« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年3月

2011.03.26

「9.11」と「 3.11」/雑感

 言うまでもなく「9.11」とは2001年9月11日。アメリカでいわゆる「同時多発テロ」が起きた日付である。日本の午後10時頃、アメリカでは同日の早朝に事件は突然起こった。マンハッタン島の南端にある世界貿易センターのツインタワーに二機の旅客機が衝突する映像を全世界がリアルタイムで見た。その後ハイジャックされた別の二機の旅客機がそれぞれ国防総省(ペンタゴン)とホワイトハウスに向かっているというニュースが流れ、結果的にはペンタゴンの建物には小さな被害しか与えられなかったし、もう一機はおそらくは乗客の反抗によって違う場所に墜落したが、刻々と伝えられるその情報を見ながら、世界は一体どうなってしまうのかと震撼した。アメリカの経済と軍事と政治の三つの中枢を標的にしたきわめてスマートな攻撃であり、もし全部が意図通りの結果になったらもっと凄いことになっていただろう。ちょうど、バッタのプロジェクトをやっている時で、Wodiczkoに教えてもらった巨大バッタがシカゴの町を襲うというB級映画「The Beginning of the End」を何度も観ていたのだが、いよいよ終末が始まったのかと思った。

 それが21世紀の幕開けだった。

 それまで暗黙の裡にそう簡単には動かないと思われていた文明のシステムがきわめて脆いものであることを否応なくぼくたちに突きつけた出来事であり、それ以降のぼく自身の思想や生き方にきわめて大きな影響を与えた。自分たちが生きているのではなく、個々の生命が必ず死に向かいながら、巨大な宇宙や自然の摂理の中で刹那的に「生かされている」こと。文明や社会といったシステムはすべて幻想や虚構にすぎないということ。フラジャイルな個々の生き物としての輝きを、歴史的、社会的、心理学的にどんなに限定された状況の中でも引き出していくことだけが、ぼくたちにできる唯一のポジティブなことなのではないかと考えるようになった。だから社会やシステムの改革よりも自分の周囲の人たちをいかに輝かせることができるかということをより大切に考えるようになったのである。いまぼくが取り組んでいることにはこうした考え方が強く反映していると思う。

 そして、そのWodiczkoのプロジェクトをやろうと思っていたその矢先に「東日本大震災」が起こったのである。なぜそれが「3.11」なのだろうかということがずっと心に渦巻いていた。天災なのだから、もちろん偶然に決まっている。また、カレンダーなんて所詮人間が作った虚構にすぎない。また、照応するというのなら同じ9月でなくてはならないし、中途半端に9年半ぴったりに起こったこの大災害が、もちろんその範囲が日本のローカルな出来事であることも言うまでもない。だから、この不思議な照応を気にしているのは、ぼくという個人の完全に私的な問題にすぎないことはよく分かっている。しかし、それでも気になって仕方ないのだ。
 
 それは、言い換えるなら、9.11という事件を契機にしてぼくが考えたことと、今回の地震によって、まだ言葉にうまく表すことはできないが、心のなかで渦巻いている落ち着かない感じとが、心の中で切り離せないものとして結びついているということから来ているのだと思う。

 同じ地震というつながりから、その5年前の95年に起こった阪神淡路大震災や、直後に起こったオウム真理教事件のことを思い出す人もいるようだ。確かにこれは大地震・大津波による災害と、福島原子力発電所の事故による放射能流出とが重なっている今回の事件とよく似ている点もある。どちらも「天災」の後から起こった「人災」の方に、より多くの人の関心や怒りが向けられているという構図が似ているのだ。「天災」には誰も抗議ができないけれども、「人災」には徹底的に怒りと攻撃を加えるという人の心の動きが共通して見られる。

 同じことが未だに「犯人」の組織や思想が謎のままでよく分かっていない「9.11」に関しても言える。なぜ、アメリカがそれほどまでに中近東のムスリムに憎まれ、自爆をもためらわないあれほどの攻撃を受けなくてはならないのかということをきちんと問題にすることなく、この「目に見えない敵」に「テロリスト」という一方的なレッテルを貼り、関係のないイスラム教徒たちを検挙し、監視し、「文明の衝突」とか「十字軍」とか「悪の枢軸」とかいう乱暴な構図を世界中に無理やり押し付け、また直接にはほとんど関係のないことが今やはっきりしたアフガニスタンやイラクに容赦のない攻撃を加えたのである。これも、人間の心という「自然」が起こした一種の自然現象である。ちょうど、何かを異変を感じた動物の群が一斉に走りだすように、いまぼくたちの怒りの衝動はゆるやかなレミングの群のように原発の即時廃止と責任者たちの処罰へと向かって、ほとんど盲目的に進んでいる。

 ぼくたちの生の時間は短い。それに比べて地殻変動や気候の変動などの地球の変化のスパンはきわめて長い。数千、数万、数十万、数百万年のタイムスパンの中で自然は大規模な変動を続けている。数千年前には日本の気候はきわめて温暖で、青森や岩手に縄文文明が栄えていたし、数万年前には日本と大陸はつながっていたことをぼくたちは知識としては知っている。遠い未来には日本列島そのものが消えてなくなるかもしれないことも予測できる。土地の私有とか、貨幣とか、経済とかいった人間が勝手に決めたシステムとガイアとは元々原理的に折り合わないものなのだ。

 他方、原発による放射能汚染もそれとちょっと似ている。プルトニウム等の「高レベル核廃棄物」は、今問題になっているヨウ素やセシウムのような半減期の短い物質とは異なり、5000年とか一万年とかの長い半減期を持っている。鉛やガラス繊維で厳重に閉じ込める以外にないこれらの物質はきわめてコントロールすることが難しい。10年ほど前に、人文系研究者としてこの「高レベル核廃棄物保管」の会議に参加した時の経験から言えば、いったん事故が起きると完全にコントロールすることがきわめて困難な原子力発電という技術が永遠に続くと考えているエネルギー関連の専門家はほとんどいない。ほぼ全員が半世紀以内にもっと安全でもっとコントロールしやすい技術に転換すると思っていることが分かった。それが、いわゆる「水素エネルギー」である。

 現在のところ「燃料電池」といった不十分な形としてしか実用化されていないこのエネルギーの活用には技術的にまだ数十年かかると予測されている。しかも、それらの資源は現在の石炭や石油の地下資源とは比べようのないくらい豊穣であり、地球上のエネルギーの総量は全く「限られた資源」などではなく、ほぼ人類の滅亡まで無限に残っていることも試算されている。地球は元々エネルギー的に「過剰な惑星」なのだ。原子力発電とはそれまでの限定的な「つなぎ」にすぎないというのがほとんどの人の考えだった。事故が起こらないように注意深く運転しながら、徐々に廃止していくというシナリオが前提とされていた。

 しかし、今回の事故は日本ばかりではなく世界中に衝撃を与えた。人の心もまた「自然」の一部であることを考えると、これからは急速にあらゆるところで原発の廃止が進められていくことになると予測できる。もう、放射能汚染を心配して生活をするのは耐えられないという人々が黙ってはいないことだろう。しかし、そうは言っても環境や大気を汚染する上に石油の供給に不安がある火力発電には戻れないし、発電量がきわめて不安定な水力や風力発電や、土地の狭い日本には不向きな地熱や太陽熱発電では全く代用にならない以上、重工業を捨てて農業国に戻るしか選択肢がなくなる。環境論者やエコロジストの言うような文明の転換をするならば、電化生活は不可能になるし、エアコンや自動車は使えなくなり、都市の機能は現在の計画停電などとは比較にならないほど大幅に低下することになる。個人的には、それも悪くないような気がするし、元々昭和30年代を経験しているので平気だと思うが、恒常的な食料不足や生産力の減退や社会治安の悪化が訪れることは明らかである。

 いや、そんなことはない。この地震で日本は大きく変わった、みんなが発想を大転換し新しいエコな文明を築くのだと言っている人も大勢いるが、残念ながら人間の習慣というものはそう簡単に変わるものではない。復旧が進めば、不便さに耐えられなくなることは眼に見えている。これから大規模な反原発運動が始まり、圧倒的な電力不足が常態化していくことになれば、また人の心も変わることだろう。みんな自分は「科学」や「理性」で行動していると信じているが、そうではなく人間の身体と心もまた巨大な「自然」なのであり、集団幻想に引きづられているだけなのである。ただ、資本主義という欲望のドライブを掻き立てるシステムの暴走を止められなくなっていた日本がこれで冷水を浴びせられて冷静になるとしたら、それは悪いことではない。被災民の支援や個人の利益や競争ではなく、自己犠牲や共同体の維持や共存を重視するかつての農村共同体的なエートスが戻ってくることは、それ自体けっして悪いことではないように思われる。

 それにしても、保存食の買い占め事件や、微細な量の放射能に過度に怯えるいまの状態はちょっと尋常ではない。昭和30年に生まれたぼくたちの世代は、DDT、大気中核実験(これだけで、チェルノブイリ事故の時の数百倍の被爆量になる)、アスベスト(石綿だらけの建物で育った)、光化学スモッグ、食品の化学添加物にまみれて生きてきた。なのに、いまや多くの人々によってその有害性がきわめて疑わしい煙草の副流煙や洗えば全く無害なほうれん草すらも忌避されるようになっている。二年前に「タバコ狩り」を出したのはこんな防疫都市文明に異議を唱えるためだった。自分たちの生活をこれまで通りにすることばかりに執着していると、かえって心が荒廃していくのである。

 9.11事件のあと、肥大する欲望をそのままにしておきながら異物や毒や外部を徹底的に排除し目の前から消し去ろうとする巨大な不寛容の時代が始まった。グローバル資本主義の脅威となるすべての敵は「テロリスト」の名の下に攻撃・排除され、それはSARSや鳥インフルエンザ、新型インフルエンザといった防疫にも適用され、環境ホルモン騒ぎ、禁煙運動、アスベスト問題などにも見られるように過度な衛生思想と防疫第一主義のきわめて息苦しい文明が生まれた。心理学大隆盛のPTSD/国民総鬱病時代、ゴミ箱や灰皿を街角から撤去し、ホームレスが地下街から通報される潔癖神経症の時代である。3.11以降、ぼくたちが気を付けなくてはならないのは、この傾向がさらに推し進められ、その結果ますます心が荒廃していくことなのではないだろうか。それは放射能汚染などよりさらに恐ろしい。
 
 そしてどうやら現在のその標的は原子力発電所とリビアのカダフィになっているようだ。確かにカダフィは悪いのかもしれないが、それにしても国連や各国政府による対話的解決の努力もなしに、いきなりカダフィ個人を標的にしたミサイル攻撃までが肯定される空気は不気味である。そして今の原発に対する即時廃止の大合唱にも同じような嫌な空気を感じる。現実的にはさまざまな安全対策を練りながら段階的に違う発電システムに移行していくしかないと思うのだけれどね。

2011.03.15

地震後の光景

 11日の午後2:30から四谷三丁目にある国際交流基金で打ち合わせすることになっていた。

 Wodiczkoの件が急ピッチで進んでいる。8月8日から10日までの三日間、横浜で国際シンポジウムを開くことが決まり、彼自身は8月4日から12日まで来日することになっている。それに合わせて小規模な展示や路上パフォーマンスの計画も持ち上がり、文化庁や国際交流基金などいろいろな関係部局に支援をお願いしている。相当エキサイティングなプロジェクトになりそうだ。

 11日は、横浜トリエンナーレ2011の記者発表の日でもある。午前11:00から横浜美術館で開かれた記者会見に出席をし、そのまま東京に移動した。四谷三丁目交差点近くの交流基金は移転後初めて訪れたが、9F建ての古いビルだった。そこの応接コーナーで打ち合わせをした。そのプレゼン中に地震。中断し、ヘルメットをつけ、窓の外を眺め、構内放送と悲鳴が鳴り響き、一旦やむと話の続きをし、強い余震でまた机の下に潜り、終わるとまたその説明を続けた。言うまでもなく横揺れはこれまで体験したことのない激しさで、これは大変なことだとは思ったが、不思議に揺れが止むと話の続きを続けていた。多分心のバランスをとるためにかえって集中できたのだと思う。

 打ち合わせは3:30頃に終わり、外に出た。元々、六本木ヒルズで開かれているメディア芸術全体会議というのに顔を出すことなっていたので、連絡をしてみたら、会議は中止になったと言う。早めに京都から来ていた吉岡洋や島本浣、企画者の四方幸子さんらが、エレベータ停止で49階に閉じ込められているらしい。となると、行かなくてもいいのだが、どうやら地下鉄も山手線も動いていないらしいし、六本木は南方向なのでとりあえず歩いて行こうということになったのだ。

 歩いている途中、非常持出袋やヘルメットを被って既に歩き始めている帰宅難民たちの群に出会った。最初は、電車も1,2時間で動き始めるだろうし、ヒルズから脱出したメンバーと飲んでいようかとのんびりとしたことを考えていたのだが、どうもそんな事態ではないらしいことが分かってきた。

 六本木では多くの店やカフェが閉店していた。空いている店には長蛇の列。歩道を歩く人の群と、道路の大渋滞で混乱していた。そこで、諦めて渋谷方面へまた歩いた。ターミナルに行けば代替バスとかタクシーとかあるだろうと考えたのだが、それが甘い考えだったことはすぐに判明する。パスは何時間も並んでたとえ乗れたところで道が大渋滞で動けない。タクシーは絶対につかまらない。結局は歩くか都内で夜を過ごすしかないのである。幸い、渋谷は終夜営業の店がたくさんあってそれらの半分ほどは開店している。

 みんな考えることは同じで渋谷駅には物凄い人が集まっていた。ホームは電気が消されていて全く動く気配がないし、バス乗り場には長蛇の列とうろたえてどんどんと集まってくる群衆とで溢れかえっている。逆に言えば、あの状態でパニックにならなかったことが不思議だが、歩道も歩道橋もまるで花火の日のように混み合っていた。この選択は間違いだったことに気づいたが、既にどうしようもない。7:30頃で、まだ国道246を渡った向こう側は人混みが少なく、居酒屋やレストランのネオンもついていたのでそちらへ移動。雑居ビルの中にある焼肉安安があったので、入ってビールと焼肉で腹ごしらえをする。こういう時の焼肉はすごくよく効く。

 そこからはひたすら歩いた。代官山を抜け、中目黒から駒沢通りを南下。途中で道を間違えて遠回りになったけど目黒通りの方に向かい自由が丘まで歩く。雨が振りそうだった空も晴れ上がり、三日月がきれいだった。さすがにこれだけ歩くと寒さも感じない。足腰が少し痛くなってきたがどうということはなかった。幹線道路は帰宅難民の群で溢れていたがあとは住宅地を通る。途中で自転車を盗みたくなる誘惑に駆られた。

 四谷から六本木まで3.6km、六本木から渋谷まで3km。群衆の中を歩いた。渋谷から自由が丘まで7km、しかし家まではまだ6,7kmある。疲れたなと思ったら踏切から警報音が聞こえてきた。電車が動き始めたらしい。自由が丘駅で東横線に乗る。たいして混んでいなかった。11:00前後から動き始めたらしい。綱島に無事到着。そこから家まで最後の2.5kmは短く感じられた。深夜0:30に帰宅。そこで初めてTVを見て津波のことを知って驚いた。これほどまでの被害は見たことのない、まさしく未曽有の天災としか言いようがない。波に飲み込まれた町や田畑、波にさらわれた、おそらくは一万人を超える数の死者たち。一挙に何十万にも殺した核兵器と比べてみてもあれだけの広い範囲を破壊した自然エネルギーの凄さは比較にならない。北茨城から仙台までの海岸線の風景はよく見慣れているだけに、あそこで起こった悪夢のような大惨事に衝撃を受けた。

 この間に、次の日の後期入試の中止、週末イベントの中止などの知らせがメールで入ってくる。土日は比較的穏やかに過ごしたが、月曜になると東京電力の計画停電発表でまたしても異常事態になっていた。電車が止まり、道路は大渋滞。何よりもパニックになった人々がスーパーやホームセンター、ガソリンスタンドに殺到し、スーパーの棚は空っぽ、ガソリンスタンドには長蛇の列が続き、大渋滞を引き起こした。電車もないし、バスも渋滞で全く動かないという状態で新しい週を迎えたのだ。食料も、ガソリンも少なくとも数日は全く手に入らなくなり、こうしてぼくたちは、地震それ自体によってはほとんど被害を受けていないにもかかわらず、備蓄に頼る避難民生活を余儀なくされるようになっている。北仲スクールも森ビルから耐震基準に達していない建物の使用停止という決定を受け、22日まで一週間の閉鎖を余儀なくされ、イベントも展覧会も中止になった。

 大学も後期入試の延期を取り消して、センター入試による書類選考に変更すると発表した。停電して電車や信号が止まるのではないかという不安と、食料が足りなくなるのではないかという不安が人々を神経症にしている。原発事故による放射能の拡散に対する不安もあり、まるでオイルショックの時みたいなトイレットペーパーやティッシュ、ラーメンなどの保存食の買い占めにみんな走っている。乾電池もコメも、カップラーメンもどこにもない。こんな物資不足になるとは思いもよらなかった。

 さすがに計画停電は部分的にしか実施されていないけれども、これが二ヶ月も続いたら大変なことになる。まともに出勤も通学もできず、トイレもエレベータもない生活は、人々の活力を低下させるだけだ。こんな時こそ、イベントや展覧会やライブが必要なのではないかと思うのに、テレビも似たような被災者番組しか流さない。役所関連の年度内イベントはすべて中止になっている。これもどうなのかと思う。

 最後に、自宅は全く物が落ちたりしないで無事なのだが、何重にも本が重ねて置いてあった大学の研究室はかなり悲惨な状態になっていた。機械類は全く壊れていないし、片付けて元通りにはしたのだけど。

Img_0088_2
Img_0089_4Img_0090_3

« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30