« 高嶺格/小谷元彦/曽根裕展を見る | トップページ | 地震後の光景 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/50928347

この記事へのトラックバック一覧です: アイロニカルな半演劇/チェルフィッチュ「ゾウガメのソニックライフ」:

« 高嶺格/小谷元彦/曽根裕展を見る | トップページ | 地震後の光景 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30