« パノラマプロジェクト東京篇、いよいよ24日から始まります | トップページ | 国立大学がいま大変なことになっている »

2014.02.17

劇団ドガドガプラス、浅草版『ロミオとジュリエッタ』、22日から始まります!

先日通し稽古を見に行かせて頂いた時に、主宰の望月六郎さんから当日お客さんに渡したいのでと応援メッセージを頼まれた。これは書いてある通りに、本当に面白いです。ニッパチと言って2月にはお客さんが来ないと言われているけど、こんなに面白いものを見ない手はない。会場は、かつて渥美清、井上ひさし、萩本欽一、ビートたけしらを生み出した元ストリップ劇場「フランス座」! いまは「東洋館」という寄席になっている浅草六区のど真ん中です。掛け値なしに面白い。大々的に宣伝しますので、是非足を運んで自分の目で体験してみてください。

詳しい公演情報はこちらのサイトをご覧下さい。

また、望月さんのblogはこちらです。

----------------------------------------------------------------------------------

望月版『ロミオとジュリエッタ』の見所!

        劇団ドガドガプラス応援団/横浜国立大学教授 室井 尚

 劇団ドガドガプラスの公演を初めて見たのは、立ち上げから1年後の2007年のことである。あれからもう7年も経つ。その間、この劇団と望月六郎はものすごい勢いで進化してきた。日本中見渡してもこんなにオリジナルな劇団は見当たらない。作家性とエンターテイメント性、さらには歴史に対するしたたかな批評意識を併せ持っているだけではなく、そこにレヴュー形式の華やかな歌とダンスシーンまでが加わる。終わった後には爽快な解放感と沈殿する深い悲しみの両方が胸に残る、そんな不思議な演劇なのだ。
 今回の望月版『ロミオとジュリエッタ』は、劇団ドガドガプラスのこれまでやってきたことの集大成と言ってもいい傑作である! 心して楽しんで頂きたい。
 舞台は元禄時代の吉原/浅草。そこには赤穂浪士を含めた支配階級たる武士たちと、吉原を仕切る忘八者や花魁・女郎たち、中国人、河原乞食=芸能者たちといったさまざまな階級と集団が登場する。それぞれがぬぐいきれない宿業を背負っており、とても魅力的な群像劇に仕上がっている。ゆうき梨菜、前田寛之、そして劇団唐組からの客演・赤松由美、岡田悟一がしっかりと脇を固め、他の客演陣、若手たちもみんな力一杯演じていて気持ちがいい。
 人間は本来的にはただの生身の生き物である。本能が少しばかり壊れてしまってはいるが獣(けもの)であることにかわりはない。文化とか制度とかいうものは、その皮膚の上っ面に張りついた薄っぺらな構築物にすぎない。それなのに、人はいつもしきたりやお金の方がリアルで、恋や性愛は一瞬の幻想、まやかしだと思いたがる。国家とか社会とか経済という自分たちで勝手に作り上げたフェイクの世界にのめりこみ、みんなそれらに押しつぶされてしまう。もっともっと、ぼくたちは生き物として輝かなくてはいけないんじゃないだろうか?
 望月六郎の作品では、いつも「女」と「性愛」こそが、こうした「地獄」から脱け出すための唯一の「媒介」装置となっている。言うまでもなく性愛こそは「交わり=交通」の場であり、本当にリアルなものであり、人間界のしきたりや経済や歴史を垂直に切り裂き、渦巻きのように上昇する旋風なのだ。ああ、生まれてきて良かった、と思わず口に出してしまうのはそんな時だ。普通には「倒錯」と呼ばれるこのような非時間的な性愛こそが本当のもので、人々がリアルだと思い込んでいる制度や社会の仕組の方が実は倒錯なのだと望月は言おうとしている。
 この『ロミオとジュリエッタ』ではそうした人間社会から逸脱した二人の男女が描かれている。主君の仇討ちで死ぬためだけに生きている赤穂浪士・毛利小平太(別名・狼の目を持つ男「狼眼男」)と、忘八者の組織を継がなくてはならない宿命を持つ犬神一家の一人娘「樹里恵」である。最後に二人はさまざまなしがらみをすべて断ち切って「犬」と化して情愛の嵐を作り上げていく。
 この二人を演じている丸山正吾と中田有紀が凄い! 犬のように吠え、獣のように互いの体臭を嗅ぎ合いながら二人が繰り広げる果てしない道行きの場面は、たとえようもなく美しい! 何度でも見たいし、皆さんにも何度も見て頂きたいと思うほどに素晴らしい。
 シェークスピアの『ロミオとジュリエット』という今では紋切り型と化した戯曲が、望月六郎の魔術によって現代に蘇り、ロマンティックな純愛劇を遥かに超えた、美しい二匹の犬の「性愛の暴風雨」を引き起こす。それは、見る者すべてを巻き込み、頭を痺れさせ、上方へと連れ去り、上空から人の世の不自由さと卑小さを改めて見せてくれることだろう。
 そして、最後に(近松)門左衛門が登場する。虚構の中の美しい結晶として二人はいつまでも生き続けていく—-そして、それが望月六郎の選んだ「演劇」の永遠なのだ。
 さて、それではもうそろそろ幕が開きます。
 お楽しみはこれからだ!

« パノラマプロジェクト東京篇、いよいよ24日から始まります | トップページ | 国立大学がいま大変なことになっている »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/59150043

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団ドガドガプラス、浅草版『ロミオとジュリエッタ』、22日から始まります!:

« パノラマプロジェクト東京篇、いよいよ24日から始まります | トップページ | 国立大学がいま大変なことになっている »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30