« 2016年3月 | トップページ

2016年10月

2016.10.30

地方から見た「アートフェス」のリアル。

山形大学准教授の貞包英之氏によるネット版「現代ビジネス」の記事を読んだ。


国家や行政に「動員される」、「元々自らの中に国家や権力に対抗する姿勢を持っていなかったアーティスト」という視点は耳に痛い人が多いのではないだろうか? 大阪万博の時とは、国家と個人の関係は違うとは思いながらも、確かにオリンピックに向けて更に乱立していくアートフェスを見ていると、その光景がだぶって見えてくる。ディレクターがいつも、北川フラム、南條史生、芹沢高志といったような同じ人の名前が出てくるのにも、誰も批判すらせず、黙っている。

80〜90年代に地方活性化の目的で、観光用の「◯◯太鼓」がどんどん作られていった。指導していたのはみんな同じ人達。伝統も、背景も何もないところにどんどん地域おこしのための「◯◯太鼓」が生産されていった。子供たちが一生懸命太鼓を叩いているのは確かに美しいが、結局は彼らは大人たちの政策に「動員」されていたのだ。今のアートフェスはそれと同じ臭いが確かにするし、「目玉」の傍らで、いかにも口実として展示されるしょぼい「地元作家」や「その地域の風景や町並み」に対するこの人の眼差しも共有できる。確かに、まるでアートフェスが開かれていなければ、この地域は来るべき何の価値もないと言っているようなものだからだ。

その一方で、この人も疲弊する地方のために「アートフェス自体には反対」できない。やはりそれを肯定しながらも、こうした大きな流れに「敵対する」アーティストの登場に期待するしかないというのがいかにも苦しい。

しかし、そこまでアーティストに期待するのは酷かもしれない。彼らにできることはせいぜい参加しないことくらいだけれども、招かれたのにそれを断るというのは、特に活動の場所が少ないアーティストにとっては難しい上に、問題を起こしてもう二度と呼ばれなくなるリスクをおかすことはもっと難しいだろう。

唐十郎はけっして「演劇祭」や「演劇フェスティバル」に参加しようとはしなかった。「なぜですか?」と聞いたら、「だって芝居はそれ自体がお祭りなのだから、お祭りが沢山集まっちゃったら面白くなくなっちゃうじゃない」というようなことを言っていた。

自分の作品のことしか考えないアーティストと違って、唐さんはいつも観客の視点で物事を見ていたことが、今なら分かる。確かにお祭りばかり沢山集めたって、一つ一つの意味は弱められてしまう。あるいは「沢山一度に見られて面白い」というようなアートの消費者たちとは異なる観客を求めるアーティストにとっては、アートフェスはむしろ敵対しなくてはいけないものだということにはならないだろうか?

アートフェスに参加することで新しい発見が生まれ成長するアーティストは確かにいるし、この人が書いているように、ようやく文化にお金が流れるようになった今の状況を全否定することは、ぼくにもできない(第一、最初の横浜トリエンナーレで共犯者になってしまっているし)。しかし、同時に腑に落ちないことや、「空気を読める」人たちによる大政翼賛会的ないまのアートフェス流行りに対して、胸の奥にどんよりと溜まる違和感はいつまでも消えないのである。

2016.10.28

大麻は本当にそんなに悪いものなのか?

 以前、武田邦彦さんが出した『大麻ヒステリー―思考停止になる日本人』(光文社新書)を読んで感心したことがある。武田さんはその後も『早死したくなければ、タバコはやめないほうがいい』(竹書房新書)を出したり、放射能被害に関する誇張についても発言している。そのどれもがとても真っ当な議論だと思うが、マスコミや反対論者の総攻撃を浴びている。

 ぼくの『タバコ狩り』もそうだけど、きちんと読まずに感情的に攻撃してくる人たちの合言葉が「データ」とか「エビデンス」だ。基本的にこういう言葉を楯にして嵩にかかって少数者を排除しようとする人たちは、何を言っても意見を変えようとしない。そしてその背後には必ず誰かの利権が絡んでいるのである。
 
 ぼくは余りナチュラリストやエコロジストは好きではないけれども、鳥取の大麻解禁論者と今回の高樹沙耶さんの事件は警察と厚生労働省の陰謀にしか見えない。マスコミの叩き方も異常だ。誰も大麻そのものを問題にしようとはしない。

 この動画はとてもよくできているが、武田さんの前掲書から付け加えるべき情報としては、精神に何らかの作用(鎮静作用や集中力を高める作用)をもたらす成分を持っている大麻草はインド大麻だけであって、日本などで古来から栽培されている大麻にはそもそもそうした成分は含まれていないということである。

 つまりは栽培用の大麻(さまざまな利用法がある上に、精神作用はもたらさない)と、高樹さんたちが主張している医療用大麻(鎮静・鎮痛作用などがある)の問題は分けて考えなくてはならないし、またすべての大麻が「もっと強力な麻薬の入り口になるから」という乱暴な論理も批判されなくてはならない。

 そんなことを言うのなら医者の処方する抗うつ剤をはじめとする神経間伝達物質を含む薬剤の方が、もっと強力な薬物への導入剤になったり、あるいはどんどん量を増やしていき薬漬けになる危険性が高いはずだ。

 実際に精神科の診療を受けて抗うつ剤を処方された学生が「この薬は一生飲み続けることになるでしょう」と医者に言われたという。こっちの方がもっと問題なのではないだろうか。

 ちなみに70年代までは日本の警察は大麻取締にあまり厳しくなく(覚醒剤がヤクザの収入源になっていたのに比べて、大麻はヒッピーやバックパッカー経由で安価で入ってきていたからだと思う)、何度か経験したことがあるが、集中力が高まり鎮静作用があるのは事実だ。ただ独特の臭がするし、何よりもタバコよりも胃に悪いらしく、何度か腹を下したことがあるので個人的には好きではない。

 取締は徐々に厳しくなり、とりわけ1990年に勝新太郎がパンツに隠していた件で逮捕されてからは、ちょっと尋常ではないくらいに大麻の取締が厳しくなっている。今回の事件はそんなことを考えるいい機会だと思う。

 タバコの件もそうだけど、とにかく「思考停止」にならないためにも。

2016.10.13

飲食店の「喫煙席」がなくなる見通し:科学的根拠って?

 問題のニュースがこれである。オリンピックに絡んで随分きな臭い動きが続いていたが、結局そこに踏み込むらしい。しかし、そこには全く科学的根拠はない。いつでもそうだが、「エビデンス」とか言い立てる連中が一番いかがわしいエセ科学者たちなのだ。

 『タバコ狩り』の著者としては、もう既に「2010年までに居酒屋も全面禁煙になる!」と予告していたので、それが10年延びたところで別に今更驚きはしない。疫学化する社会がますます窒息しそうな息苦しい状況を強めていく。

 『タバコ狩り』は2009年に出版された。アマゾンでは醜悪なレヴューに埋まっている。誰一人、論破などされたことはないのに。

 国立がんセンターが「受動喫煙の健康被害は確実」とかわざわざ今の時点で発表した裏が読めた。これもヒステリックなもので、メタアナリシスによる受動喫煙者の肺がんにかかるリスクが「約1.3倍」であり統計的に有意であるということから、受動喫煙の害は「確実」というものである。ちなみにここに出ている数値は「1.28倍」だ。何も切り上げて発表する必要はないと思うが...。


 年間の肺がん死亡者数は10万人あたり男85.0人、女32.4人という統計がある。


 これは全肺がん死亡者の数字だが、このうち受動喫煙による死者の割合はきわめて低い。あまり当てにはならないがこんな統計が発表されている。

 とすると、10万人あたりにざっくり換算すると、男で4.5人、女で10.4人程度だということになる(人口一億として。正確に1.29億にすればもっと少ない)。あ、違った。一億で割ってはいけない。男女半分として5千万で割らなくては。すると男10人、女20人ということか。やっぱりこの統計おかしいな。多めに出しているとしか思えない。女32人のうち20人が受動喫煙者のわけないもの。それともぼくの計算がおかしいのか?


 がんセンターの言う「約1.3倍」をそのまま適用しても、7人対10人とか16人対20人程度にしかならない。10万人あたりである。多分実際にはそんなに違わないだろう。

 普通の人はこういう数字は「誤差」と考え、そんなに気にするほどではないと考えると思うのだが、これを根拠にしてすべての飲食店の喫煙席をなくすというのは、どう考えても暴力以外のなにものでもないと思うのだが、どうだろう? 酒や排気ガスとくらべても、タバコの受動喫煙の害はほとんど問題にならないレベルである。臭いが嫌いな人や煙に敏感な人は、それはいるだろうが、喫煙席すら禁止するというのは、これはもう発狂しているとしか思えない。まあ欧米先進国は室内全面禁煙が多いので、全世界的に発狂しているのだが、ほとんどの国で屋外はどこでも喫煙できるようになっている。今回こんなことをしたら日本が世界一発狂していることが証明されることになるだろう。

 しかしまあ、屋外の喫煙規制が世界一厳しい国なのに、こんなことをしたら、雑居ビルのスナックやバーは死活問題になるだろうな。本当に社会全体がどんどん悪い方向に進んでいる。

 喫煙率全体の数字は確かに下がっている。だが30代、40代に絞ると男性では約4割(がんセンター方式。本当は38%程度)も喫煙者がいる。この人たちの総人口は少数者として排除される規模をはるかに超えていると思う。異常に遠くに設置された明らかに狭すぎる喫煙エリアや喫煙室に、入りきれないで群がっている働き盛りの羊の群れを追い立てて何が楽しいのだろうか?

« 2016年3月 | トップページ

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31