2007.01.24

納豆ね−

 「あるある大事典」放送中止騒ぎで話題の納豆ダイエットだが、ぼくは試しにやっている。一日二回、かき混ぜて20分以上放置して発酵させてから食べるとかいうところが個人的にヒットしたからだ。

 「紅茶キノコ」から「カスピ海ヨーグルト」まで、こんなものにずっと踊らされ、騙されてきたわけだが、半信半疑で「ネタ」で楽しんでいると思っていたはずなのに、いつのまにか「ベタ」で怒り出す人が余りにも多いことに逆に驚いた。だいたい堺正章と志村けんがやっているゴールデンタイムの番組内容をそのまままともに信じる方がどうかしている。DHEAだって、その若返り効果やダイエット効果なんて全く証明されていないのに、一人や二人の大学教授が言ったこと(だけ)を信じて、スーパーの納豆の買い占めに走る消費者の方が悪いのだ。全く「証明」なんてされていないタバコの害や副流煙の有害性を鵜呑みにしている人たちと同類だね。まあ、デマというのは元々そういうものなのであって、テレビを初めとするマスメディアは「世論」という名の「デマ」を生産する装置にほかならないのだけれども。

 この騒ぎで変なところは、「騙された」とか「納豆の売れ行きが落ちるのが心配」とか、自民党や議員まで「国民の信頼を裏切る重大な問題」とか騒ぎ立てる手合いが余りにも多いこと。NHKの受信料徴収強制化とか、「放送」そのものが凋落し、ワンセグのような移動体メディアにテレビ放送が移行している現状に全くそぐわない政策を打ち出している時代遅れな政党が言うことなのだけれども、そんな内閣を一時期は80%近くが支持してしまったり、いまでも半数近くが支持しているという駄目な国民の方が問題なのだが。

 ゴールデンタイムのテレビがやることがそもそも「いかがわしく眉唾」であるのは最初っから当たり前のことではないか? テレビ通販のダイエット薬や変なトレーニングマシーンを買う人だって、別にテレビで科学的に正しい報道がされていると信じて買うのではなく、つい騙されて衝動買いさせられてしまうだけに決まっている。こんなのは自己責任で判断するのが当たり前のことなのであって、そんなことを言ったら朝のワイドショーの「占い」とか、オカルトやUFOの番組はどうなってしまうのだろう。「オーラの泉」や細木数子の番組の方が何百倍もずっと有害だと思うのだが。守護霊とか運命とかは科学的に正しいのか? ぼくにはこっちの方がずっと不愉快であり、それと比べれば「あるある」なんて笑って見過ごせばいいことだと思う。

 不二屋騒ぎだってなんてオーバーな。(消費期限じゃなくて)賞味期限一日切れの牛乳を加工乳製品に使ったって別に犯罪ではないと思うね。要するにみんな人の揚げ足を取って、バッシングしたいだけではないか。雪印の社長の時と同じアングルの映像を使って不二家の社長を辞任に追い込んだりして、このところのテレビや新聞はとにかくスケープゴートを見つけてそれをいじめ抜くことに必死だ。特に酷いのがテレビ朝日で、河川敷でゴルフの練習やっている老人をしつこくインタヴューしたり、自転車を駅前に放置する高校生をいじめたりと正義漢面して嗜虐性を加速している。こっちの方が不安神経症としては深刻なのではないかと思う。いまやマスメディアは2chと変わらないのだ。

 鳥インフルエンザの話もなんか変だね。だいたい去年急にブッシュが「新型インフルエンザの脅威」について声明を出したのだって、イラクの情勢を考えると意図的なものを感じる。昔からずっと風邪をひく鶏なんていたはずなのに、まだ人間から感染するウィルスが生まれてもいないのに、その鶏舎の何万もの鶏を全部殺す処置というのはどうなのだろう? 人間だったら、風邪にかかった町全員を殺すのと同じことだし、耐性をもった鶏が生き残れないことになるのではないだろうか? 養鶏業者が激減して、国産の鶏が食べられなくなることの方が問題なのではないか?

 マスメディアやネットでは正しい情報なんて得られない、というとすぐに、じゃあ一体何を信じたらいいんですか? ということになるわけだが、そんなに簡単に何かを信じる方が良くないのである。日経新聞を毎日読んだって、ネットで情報を集めたって、本当に正しいことなんて見つかるわけもないのだ。そんな風に何でも答えが見つかるという風に考えることの方が病気なのである。何でもかんでも正しい選択があると考え、ディシジョン・メイキングのマニュアルにばかり頼るような人間が絶望的なまでに増えてしまったということが、スーパーの店頭から消えてしまった「納豆コーナー」が教えてくれたことだった。

2007.01.23

このところ週一ペースですが、

 センター入試が20,21日にあった。
 去年のセンター入試は大雪だった。この時期はなぜか雪になることが多く、数年に一度は大雪になる。
 去年は車で立ち往生した人たちも多かったが、その前に山中湖でひどい目にあった経験のおかげで、さっさとチェーンを準備してさしたる苦労もなく快適に通勤した。

 だが、今年は雨。その上、横国に来てから毎回動員されていたセンター入試業務が今年は大幅にカットされている。結局土曜日の夕方「リスニング要員」といって、単に例のリスニング機器を運ぶだけの役だった。ちょっと拍子抜けするほど「楽すぎる」。

 ずっとロボットのように働かせられてきていたのに、同じく今年初めて楽な役を振られた同僚の梅本洋一は「そんな年齢になってしまったんだ」と落ち込んでいたが、ぼく自身はセンター入試業務というのは大学教員稼業で一番嫌な仕事だったので、単純に嬉しい。そこで、へらへら皆とおしゃべりをしていたら、入試委員長から「来年の副委員長はマルチから出すことになっているんだけど、室井さんはどうだろうという話が‥‥」という肩叩きがあり、青ざめる。課程持ち回りなので、来年副委員長ということは再来年は委員長をやらなければならないということなのである。事務の人たちも学部長さえも「室井さんには向いていないのでは」と言ってくれるほど向いていないし、途中で暴れ出しそうな予感すらするので何とか避けられないかと思うが、今年が楽だったのはこんな裏があったのかとつい疑ってしまう。何とか、逃げたいものだが、どうなのだろう。人には「向き不向き」というものがある。どうせのことなら教務委員長の方がまだマシだ。

 大学人以外には分からないだろうが、激務の委員会に教務委員会と入試委員会がある。昔は厚生委員会も結構大変だったが、このところ大したことはなくなっている。激務と言っても何か創意工夫が求められるわけではなく、単純に時間的に制約されるだけのことなのだが、学生の教務関連問題を直接扱う教務委員会に比べて、入試委員会はこれまで決められたことを、単に事故のないように創意も工夫もなく淡々と続けていくという手続きばかり多くて徒労感の多いつまらない業務であり、その上、拘束時間が長く、とりわけ一番嫌でたいてい二日目の夕方には機嫌が最悪に悪くなり人に当たり散らしてしまうほど嫌なセンター試験の責任者というのはかなり耐えられない。ということで、そこから逃れられるように早速近くの人たちから説得を始める。うまく行くだろうか?

 日曜日は中野・椎野・禿と一緒に朝から水戸芸術館に。いい天気だった。唐組の稲荷・鳥山・久保井が客演しているATMの「麗しのハリマオ」(長谷川裕久作・演出)のマチネを観劇。十貫寺梅軒さんをはじめ東京からも沢山おしかけていたので、水戸在住の栗原ご夫妻も交えて近くで打上げる。

 劇団唐ゼミ★の公演「ジョン・シルバー(続)」の準備もいよいよ本格的になってきた。今週と来週はイレギュラーな日程だが、いろいろと忙しく、二月からようやく春休みモードになる。

2006.12.10

日記を統合

 Mixiでやっていたヨーロッパ日記をこちらに統合します。なぜかあちらで30人近くいた「マイミク」が何かのシステムエラーで突然全部解除されたしまったこともあります。ほぼ完全に転載しておきましたので、左のメニューから探してご覧下さい。あるいは2006年7月から10月までの月別Indexからも探せます。

 2日には東京芸大で開かれた美学会東部会の例会に久々に顔を出した。
 発表がメルロ−ポンティとバルトというかつて馴染んだテーマのものだったので、ちょっと発表後に口を出すが、何だか大学院の学生指導みたいになってしまった、と反省。古いネタを新しい視点で引き出せない発表者もちょっとね。
 終わった後、東大の西村清和さんを誘い武藤三千夫さん、岡田三郎さんとアメ横の焼き鳥屋で、飲む。西村さんとはタイプが全く違うのだが、一緒に飲んで話しているとなぜか楽しい。

 大学は書類作成ラッシュで忙しい。この時間を学生たちと過ごす時間に回せたら、どれほど時間が有効に使えるだろう。何とか最初のピークを乗り切る。

 9日は冷たい雨の中、銀座での日本記号学会の理事会・編集委員会。新しい機関誌の内容検討と米沢での大会の打ち合わせ。米沢の学会は写真をテーマにした面白いものになりそうだ。

 来週は忘年会続き。急に年末の慌ただしい気分が襲って来た。

2006.11.13

いくつか告知

第九回の国際記号学会の日時が決定しました。フィンランドのヘルシンキとイマトラで来年の6月11日から17日まで開催されます。研究発表申し込みの締切は11月30日。まだ先だろうと思ってたかをくくっていたので、ちょっと急すぎますが、何とかひねり出さなければなりません。この大会は参加者も多く、面白いです。エーロ・タラスティ新会長になって初めての大会ですしね。日本からも沢山参加してくれるといいな。

・一方日本記号学会は、来年の5月12-13日に山形県米沢で開かれます。大会テーマはこれからですが、「写真」関連になる可能性が高いです。温泉付きかも。6日の夕方にその打ち合わせをしてから、新宿梁山泊の「風のほこり」に行ったら、偶然山口昌男さんご夫妻が来ていてびっくり。山口さんは少しだけ元気になっていたようでした。南会津の昭和村にある別荘を整理したいと言っていた。十数年前に昭和村にある喰丸小学校という廃校を文化センターにしていた時に作った広々とした別荘なのだが、山口さんがいろいろ設計のアイディアを出して3000万円かけて作ったにもかかわらず、もう行けそうにないので500万円程度の格安価格で譲りたいという。日本にまだこんなところがあったかと思うくらい、いいところです。近くに温泉もあります。誰か買い手はいませんか? 連絡していただければ山口さんにご紹介します。

「嫌煙という神経症」(原題:「嘘まみれの嫌煙キャンペーンを大学人はどう考えるのか?」)を再改訂しました。未だに外からリンクをたどってこの記事だけを読みにくる人が多いためです。但し誤字の訂正と、いくつかの補足以外に基本的には何らの変更もありません。この記事を外で取り上げて議論している人たちは、データがどうしたこうしたではなく、まずはこの文章の主題を正しく読み取っていただければと思います(今まで山形*浩生氏によるもの以外に取り上げる価値のある批判はひとつもありませんでしたし、山形氏の批判に対しても以前のエントリーで十分反論できていると思っています)。
 嫌煙が「非科学的」だと言っているのではなく、ましてや「喫煙」が「無害だ」と言っているわけでもなく、単に現代の「嫌煙キャンペーン」が非理性的であり、その底には文明論的な病理(「絶滅の思想/浄化の思想」)があり、それが問題だと言っているのが元からのぼくの主張ですし、「医学」とか「科学」とかを他者を封じ込めるために盲目的に持ち出すのはとても危険ですよと言っているのです。カール・ポッパーやパウル・ファイアーアーベントを引用するまでもなく、「科学」とは「反証可能性」によってのみ可能なものであって、けっして反論を封じ込めるために使われてはならないのです。ぼくにとって「煙草」自体はそれほどたいした問題ではありませんので、個人的には「嫌煙派/喫煙派」の不毛な議論にもうこれ以上関わるつもりはありません。世界的にもこうした異議申し立てが盛り上がり始めているようですし、日本国内のWebsiteやblogでもいくつか面白い動きが始まっていますので("Go Smoking"のサイト、SadManさんのblogなど)、今回の更新で最後にして、あとの議論はそれらに委ねたいと思います。

・来週は劇団唐ゼミ★を伴って韓国に行きます。全羅北道の中心都市・全州での演劇を介しての異文化交流。行ってみなければ何が起こるのかわからない。楽しみです。
 

2006.11.03

休日

 帰国以来ずっと休みなく動き回っていたが、ようやく休日。
 大学祭期間中ということで、助かる。とりあえずはぐだぐだ遅くまで寝ていた。

 28,29は雑司ケ谷鬼子母神での唐組の千秋楽。相変わらず超満員で、立ち見の出る盛況だった。稲荷卓央が見違える程よくなっていたのに驚いた。観客で来ていた馴染みの人たちと久しぶりにお目にかかる。大久保鷹さんは、足立正生監督の「幽閉者」やテレビ東京日曜深夜にやっている「ライオン丸G」にも出ていて元気。

 ところでこの「ライオン丸G」に大久保さんは「果心居士」(戦国時代の怪人とされていて、山田風太郎の小説にも妖術師として登場してくる)として出ているのだが、例のYoutube(www.youtube.com)で映像が見られる。(言うまでもなく無許可映像なのですぐに消されてしまうかもしれないが、検索窓で「ライオン丸G」と入れると見ることができる)。これが思いのほか面白い。凝り性の監督らしく、いろいろな昭和の映像の記憶が散りばめられた上質のパスティーシュに仕上がっている。キャストもいいし、大久保さんは大久保鷹そのものであるところが面白く、のびのびと画面の中で暴れ回っていた。

 1日は、浅草木馬亭での新宿梁山泊「風のほこり」の初日。去年の暮から正月にかけて下北沢ザ・スズナリで上演された作品の舞台である浅草で再演。もともと浪曲や講談をしている小屋に大掛かりなセットを組み、昼の浪曲が終わってから毎日仕込むというハードな公演である。舞台を見上げる感じになり、テントでの観劇に近く、スズナリの時とは全く違った印象を受けた。唐十郎の作品としては76年前の時空に固定されているきわめて異色の作品であり、とりわけエンディングは不思議な味をもっている。終わって外に出ると、作品の舞台そのものの町を目の前にして軽いめまいに襲われる。オメデタの近藤結宥花さんと久しぶりに会う。元気そうだった。したがって12月の「風の又三郎」メルボルン公演は全く違ったキャストでやることになったらしい。一月にもスズナリで小檜山君の作品をやるらしく、相変わらず怒濤の劇団である。終わった後、唐組、唐ゼミ、たくさんの招待客を交えて盛大な打ち上げ。これはあと1,2度通うことになるだろう。

 唐十郎は春の新作の準備をしながら、11月には明治大学特別栄誉賞受賞イベント、12月には大阪の近畿大学の学生たちを使った「少女都市からの呼び声」の演出(これは一般公開もされる予定)をやることになっている。このところの唐は、よりノイズを好み、安定した構造をぶち壊したいという反構造的な傾向を強めているようであり、こういう時には頭の沸騰するような過剰で、アンバランスな作品が生まれてくるのではないかと思う。

 木曜は唐ゼミの定例会議につきあって、メンバーそれぞれと話し、終わった後には中野、椎野、禿と横浜駅近くの馴染みのタイ料理屋に行く。彼らも反省を踏まえて再び足元を固め、次回に向けてスタートを切ることになる。

 それにしても、たった二週間開講が遅れただけで、今年はぼくの授業の履修登録者が異常に少ない。それはそれで(人数が少ない方が)やりやすいところもあるのだが、単位とかシステムに余りに左右される学生たちにも失望する。前期にいろいろ面倒見てやったお前ら、せめて研究室に顔ぐらい出せよ!

2006.07.04

ヨーロッパ日記はMixiに移動します。

 突然ではありますが・・・・・
 今回の旅は文部科学省から「海外先端研究支援」というお金をもらって来ています。まさしくそれにふさわしい旅をしていると自負はしていますが、よく考えてみたら事前に出した日程表もあるし、あまり自由に毎日いろいろなところに出かけているのを大っぴらに書くのも良くないという、ごく当たり前の指摘があって、しばらく非公開でやってみようかなと思います。ポイントポイントでこちらも続けるけど、メインはあちらでということで。終わってみて問題がないようなら、こちらにも転載できるかもしれません。
 いま400万人以上が加入しているというSNS(ソーシャル・ネットワーク・システム)のMixiというサービスがありますが、とりあえずそちらに書く場所を移してみたいと思います。うちの学生たちはたいてい入っているし、入会していない人はメールを送ってくれれば「招待状」を出します。学生たちはたいてい実名ではなく仮面をかぶったハンドルネームで入会しているようですが、ぼくは実名で入っていますので、検索で「姓:室井」「名:尚」で簡単にヒットします。Mixiは見に来た人の「足あと」がつくので尻込みする人もいるかと思いますが、現在ここは一日平均250-300程度アクセスがありますので、たとえその半分としても多すぎていちいちチェックすることはありませんから安心して読みに来てください。

2006.06.24

出発前にやっておかなくてはならないこと

 とにかく今年は夏休み前にやることを一ヶ月早く終わらせておかなくてはならない。レポートを450人分とか、基礎演習の発表会とか、疲れる。横国の方はそれでも水・木・金と夜までかけて何とか終わった。あとは来週の多摩美のレポートを残すのみ。出発は金曜日の午前中である。
 机の上に積み上げられたレポートを見て、ゼミ生たちに「どれくらいの時間をかけて見るんですか?」と聞かれた。「一枚あたり30秒平均だが、中には読み返さなくてはならないものもあって、3,4分かかることもある」というのが答え。たいてい段落の頭だけにさっと目を通すだけで大体のところは分かる。だって、書かれていることがみんな分かっていることなのだもの。問題はそうじゃないものがどの程度含まれているかということで、それなりに時間もかかるし、頭も疲れる。集中して一科目3-4時間くらいかけて採点すると、目も疲れるし頭も疲れる。
 いつもよりかけた時間が短いので、一年生の基礎演習とかやり残した感も強いが、まあそれなりに頑張ったということで、こんなところで許してもらおう。とにかく来週から三ヶ月間、大学のことを考えなくてもいいというのが、ずいぶん久しぶりなことなので新鮮だ。
基 本的にはイタリアとオーストリアをベースにしてこの間いろいろな場所を移動する予定である。七月頭はパリから入り、イタリアのウルビノで開かれている記号論の国際セミナーに参加する。その間に、バリ大学のスーザン・ペトリッリとアウグスト・ポンツィオの書いた「Semiotics Unbounded」という大著の書評の原稿も書かなくてはならないし、先日の大垣のトークのまとめもやらなくてはならないし、ウィーンにある社会記号論研究所のセミナーも予定されているので、やらなくてはならないことが沢山あるが、それでも短期間の滞在ではなかなか行けないところに足を延ばしてみたいと思っている。帰国はいまのところ10月12日の予定。
 問題はネットである。大都市以外ではネットが使えないか、インターネット喫茶とか電話回線でしかつなげない場所も多いと思う。通常通りでメールが届かないような時には、一応YahooMail もありますので、「hisashimuroi@yahoo.co.jp」も試してみて下さい。大学アドレスの方は現在一日300通超のスパムメールが混在してきていますので。
不 在中に劇団唐ゼミ★の第十回公演「ユニコン物語」があり、彼らの事務所移転などの問題もあって、完全にぼくが関わることができないのは初めてなのだが、それもまあ彼らの自立への過程として避けては通れない道だと思う。周囲の人のご支援をよろしくお願いしたい。

2006.05.30

とにかく毎日終電帰り

 24日水曜日は椎野裕美子と一緒に南河内万歳一座の「お馬鹿屋敷」を下北沢のすずなりに観に行く。唐さんが来ていて終演後、内藤さんたちと一緒にプチ打上げ。昨年の12月に「仮面軍団」を見た時に書いた日記も書いたが、今回もそれを期待したがかなわず。やや欲求不満。唐さんと久しぶりにいろいろ話して帰る。ひどい雷雨の晩だった。
 26日金曜日は唐ゼミ★打上げ第二弾(?)と言うことで、10人程と飲み会。改札前で話し込み、東横の終電を逃しJRで帰る。土曜も雨だったが、鬼子母神の唐組に。かなりの大雨で劇団員たちも相当疲労していたようだった。そこで噂に聞いた文学座研修科卒業公演の「少女仮面」を、次の日の昼間中野、椎野と観に行く。80年代に本多劇場の「秘密の花園」やパルコ劇場での「少女仮面」の演出を務めた小林勝也さんの演出。全員役を当てなくてはならない制約もあり、もうひとつだったが、歌がすべてオリジナルなのが良かった。そのまま鬼子母神。雨も上がり、なかなかいい感じ。やはり終電。
唐ゼミ★の「ゼミログ」に書かれているように、MIXIに唐ゼミ★のコミュニティが誕生したらしい。また、安達に説得されて椎野裕美子、古川望、前田裕己がblogを始めたようである。続けば面白いね。

2006.04.04

新学期の始まり

 26日の朝、大久保鷹さんから電話がかかってきて、光座の俳優修行を金守珍さん、十貫寺梅軒さんの「秘密の花園」組で行くから、室井さんも来なよと言われて、マンションの総会が昼間あっただけなので二つ返事で出かける。Bバージョンの最後だったが、唐さんや唐ゼミ★の中野、唐組の丸山なども来ていた。芝居は後半乱れて前回を上回るまではいかず。トラックバックしていただいた方の記事だと、悪戦苦闘していたAバージョンの石村実伽さんが相当良くなっていたようなのでそっちも見ておきたかった。終わった後は相変わらずの飲み会、唐さんを見送った後、大久保さん、金さん、梅軒さんという珍しい顔ぶれで飲む。「秘密の花園」はなかなか順調らしく、三田さんも大澄賢也もなかなかいいらしい。力が分散せずにまとまれば相当いいものになるのではないかという気がするが、余りに個性的な面々なので分散してしまうという危惧も多少は残るけど‥‥(苦笑)、しかし間違いない傑作なのでこれは見逃せない。その後、27日の週は唯一春休みというような期間だったが、父の付き添いで病院に行ったり、5月13、14日にやる記号学会の打ち合わせで東大駒場に行ったり、近所の三ツ池公園で夜桜を見物したり、江ノ島に生しらす丼を食べに行ったりと、まあのんびり過ごしてた。今週から新学期が始まり、明日が入学式。またばたばたした毎日が始まりそうだ。
Photo

2006.03.21

京都の夜、定例会

 京大の岩城見一さんが三月一杯で京都大学美学美術史学研究室を退職されるということで、科研の集まりに参加。とにかくここ数年、空前の京都観光ブームとやらでホテルが取りにくい。今回は八条口近くのR&B。ワシントンホテル系列のエコノミーホテルだ。岩城さんが館長を務めている京都国立近代美術館で元東京大学教授でいまは日大にいる佐々木健一さんの講演会と質疑応答。結局は科研のメンバーだけになってしまったが、一応これからは一般公開ということでこのスタイルでやっていくらしい。
 終わってから前回の紅葉狩りの時と同じく東山安井の中華料理屋へ。12人くらいで結構酔いを回す。終わってから、福井の北村君、甲南大の西君、四月から早稲田に就職の決まった碓井さん、国立国際の加須屋さん、神戸大の長野さんというきわめて珍しいメンバーでホテルの地下のバーで二次会。何だか三世代分の同窓会的な不思議な感じの会で酩酊する。
 八条口付近に泊まるというのはとても珍しいので、朝、新幹線の時間まで周囲を散歩してみた。東寺の境内にまで入ったのは何だか30年くらいぶりのような気がする。そのまま10時台の新幹線で東京に向かった。img026

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30