« 国立新美術館『具体』展とパリのももクロ | トップページ | やなぎみわ「1924:人間機械」 »

2012.07.28

石巻、一ノ関、そして平泉の旅(長いです)

 石巻市の立町商店街の一角に、神奈川県の助成を受けて黄金町エリアマネジメントセンターが中心となって展開している「日和アートセンター」というギャラリースペースがある。昨年から事業を開始しているのだが、諸事情もあって名前だけだがそこの実行委員ということになっている。横浜での委員会には参加したことがあるが、まだ石巻には行っていない。気になっていたこともあり、7月21日に石巻まで行くことにした。

 と言っても、石巻に一度も行ったことがないわけではない。去年の6月5,6,7日の三日間、ヴォディチコの作品素材を求めて東北に行った。その時の帰りに立町商店街を車で訪れている。津波で1階が全部破壊され、信号機も暗いままの商店街を抜けて、津波が逆上った北上川河口にかかる破壊された橋を渡ってから仙台に抜けた。この時の壊れた町の印象が強く残っている。

 あの昨年の東北取材旅行のことは忘れられない。まだ、自分の中で解決していないことが沢山ある。

 ヴォディチコとメールやヴィデオ会議で議論をして、そしてパリで開かれた彼の展覧会のオープニングまで足を運び、夏に横浜でやることにしていた「War Veteran Vehicle」というプロジェクション作品の中に、新たに震災と津波の被災者の声を入れようということになった。この判断が正しかったのかどうかは今でもよくわからない。ただ、ぼくもヴォディチコも何かやらずにはいられない気持ちだったし、どうなるか分からなかったのだが、それでも東北にどうしても行きたかったのだ。そこで北仲のメンバー2人と学生2人を連れてとにかく仙台に向かった。仙台駅で卒業生でNHKの仙台支局にディレクターとして勤めている星野さん、それから塩竈出身のIAMASの卒業生で秋田の短大に勤めている阿部さんが来てくれて、初日は仙台駅近くの東横インにホテルを予約して、車で多賀城、七ヶ浜、塩竈、松島などの被災地を見て回った。次の日からはまた津波の取材がある星野さんの話を聞いたり、阿部さんの秋田から4日もかかって実家を訪ねた時の壮絶な体験記などを聞いた。彼女の地元の塩竈では塩竃神社をはじめいくつかの場所を案内してもらった。

 二日目は朝10:00に仙台メディアテークの清水さんと面談し8月の仙台でのイベントの概要を決め、まだ道路に凸凹が残る東北自動車道に乗り、一ノ関インターから気仙沼に向かった。気仙沼では2チームに分かれて、避難所となっている公民館の館長とリアスアーク・ミュージアムの山内さんのインタヴュー。公民館には復興に力を注いでいる地元の酒屋のHさんも来てくれた。気仙沼駅前で合流し、その日に帰られなくてはならないスタッフを一ノ関の新幹線乗り場に落として、残った5人で一ノ関駅西口でビールと夕食。近くのローソンで食材を仕入れその日の宿だった厳美渓渓谷の料理旅館へと真っ暗な夜道を走った。厳美渓渓谷とは一ノ関の郊外にある景勝地で、普段は観光客用の料理旅館なのだが震災で全く客が来ないので素泊まり4000円という格安の値段だったのと、とにかくその時期には被災者とボランティアでどこのホテルも一杯で全く宿が他に取れなかったためにちょっと遠いそこに泊まったのだが、朝ご飯には10品目ものおかずと無料のコーヒーサービスまでしてもらって大感激の宿だった。

 この旅館で阿部さんに問いつめられて苦しかった。家族や友人が被災者である彼女に、戦争がテーマの作品なのになぜ震災や津波の被災者の声を入れようとするのか。彼女の友達に「私たちはステーキの添え物の人参なの?」と言われて、何も言い返せなかったこと。何よりもヴォディチコを知らない人たちになぜそんな見も知らないポーランド人に協力しなくてはならないのか分からないと言われたこと。その日の朝にメディアテークの清水さんにもやはり同じような疑問を投げかけられたこともあって、身が引き締まる気持ちだった。阿部さんに謝って、とにかく明日以降はぼくが身体を張ってインタヴューをしていくことを決心した。ヴォディチコのためと言うよりも、自分自身の問題として引き受けなければ何も先に進まないと思ったのだ。


 そして最終日には朝から再び気仙沼に向かい、公民館の紹介で地元の漁業協同組合の人たちが25,6人で復旧作業をしている現場に行き、Sさんという方から長時間のインタヴューを頂いた。最初はよそ者が何しに来たという感じでよそよそしかったのだが、だんだんと心を開いて頂きとても貴重な話を伺えた。また、そこまで車で先導して頂いた酒屋のHさんにも体験を話して頂き、さらには地元の人にしか分からない場所を何カ所か案内して頂いた。少年野球場を臨時墓地にしている場所のことは忘れられない。そのあと、まるで爆心地のような陸前高田まで行き、バイパスを南下して南三陸町から何カ所か通行止めになっている海岸沿いを迂回して石巻へと向かった。その後、8月にもヴオディチコ夫妻と一緒に仙台メディアテーク、気仙沼や大船渡、陸前高田にはもう一度訪れることになったが、石巻には行っていない。

 今回の小旅行はだから、そんな1年前に訪れたいくつかの場所を確認する旅でもあった。余りにも沢山のことが同時に起こったので、記憶のつながりが曖昧な場所がいくつかあったからである。とりわけ石巻の立町商店街、一関駅前は一回目にしか行っていないので、記憶を確認してみたかった。1年ぶりに訪れた二つの町は灯りが戻り、人々も普通に歩き回っていた。石巻は復興支援の人々でにぎわい、居酒屋やホテルは満員だった。
Img_0253まだまだ瓦礫や破壊された建物の整理が終わらず、町の復興まではまだまだ気の遠くなるような時間が必要なことは一目で分かる。北上川の河口が見渡せる日和山に登ってみたが、河口の西側は砂漠のように洗い流されていて、点々と雑草が生えていた。展望台で会った二人組の若い女性が「草って生えてくるのねえ」と呟いていたのが印象的だった。5,6歳くらいの孫とおぼしき女の子を連れた老人が「津波が家を持って行ってしまったでしょ? 今度津波が来てまたお家を戻してくれたらいいねえ」と話しかけていた。地元の人たちは、今でもこの見晴らしのいい山にこうやって昇ってきているのだ。Img_0252


 一関の駅前で食事をした居酒屋のビルや、買い出しをしたローソンを見たら、1年前の記憶がだいぶ戻ってくるような感覚があった。Img_0263
そこから、10kmほど離れている平泉の中尊寺と毛越寺にも足を伸ばしてみた。もう大昔、NHKの大河ドラマでブームになった頃に両親に連れられて来たことがあるのだが、その時のまんまの姿で、これまた同じ参道を歩いた記憶がくっきりと残っているのが不思議だった。地震はあったものの、津波や原発事故の被害を受けていないこの岩手県内陸部は半世紀近く経っても全く変わらないままでいることも不思議な感じがした。
Img_0276相変わらず資本主義からは取り残されたのどかな日本の田舎である。

 東北地方以外では地震や津波のことは忘れられ、原発再稼働問題ばかりが注目されているが、改めて考えてみるとあの津波の持っていた桁外れの衝撃力こそが去年のあの災害の一番重要なことだったのではないかと思う。人間の文明など紙のおもちゃのように簡単に洗い流し、人も建物も何もかも消し去ってしまったあの巨大な自然の威力をいつまでも目に焼き付けておかなくてはならない。逆に余りにも巨大だからこそ人はそれを忘却しようとするのだろうが、フロイトが言っているように忘却とは心的機制に他ならないのだから、それはぼくたちの無意識の中に根強く息づいてもいるのではないだろうか?

 前回も「ももクロ」のことを書いたが、最近ぼくが彼女たちに惹かれるのは、そのステージの向こう側に押し寄せてくるあの津波の映像が瞼の裏に浮かび上がってくるからではないかと思うようになった。抵抗しようのない津波の中で、そしてその後の喪失感の中で、人間はどうやって生きて行くべきなのか、生き続けて行くべきなのかということを、優秀なブレインたちによって支えられた彼女たちのステージが示唆しているように思えてならない。まあ、これも「深読み」に過ぎないのかもしれないが、元気な少女たちが全力疾走で歌って踊る光景がなぜこれ程までに心を打つかという理由の一つは明らかにぼくの場合にはそこにある。だから、「労働讃歌」と「ニッポン万歳」で終わったパリでのパフォーマンスに感銘を受けたのだ。その思いがもし裏切られることがあるようなら、ぼくの関心も失われることになるだろうと思うが、少なくとも2011年の彼女たちの活動はこの津波のイメージと切り離せないのではないかと思っている。

« 国立新美術館『具体』展とパリのももクロ | トップページ | やなぎみわ「1924:人間機械」 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/55297322

この記事へのトラックバック一覧です: 石巻、一ノ関、そして平泉の旅(長いです) :

« 国立新美術館『具体』展とパリのももクロ | トップページ | やなぎみわ「1924:人間機械」 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30