« 日本記号学会第35回大会「美少女の記号論」終了 | トップページ | 全国の国立大学をこのまま国(文科省)の奴隷にしていいのか! »

2016.01.04

2016年のはじまり

長いこと更新をしていなかった。

もっぱらFacebookとTwitterでの発信ばかりになってしまった。

もう一つはずっと契約していたNiftyの有料サービスを全部解約したということも大きい。

光電話サービスも、Cocologの有料サービスもそれに伴って止めた。
そのためにデザイン面とかでできないことが多くなった。無料サービスの範囲でのことしかできない。

NIftyのアカウント自体は残してある。なんと言っても1987年以来ずっと付き合ってきた会社だから縁を完全に切ることは難しい。

これまでマンションの光ケーブルをNTTとNiftyを通して使っていたのを、地元のケーブルTV一本にしたからである。

そう言えば1996年からずっと使ってきたbekkoameのサービスもほとんど使っていないなあ。解約しようかなあ。

2016年という数字を見ても今更何も思わないが、最初にホームページを開設してから20年目である。
そう言えばちょうど十年前の2006年に三ヶ月半だけではあるけれどもヨーロッパを一人で放浪していたことを思い出す。

2回も盗難にあったり、結構大変だったけど、色々な出会いもあり楽しかった。
また、ああいうことをしてみたいけど、体力がいつまで持つのかということもそろそろ少し気になるようになった。

昨年11月にニューヨークに行った。ニューヨークは2001年2月以来で、WTCのツインタワーの見えないニューヨークを訪れるのは初めてだった。

ロウワーマンハッタンのイーストヴィレッジでクシシュトフ・ヴォディチコと会って、今年二人でやろうと思っているプロジェクトの打合せを初めてやったのだが、戦時のワルシャワで生まれた73歳になるこのポーランド出身のアーティストとこんなに仲良くなって、また一緒に仕事をすることになるとは思ってもいなかった。

彼は3月に10日程度、ぼくが招いて来日することになっている。そこから一体何が始まるのか、とても楽しみだ。

今更ではあるが、人生は一期一会の連続である。とりわけ、これだけ年齢を重ねると、昔のさまざまな出来事が縁となって、それから時を経て一見重なりそうになかったことが突然重なりあってくることが多い。
年賀状やFacebookの繋がりを見ていてもそう思う。

12月に出した角川新書『文系学部解体』の評判が良い。もっとも、これから色々な火の粉が降りかかってくることになるのだろうが、ずっと過ごしてきた大学の危機とあってはもう立場とかどうとか言っている場合ではないと思う。

今月末には日本記者クラブで講演をさせてもらうことになっている。社会がどのように受け止めてくれるのか確かめてみたい。それもこれも始まりはこのblogだった。

というわけで、多分これからはFacebookがメインにはなると思いますが、時々はこうしてここに戻ってきたいと思っています。

どうぞ、今年もよろしくお願いします。


« 日本記号学会第35回大会「美少女の記号論」終了 | トップページ | 全国の国立大学をこのまま国(文科省)の奴隷にしていいのか! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16230/63004182

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年のはじまり:

« 日本記号学会第35回大会「美少女の記号論」終了 | トップページ | 全国の国立大学をこのまま国(文科省)の奴隷にしていいのか! »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31